yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 9/7

皆さんこんにちは、リージョナル航空にて「取りあえず4本線がついた制服を着ている」サラリーマン、裕坊です。

先日木曜日に、4日間のフライトを終えていた裕坊。1時間当たりのお給料がデルタ航空など、大手本体並みに高ければ、家族とともに連休をゆっくりと過ごせるんやけどな〜〜……息子くんはとうとう高校(4年制)が始まり、大学を見据えておりますが、とある大学の学費は年間3万ドル(およそ300万円強)、某有名私立大学は年間5万ドルなどという、到底考えられない数字が並び……

体が動いて稼げるうちは、なんとか稼いどかんといかん……

 

 

ということで、ニューヨーク発のフライトを、休日返上で組み込むハメに……

明日、日曜日は朝10時すぎの出発のフライトだから、デトロイトを当日出発しても、大丈夫のはず、と時刻表を見てみると………

 

 

10時前にニューヨークに着く、デトロイト発のフライトがない………………

仕方なく、前日である土曜日にニューヨーク入り…

 

しばらくぶりに、ニューヨークまで『コミュート(航空業界においては、飛行機による配属先空港への通勤を、こう呼びます)』してまいりました…

 

 

ちなみに、今日は奇遇にも、2人にも知った人に「通勤」途中に会うことに… 何かの縁だったんやろか?

デトロイト空港では、まず我がリージョナル航空会社に客室乗務員として、最近入社したばかりの日本人女性のCさん。

 

日系の大手銀行を辞めてまで、客室乗務員になるというご自身の夢を叶えたCさん。

 

ただまだ研修が終わって数ヶ月。社歴が浅く、まだ交代要員である『リザーブ』の真っ只中… こともあろうに、ニューヨークに到着後、本社の乗務員管理課から電話が入って、フライト延長……本来なら帰宅できるはずだったのに、もう1日宿泊滞在を含めたフライトが入り、次の行き先へと向かっておりました…

気持ちよく分かります…

 

ただお仕事自体は、とても楽しんでらっしゃるようで、そこが救われる思いでした。

 

 

もう1人は、かれこれ10年以上の付き合いがある悪友、ギリシャアメリカ人のA太郎くん。

 

実は彼は、会社こそ違うものの、元リージョナル航空会社の客室乗務員。それが今では6桁のお給料を悠々と稼ぎ、有給のたびに外国へと足を運んで、かれこれ訪問した国と地域の数、なんと87……職を転々とし、その度に大幅昇給を獲得して、本人は頑なに否定しておりましたが、今はきっと3千万とか4千万とか、稼いでるに違いない……

 

いや億越えしとるかも知れん……

 

A太郎、今度会った時は、ステーキくらい食わせろよな……

そんなことをお互いに言い合える間柄のA太郎くんですが、実はかなり久しぶりとなる再会…フライトの都合で、20分ほどの短い時間ではありましたが、とても楽しいひと時を過ごしました。

 

 

そしてニューヨーク到着…

 

 

今日はケネディ空港へと降り立って、ニューヨーク配属時代から借りている間借りの宿舎に、久しぶりに公共のバスにてやってきました。 ちなみに、いくつかあるターミナルのうち、公共のバスが発着しているのは、第5ターミナルだけ。

 

ですので、ターミナル間を移動するには、このエアトレインと呼ばれる電車に乗って移動。

デルタ航空の発着は、第2、もしくは第4ターミナルですので、

 

エアトレインに乗り込みます。

もしエアトレインを利用して、地下鉄、もしくはロングアイランド鉄道へと接続する場合は、5ドルが必要になりますが、 ターミナル間の移動では、料金は発生しません。

こちらが車内の様子。

 

ちなみに、全てコンピューターによる管理で、全自動。運転手さんなどは乗っていないのです…

鉄道の世界では、既に全自動運転の世界は現実のものに……

 

もしJFKから公共の交通機関で、マンハッタンなどへ向かうのであれば、エアトレインでジャマイカ駅まで向かい、

写真にあるロングアイランド鉄道を利用するのを、裕坊はオススメします。地下鉄Eライン、Fラインでもマンハッタンへは行けますが、ロングアイランド鉄道の方が清潔ですし、時間がジャマイカ駅からグランドセントラル駅までおよそ15分ほどと快速。間違いなく、この方が便利です。

 

公共のバスは、第5ターミナルに着いたら、まずはエレベーターに乗り、1階まで。

 

これがバス乗り場を示す案内板。

 

ケネディ空港発着の公共のバスは、路線の数が少なく、クイーンズ内が3路線、ブルックリンへと向かうバスが1路線と、路線数はあまり多くありません……

 

今日お世話になったのは、このバス。連接式…

 

こちらが車内…

クイーンズをほぼ1時間ほどかけて走るこの路線を、ほぼ終点近くまで乗車して、宿舎へ…クイーンズのいろんな顔を見ることができます…

 

まずはケネディ空港の敷地を通り抜け…

 

しばらくすると、こんな立派な建物が目に入るのですが……

 

実を言うと、これ、ごみ集積場……

ゴミ収集車が、土曜日とあってほとんど稼働しておらず、たくさん止まっておりました。

 

普段ケネディ空港に宿泊滞在が入る際にお世話になるホテルも、この路線沿いにあります…

 

ガソリンスタンドを曲がると、ちょっと町の様子が変わり…

 

住宅街の中を、しばらくは走り抜けます…

 

そして次の交差点を、左折すると…

 

ちょっと広い通りへと出て…

 

お店もいくつか立ち並びます…

 

全米中にあるドラッグストア、ウォルグリーンズも…

 

そして再び住宅街へと続く通りへと、右折…

 

日本人の感覚にはない色合いのお店が、いくつも立ち並ぶのも、クイーンズならでは…

 

クイーンズの住宅事情をよく表す、長屋式の住宅…

 

タトゥーのお店も、こちらではよく見かけます…

 

床屋さんがあったり、小さな食堂が立っていたり…

 

昔ながらの、レンガ建ての建物も、多く建っています。

 

一軒家も、所狭しと建っていますね…

裕坊が借りている宿舎も、一軒家なのでよく分かるのですが、とにかく狭いです……

 

こちらは、地下鉄Aラインの終点、オゾンパーク駅…

 

そしてもう一つの高架橋(こちらは地下鉄J、Zラインの121番通り駅)を過ぎると、裕坊の降りる停留所はもうすぐ。

 

バス下車……

 

裕坊が今も借りている宿舎は、クイーンズのちょうど中間にあり、

 

周辺は、まずまず落ち着いた佇まい…

 

クイーンズは、治安も落ち着いていますし、マンハッタンへのアクセスもとてもいいので、

ニューヨークに住むのであれば、裕坊的にはオススメです。

 

 

明日は3本のフライトに行ってきます。