yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 10/29

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今朝は4時起きで3つの担当便をこなし、今日やってきたのはボストン。

 

ボストンといえば……裕坊的に真っ先に思い浮かんでしまうのが、メジャーリーグの球場として1番古い歴史のあるフェンウェイパーク

こちらの写真にもよく写っていますが、左翼に大きくそびえるグリーンモンスターが特徴。地形的に左翼を広く取れない場所に野球場があるので、かなりいびつで大きい壁を作ることによって、ホームランを出にくくしています。都心部に本拠地を置くボストンならでは……

そのフェンウェイパークに本拠を置くのが、今季圧倒的な強さを見せたレッドソックス

そのレッドソックスドジャースタジアムでも今年の強さの本領を発揮して、4勝1敗でワールドシリーズ制覇。本当にスキがありませんでした。裕坊的に一言言わせて頂くならば、まぁ、あれだけの戦力を集めれば勝つのは当然といえば当然………………野手はムーキー・ベッツにアンドリュー・ベニンテンディ、ザンダー・ボガーツなどが自前で育ってきているので、まぁ納得することにしよう………


でも投手に目を向けると………………

 

まず去年怒涛の300奪三振を記録し、今年も12勝を挙げたクリス・セール。彼はホワイトソックスの元エース。

打たせて取る投球が見事に開花して2016年に22勝を挙げてサイ・ヤング賞を受賞したリック・ポーセロ。彼はジム・リーランド監督の元で、ジャスティン・バーランダー(現ヒューストン・アストロズ)やマックス・シャーザー(現ワシントン・ナショナルズ)などと共に育てられたデトロイト・タイガース出身選手。

デイビッド・プライスは数球団を渡り歩きましたが、彼も元はといえばタンパベイのエース左腕やし、

クレイグ・キンブレルに至っては言わずと知れたアトランタ・・ブレーブスの抑えのエースでした。キャッチャーからのサインを見るとき、大きく両腕を広げるのが彼の特徴………

この投手陣を以ってワールドシリーズ制覇……………………………資金力があるチームが心底ウラヤマシい…………………………………
スミマセン…………また野球ネタで愚痴ってしまいました…………


ただFAで選手を集めるのはリスクをかなり伴いますし、資金力でネームバリューのある選手を集めただけでは野球に勝てないのは、日本のとある都心部にあるチームを見れば自明の理。GMであるドンブロウスキーの眼力が今年は身を結びました。そこは素直に認めたいと思います。レッドソックスファンの皆さん、おめでとうございます。

 

他にもボストンといえば、ハーバード大学もあれば、

マサチューセッツ工科大学もある学問の町…………

 

フリーダムトレイルを歩けば………

全米で最も古い公園として知られるボストンコモンに……

マサチューセッツ州会議事堂………………

サミュエル・アダムズやジェームス・オティスなど、独立派の有力者が演説を行った場所であるファニエル・ホール……。

そしてフリーダムトレイルの終点であるバンカーヒル記念塔…………

 

さらにこの時期はロブスターや………

カニなどのシーフードが豊富……………

ビール好きにはたまらないサミュエル・アダムズ醸造所など………………

 

 

 

見所はいっぱい……………

 

 

 

ところが、今朝の裕坊、6時半のショーアップに備えて、朝は4時起き…………

 

 

気温は4度で、冬の訪れを身に染みて感じるミシガン州在住の従業員からは、従業員送迎のシャトルバスの中では会話の声は聞こえてきません……………

静まり返ったシャトルバスの中…………………

朝まだ暗いうちに出発して向かうはトロント……

ボーディングブリッジのない駐機場へと止まり…………

お客さんたちは、リージョナルジェット機に備え付けの階段で乗り降り……

次にやってきたのがニューヨーク・ケネディ空港………第2ターミナルと第4ターミナルを結ぶ連絡バスが行き交う乗り場の横に到着して、

ボストンへ到着するなり、ホテルのシャトル乗り場へ一目散……………

交通の往来の激しいボストン・ローガン国際空港を出発…………

これがフライトクルーの至福の瞬間………

明日も早いので、そろそろ寝る準備です…………

 

見所満載のボストンにいながらにして、すでにカーテンを閉めて寝る体制完了です…………………

おやすみなさい………

 

裕坊