yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 2/26

定年まで15年を切り、引退までの貯金に余念がない操縦士の、裕坊といいます。こんにちは。

3日間の連休をいただいて、今日水曜日はお休み3日目。デトロイト地方は、夜中から雪………

 

午前中の積雪自体は、それほどでもなかったのですが、交通事情を考慮して昨日のうちからほぼ全域に渡って、学校は休校が発表になっていて……

愛妻ちゃんも息子くんも、今日は1日ずっとお休み…… 息子くんは声がガラガラの状態。ちょうどいい休養になったかも……

愛妻ちゃんも、次の週末は予定が詰まっているとあって、ちょうどいい休養になりました。

 

裕坊も明日木曜日からは、怒濤の7日連続するフライトへとお出かけ………そのうち、後半の4日間は裕坊自身が休日を返上して入れたものではあるのですが………

連続する168時間のうち、どこかで30時間連続の休養が必要となる規定がある、アメリカの航空法の網目を縫うようなスケジュール。定年まで裕坊は、残り14年と3ヶ月。まだまだ引退資金は到底十分とは言えませんので、体が動くうちは頑張ります…………

 

7日間続くフライトのうちの6日目は、メイン州ポートランドにて、担当便が1便も入らない丸々1日の宿泊滞在………

歴史ある煉瓦建ての建物が、海の近くに立ち並び、

 

ロブスターなどの海鮮物が美味しいことでも知られる、メイン州ポートランド………

実はエンデバー航空の前身であるピナクル航空時代から、ポートランドにはもう何度も何度も宿泊滞在で訪れているのですが……………

 

ダウンタウンを訪れたことが、まだ一度たりともございません……………

木曜日当日の、ポートランドの最高気温、8度の予報………

コートを着て、身を固めていれば、外を歩けない気温ではない……

ただ、その翌日のフライトが、超早朝というのが気になる………………

 

7日目のショーアップ…………

 

 

午前4時31分………………………

 

 

デトロイト行き出発定時時刻………午前5時16分………………

それでいて、そんなフライトに限って満席だったり……………

 

余力があれば…………

散策してみたいと思います………………

 

 

ところで、昨日裕坊が更新したブログの中で、トランスステイツ航空という名の、アメリカのリージョナル航空会社のことを、取り上げました。エンブラエル145型機という、50人乗り仕様のリージョナルジェット機を使用する航空会社。契約先はユナイテッド航空

ここ最近パイロット不足が顕著で、残念ながら今年いっぱいで運航停止が決まりました………

 

そのトランスステイツ航空の親会社であるトランスステイツ・ホールディングスは、3社のリージョナル航空会社を抱えていて、契約先だったユナイテッド航空との協議の結果、トランスステイツ航空部門の閉鎖を決定。同じくユナイテッド航空との契約がある、トランスステーツ・ホールディングス傘下のゴージェット航空に、ユナイテッド航空との契約を集約することになったようです。

 

そのゴージェット航空の現在の主力は、CRJシリーズのCRJ−550型機。

これ、実はCRJシリーズの700型機(69名仕様)の改造型。

 

こちらが、CRJ−700型機。76名仕様の900型機とは、主翼上の非常口の数が違うのですぐ見分けがつきます。

700型機は1つなのに対し、

 

900型機は2つ。

ではゴージェット航空用に、CRJ−700型機をどのように改造したのか、

 

というと…………

座席の配置、内装を少し変えることによって、50名仕様にしてしまいました……

 

ファーストクラスが10席で、残り40席がエコノミークラス。

700型機は、50名仕様のCRJ−200型機に比べて天井が高く、開放感があるのが特徴(それでも大型国際線機材に比べれば、狭いことには変わりませんが……)

 

550型機では、その700型機から座席を20席ほど取り外して、 ファーストクラス利用の乗客専用のミニラウンジを設けたり、新しい荷物置き場などを新設することによって、

さらに開放感ある機内を実現したらしいです。

 

元々需要が限られる小都市へのフライトを中心に就航している50人乗り仕様のCRJ−200型機は、全席エコノミークラス。それが同じ50人乗り仕様でファーストクラスのサービスが受けられるようになり、ビジネス客を中心に、まずまず好評なのだとか……

機体は、全く別の航空会社の保有で、リースによる借り受けになるのだそうですが、まずまず好評だということで、

 

機体がさらに20機増やすことが決まったそうです。

市場競争が激しくなっている現在のリージョナル航空界にあって、かなり埋没した感があったトランスステイツ・ホールディングスの各社でしたが、活路が見出せて本当によかったです。

 

 

新しいリージョナルジェット機といえば、日本人であれば気になってしまうのは、三菱が開発に努力と投資を惜しまないスペースジェット機(旧三菱リージョナルジェットMRJ)。

プラット・アンド・ホイットニー社が開発する、スペースジェット向け次世代エンジンを搭載して、型式証明取得用に製造された機体に取り付けられ、初飛行に成功したそうです。

 

日本の将来にも恐らく大きな影響を与えるであろう、この新しい旅客機開発プログラム。

立ち上げから10年以上の歳月がかかってしまいましたが、是非とも型式証明取得まで、何とか粘り強く続けていただきたいです。

 

 

夕方になっても、シンシンと降り続いた、デトロイト地方の雪……

思った以上の積雪で、15センチほど積もっておりました。

 

息子くんは、毎朝暗いうちには出かけていきますので、

雪かきをするなら、夜のうち。お父さん、頑張りました……………

 

 

明日から怒濤の、7日連続のフライトです。