yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 2/5

アメリカの国内線中心の小型機専門航空会社に勤める、裕坊といいます。こんにちは。

本来であれば、ほぼ1週間に渡って休日をいただくことになるスケジュールが入っておりました。ところが昨日になって同僚の機長のうちの1人が、連邦法で定められた拘束時間の規定を超えることに……

 

予定していた便が運航できなくなってお呼びがかかり、夕方になって宿泊滞在が絡む2日間のフライトに、急遽出かけてまいりました。

昨日木曜日は、夕方の出勤。

 

5時過ぎに家を出たのですが、まだ雪は降っておらず…

高速道路も普通に走ることができて、5時半ごろには駐車場にも到着。

 

2月4日の全米での旅客航空機利用者は、全米で合計78万人(ちなみに昨年同週、同曜日は、216万人の利用者)。

コロナ禍以前ですと、デトロイト空港で夕方以降に搭乗手続きをするのは、ヨーロッパ方面へと向かう国際線搭乗客が中心でした。昨日の夕方以降の国際線運航実績は、アムステルダム行き1便と、エールフランス運航便によるパリ行きの合計2便だけ……搭乗手続きカウンターもひっそりとしておりました。

 

2月1日(月)より、ミシガン州でのレストラン店内飲食は、条件付きで解禁…

こちらはデトロイト空港内の、Bコンコース中央にあるレストラン、チリーズ。店内にテーブルも並ぶようになっています。

 

担当するのは、定刻9時15分発の、ニューヨーク州サラキュース行き。

 

ところが、 実は7時を過ぎたあたりから、雪が降り始め……

 

あっという間に視程がほぼゼロにまで落ちる、豪雪……

昨日の便で同乗になった客室乗務員は、視程がほぼゼロに落ちる中、前方を行く車の尾灯を頼りに出勤してきたそうです…

 

地上での作業が全て中断になって、その間にみるみる雪が飛行機の上にも積もっておりました…

 

わずか1時間の間に降った雪の量、おそらく15センチほど。 やっと飛行機に乗り込んだのは、定刻15分前…

 

ボーディングブリッジからの簡易橋渡しにまで、しっかりと雪が積もっておりました…

 

前が見えん……

 

飛行機はガラスが3重構造になっていて、中央の層には電熱線があるので、なんとかそれで雪を溶かすことは可能…

15分ほどしたところで、やっと視界も開けるようになりました…

 

ミシガンの除雪隊が出動して、誘導路の雪をきれいに掃いてくれたところで、出発。

 

こんな時は、まずは離陸前の除氷の作業から。

 

元々主翼は、空気の流れが乱されないことが前提でデザインされているので、

ちょっとしたことで、空気の流れは乱されてしまい、空中へ浮き上がるために必要な揚力は大幅に減ってしまいます。

 

それは雪や氷、果ては霜などでも例外ではないので、

降雪時などは、機体全体の除雪、除氷の作業を済ませて、機体を完全にきれいにした上で離陸することが絶対条件…

 

除氷作業では、こんなトラックが飛行機の周りをグルリと周りながら、グリコールが中心成分となった除氷液をかけて、氷などを溶かしてくれます。

こちらはカナダで除氷する時の作業の様子。液体の使用量を最小限に抑え、本当に必要とする量だけを使用して除氷するのがカナダ流…

 

こちらはアメリカでの除氷作業の様子……

豪快にバシャバシャと液体を振り撒くのが、アメリカ流……

 

 

いかにもアメリカらしい………

 

 

デトロイトでこの時期に出発する際は、除氷作業がお目にかかれるチャンス大です……

降雪中に作業場へと行きますと、屋根からの音で作業の様子が分かります。ちゃんと作業をしてくれていることが分かって、安心できます………………

 

雪から氷から霜から、かかってこいやぁ〜〜、なんでも溶かしたるでぇ〜〜、と気合が入っているのが、よく分かります……

 

ちなみに、除氷液は目的によって色分けがされていて、

オレンジ色の液体はタイプ 1 と呼ばれ、純粋に氷や雪を取り除くのに使われます。

 

緑色の液体は、防氷用。降雪などが続く時のために、除氷作業後に降り積もる雪を包み込んで、離陸時に風圧で落としてしまうのが目的。

こちらはタイプ 4 と呼ばれます。

 

緑色の液体が、主翼の上にかかっているのはそのため。

降雪が続く時は、これで主翼や尾翼などを保護した状態で離陸。ただ昨日は降雪が激しく、本来であれば離陸ができない降り方でした……

 

それでもなんとか離陸に漕ぎ着け、1時間遅れでサラキュース到着。

 

32名の乗客の皆さんに感謝されながら、ホテルへと向かいました…

 

昨日の離陸時の気象状況は、激しい降雪。航空気象情報では、+SNと記載されます。これが空港情報などで発表されると、少なくとも我が社での規定上では離陸ができなくなるのですが、

ある一定の条件を満たせば離陸できるという記載もあり、それを入社して15年目にして初めて使うことに……

 

その条件とは自ら目視をして主翼の状態を確かめ、離陸可能な状態と判断出来たならば、目視から5分以内に離陸する、というもの。

離陸前の主翼の状態確認を指し、連邦航空法上ではPretakeoff Contamination Checkと記載されています。

 

ただ操縦室内からですとその確認はできませんから、パイロットが客席内から直接目視をしなくてはいけません。

 

それでもいきなり制服を着たパイロットが客席へ歩いていくと、お客さんは何事かと驚いてしまいますから、 ちゃんと機内アナウンスを入れた上で、

 

副操縦士のカイルくんが、客席へと歩き、

非常用口座席のある列から、主翼を目視確認。ただ実際にはドアは開けてはおりません…

 

まだ今なら大丈夫、のお墨付き…

ほぼ間髪を置かずの、離陸となりました。

 

 

 

 

 

週末から、しばらくの間はお休み。次回の出勤は、今のところ、火曜日を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月4日(木) 担当を終了した便

デルタ4630便(EDV 4630)デトロイト(DTW)−  サラキュース(SYR

2月5日(金) 担当を終了した便

デルタ4747便(EDV 4747)サラキュース(SYR)−  デトロイト(DTW)