yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 5/29

米国リージョナル航空会社に勤める、裕坊と申します。こんにちは。

1週間のお休みを終えて、4日間へのフライトへと出発しました。コロナウィルス渦の影響を各航空会社とも多大に受けていて、旅客便は大幅減。元々は10便を担当する予定だったのですが、全便欠航になり、他の便が1つだけ割り当てられて、結局担当便は1便だけになりました…… 1日目も2日目も、客席の乗っての移動が入るだけ……

 

乗務員管理課もあまりの欠航便の多さに、乗務員1人1人のスケジュールの詳細などを確認する余裕などはなかったのでしょう……

こちらが、航空会社の乗務員スケジュール管理。自動化が少し加えられて、人手の数も裕坊が入社の頃に比べると、3割ほど減っています。常時スケジュールを管理しているのは、我が社の場合、合計で6名。客室乗務員のスケジュール管理に3人、パイロット用に3人。この6名体制で2,000名の客室乗務員、2,000名のパイロットのスケジュールを管理します。想像しただけでも膨大な量……ただ月間のスケジュールの各乗務員への割り当てなどは、他の課が担当するので、平常時ですとそこまで忙しくはありません。

 

ただ悪天候などが発生した場合などは、急なスケジュール変更の対応に追われます……例えばニューヨークなどで悪天候が発生した場合など……航空管制側の調整によって出発遅延が3時間や4時間にも及ぶこともあり、そんな時は会社が航空管制と相談した上で、出発便数を調整。それによって欠航便が発生したりすることがあります。

そんな時は非常時の宣言を社内で発令して、各乗務員のスケジュールを全て手作業にて変更。残念ながら、未だにスケジュールの変更作業には、自動化は採用されていません……1日で最大200便前後の欠航による調整を余儀なくされることも稀ではなく、そんな時は数時間単位の作業。ただ変更になったスケジュールの通知は、アプリを通して自動的に送信されるようになりましたので、担当者の電話連絡の手間が省けるようになり、通知までの時間は以前と比べると、大幅に短縮しました。

 

こちらがそのアプリの初期画面……

ELPは、このアプリを開発した会社ELPアビエーションという会社の名前。カンザス州のコンウェイスプリングスに本社があります。

 

ログインしてみると、 こんな画面が出てきて、

1ヶ月の概略のスケジュールの閲覧が可能。これは裕坊の実際の5月のスケジュール。前回のフライトが5月20日に終わっていて、今日29日より4日間の勤務。ちなみに来月が薄緑の線になっているのは、来月がスタンバイシフトのためで、6月2日(火)から6月17日(水)まで、連続でスタンバイが入っています。

 

今日のスケジュールを開けてみると、

今日は3つある線のうちの真ん中だけが実務でした。デトロイトからミネアポリスまでのデッドヘッド。客席に乗っての移動です。便名は859便……線の下にFとあり、デッドヘッドの場合、我が社では便宣上Fの記号を使っています。 その上下のラインには両方とも本来の便名のところに、AVLと入っていて、これはAvailableの略。早い話、勤務可能状態を保っておきなさいという、会社からの指示。元々は旅客便を担当する予定だった時間で、その便が欠航になった際に、電話待機を課せられる時間に相当します。実際には、フライトが新たに入ったケースは、今までほとんどありませんが……

 

悪天候時のスケジュールの調整などは、多い時でも数日に跨ること合計300便程度。数人がかりでこなせばこなせない量ではないのですが………

 

 

コロナウィルスによる影響の場合…………………

 

 

需要減が半端ではなかっただけに、航空会社の側では緊急な対応を迫られました。その作業量も甚大ではなく、1日当たりの欠航便が平均で我が社だけでも600便前後にもなり、しかもそれが数ヶ月間もの間、途切れることなく続きましたので、その入力情報量は半端ではなかったらしいです。乗務員のスケジュール管理に少しでも経験がある者が挙って駆り出されることになり、スケジュールの調整はほぼ3ヶ月続きました……

 

裕坊の今日からの4日間のフライトは、到底効率的とは言い難いものですが、この状況で乗務員スケジュール管理担当者に、スケジュールの効率を見ろ、というのは酷というもの………こればっかりは致し方ないです……

 

 

本来であれば、今日はまずはお昼過ぎの出勤の予定だったのですが、結局空港にやってきたのは夕方……

デトロイト空港の従業員証発行の事務所は、3月以降閉鎖になっていて、しばらく従業員証も更新できていなかったのですが、その事務所もやっとのことで5月26日(火)から再開になりました。ただ従業員用駐車場を見る限り、まだ従業員の車は疎ら……

 

スケジュールの調整はほとんど終わったので、出発便案内板を見ていても、欠航便の表示を見ることはほとんどなくなりました。

ただ昨年同時期と比べると、運航便数は全体で8割減……まだ空港内は閑散としています……

 

今日はA24ゲートからの出発。乗ってきた乗客の2割ほどは、航空会社の乗務員といった印象でした。

搭乗パターンは従来とちょっと違っていて、ファーストクラスを除くと、客席後方を優先して搭乗させるようになっています。

 

デルタ航空では、3人がけ座席の場合は、真ん中の座席を空席にしておく処置を徹底しているので、お隣に他のお客さんが乗ってくるケースはほとんどありません。

また最後部列の通路側座席も、客室乗務員と乗客の方の距離を保つために、座席指定をしばらく中止するそうです。社会的距離措置を遵守するためとのこと。 搭乗率自体は、見た限りおよそ半分ほどでした。3月下旬のコロナウィルス感染拡大時に比べると、徐々にお客さんも戻ってきている印象は受けます。

 

ただ今日の目的地であるミネアポリスへと到着すると、空港はまだまだ閑散……

 

ミネアポリス空港では、Gコンコースが国際線発着の役割を担うのですが……

 

利用客が激減して、こちらは一時的に閉鎖……

 

どうやら改装工事も若干施されることになるらしいです。

Gコンコースへと続く通路が、既に塞がれて通れなくなっていました。

 

地上階の到着ロビーの荷物受け取りカウンター。

こちらもしばらく改装になるようです。

 

ミネアポリスでの定宿。モールオブアメリカのすぐ近くにあり、近くには路面電車の線路もあり、普段はほぼ5分間隔で走っているのですが、

路面電車は、運行を中止しているらしいです。調べたところでは、運行中止の予定は5月31日(日)までとのこと。それ以降運行を再開するかどうかについては、5月31日(日)、中部時間で8時に発表になるそうです。ただターミナル1とターミナル2を結ぶブルーラインだけは、現在でも運行しているのだとか…

 

今日のホテルは、階の一番端……

普段は入ったことがない広めのお部屋を提供していただき、

 

窓からは湖が見える、絶景のお部屋でした。

 

 

明日も今のところは、客席に乗っての移動だけで、オハイオ州のコロンバスへ移動の予定です。