yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 3/1

風に煽られやすい小型機を専門とする操縦士、裕坊と申します。こんにちは。

3日連続、4日連続と続く、合計7日連続のフライトに出ている裕坊。昨日土曜日に、まず前半の3日間のフライトを終えて帰宅しました。今回の3日間はCRJシリーズの700型機が中心。全部で7本あった担当便のうちの5便が、69人乗り仕様の700型機でした。

 

同じCRJシリーズなので、見た目はほとんど一緒。外見の違いといえば、全長が違うことを除くと、主翼上の非常口が違うことくらい。

900型機(76名仕様)は、2つあるのに対して……

 

700型機ですと、1つだけ……

ただビジネス等でご利用が多い方ですと、搭乗口を入った瞬間にその違いが分かります。

 

900型機ですと、前方のギャレーの横に化粧室がついているのに対し………

 

700型には、それがありませんので…………………

少々お手数ですが、化粧室ご利用の方には、機体最後方まで歩いていただくことになりますので、ご搭乗前におトイレは済ませておいた方がいいです……………

 

このCRJ−700型機、ここ最近デルタ航空との契約があるリージョナル航空会社の再編に伴い、他社から我がエンデバー航空への移管が次々に進んでいます…それに伴って、しばらくぶりに訪れることになった都市もあり、

今回の3日間では、ロードアイランド州プロビデンスであったり、

改装工事で内装が新しくなっている空港が多いアメリカにあって、ちょっと時代を感じさせるプロビデンス空港のターミナル内。

 

プロビデンスといえば、ハーバードなどの名門私立有名大学が名を連ねるアイビーリーグの1つ、ブラウン大学も存在します。

 

裕坊が住んでいるミシガン州の西側にある、カラマズーという町などを訪れました。

カラマズーの近くにはエア・ズー(お隣の町、バトルクリークにあります)と呼ばれる、航空博物館などもあり、

 

それを思わせるかのように、空港の入り口には水上機が展示されています。

 

たくさんのお店が並んでいる、カラマズーのダウンタウン。ただし、裕坊はまだ一度も訪れたことがありません……

 

自然が多く、ハイキングトレイルなども充実。

 

バンクストリートと呼ばれる通りで催される、ファーマーズ・マーケットは、全米でも有数の規模を誇るのだとか……

 

カラマズーは、クラフトビール醸造所があることでも、有名らしいです。

その代表格が、ベル醸造所で、カラマズー市を含めた郡内の都市で、12の醸造所があるのだとか。なんでも、その通りをクラフトビール・トレイルと呼ぶらしいです。

 

裕坊がカラマズーと聞いて、真っ先に思いつくのがこちらの企業。

皆さんにもよくお馴染みの、シリアルで知られるケロッグ社。正確にはカラマズーのお隣の町、バトルクリークという町に本社があるのですが……

 

日本でもお馴染みのシリアル、こちらの一般のスーパーで、ケロッグのシリアルを見ないお店は、まず見かけることがありません………

そして、今日の夕方には、次の4日間のフライトへと出発。本来であれば、1週間のうち、どこかで丸々1日の休息を取らないといけないのですが、結果的に3日目に滞在先であるメイン州ポートランドにてその休息を取ることになりました。煉瓦建ての建物が立ち並び、シーフードでも有名なポートランドなのですが、

 

その翌日の空港ショーアップ…………

 

 

4時31分………

 

 

「余力があれば」ダウンタウンを探索してみたいと思います……

 

 

気になるのが、最近世界中で話題の中心になっていまっている、新型コロナウイルス。日本政府の対応が遅いと言われて批判が集中する中、台湾の蔡英文総統が素早い対処が際立ってますね。昨年末に武漢市衛星委員会が27例の原因不明の肺炎が発生したという発表を受けて、早速国民に対して注意の喚起を行い、今年初めには武漢から乗り入れる旅客機に対して、検疫感が機内立ち入り検査まで行っていたそうです。1月2日には、伝染病治療予防諮問会まで立ち上げて、対策を討論していたのだとか……

 

戦後から中国の脅威に晒され続けて、常に危機感を抱いているというお国柄ももちろんあるでしょうが、安倍内閣にもこの危機管理対策を見習っていただきたいと、切に思います。ここに来て学校の2週間の閉鎖を要請したり、イベント、講演会の中止などの要請などを行なっているようですが、遅きに失したという批判は、仕方がありませんね。今からでも中国全体との交流制限、中国からの渡航制限、中国への渡航制限を行うことは、政治的にも問題はないはずです。それを決断できないというのは、何らかの政治的背景が影響しているとしか、考えられません…

 

ただ一般的には、ウィルスは高温多湿の条件ですと、活動が弱まる傾向にあります。さらに幸いなことに、新型コロナウイルスは病理学的には少なくとも健常者の間では、あまり脅威にはならないことが、これまでのデータでも明らかになってきていますし、抗インフルエンザ薬のアビガン(一般名:ファビピラビル、富山化学工業)が一定の効果を期待できるのではないか、とのデータも上がってきています。実際にアビガンは、2014年に西アフリカでエボラ熱が大流行した際に、効果が期待できる治療薬として、真っ先に注目を集めました。何らかの治療法が、一刻でも早く確立されることを、心から願って止みません。事態の沈静化を、心から祈るばかりです。