yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 11/14

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

 

製薬会社入社から25周年、日曜日はたくさんの同期入社の現役社員に久しぶりの顔合わせをして再充電をし、月曜日は体力回復のために1日少しゆっくり、のんびりと移動しながら前日は大阪へと入ってきました。

久しぶりにこちらも乗る大阪の大動脈、御堂筋線

裕坊が入社した製薬会社の本社は、同業他社と合併するまでは、薬の町、道修町にありました。ここ淀屋橋駅から歩いて数分……

カバンを引きずって、取りあえず予約をしているホテルへと向かいます。淀屋橋駅は大阪と京都を結ぶ京阪電車の大阪側の起点でもありますので、地下道が東へと伸びています。そこをテクテク…………

実をいうとこの地下道、京阪電車乗り場を通り過ぎ、淀屋橋から若干東へと行った北浜まで繋がっていて………………

どうやら枚方では万博なるものも開催されるらしい……………

どこを出ればええんやろ、とひたすら歩くと結局終点まで辿り着いて…………

地上へと上ってみると……………………

 

 

なんとホテルを通り過ぎて、さらに4ブロックも東へと歩いていました…………………

 

またもやりよった…………………………

 

ええ運動やったわ………………………

 

取りあえず荷物だけ預かっていただいて…………

 

再び大阪の北の中心地、梅田へと戻ります。

昨日は合計で5名に会うことになったのですが、最初に会ったのは久しぶりの再会となったMくん。裕坊が今も勤めるリージョナル航空会社の前身ピナクル航空でずっと長らく同僚だった、ハワイ出身の日系ハーフ。但し日本語はほとんど話せません………………

知っている日本語は「バカタレ」「うるさい」「静かにしてろ」くらい………………

 

変わっとらんな〜〜、と再会を喜びながら、ラーメンをまずはすすって腹ごしらえ……

そのあとはこちらでコーヒーをすすりながら、昔話に将来の話。パイロット共通の会話は、もう本当にどこに行っても誰と話しても変わることがありません…………

そのあとはMくんと現在同僚であるHくんが合流。

 

さらにはこれからパイロットを目指すという若い方たちが2名神戸から合流し………

大阪によくありそうなちょっと怪しい裏の通りにある……

中華のお店へとやってきて………

中華料理をつつきながら、いろいろと情報交換………

裕坊がフロリダ州のとあるフライトスクールで飛行教官をやっている当時から知っているHくんが予約を入れてくれていたこちらの中華料理。全ての料理がなかなかのお味でした。

オススメはこの焼き餃子、それに写真には取り損ねましたが、水餃子。梅田付近にある幸福飯店というお店です。

Mくんは、昨日はフライトが入っていて……………

その担当便というのがかなりの深夜便…………リージョナル航空会社で通例になっていた夜最終便、朝一便の組み合わせのさらに上をいく超夜行パターン。

名残惜しいながらも、Mくんを7時過ぎにお見送りします。

お腹は半分ほど満たしておいて、Mくんと入れ替わるように裕坊たちに合流してくれるTさんを待ちます。

Tさんは但馬を往復して6時半過ぎに伊丹に到着して、こちらへと駆けつけてくれました。そのTさんに会うのも実は15年以上ぶり…………………非常に懐かしい再会となりました。

 

再会を喜び合い、さてお食事はどうしよう。Tさんはフライト終わったばかり…………

 

裕坊:お腹空いてんじゃない?何の気分?Tさんに合わせるよ。

Tさん:ここの中華うまそうじゃん。中華でいいよ。

 

裕坊、店内へと引き返し、さっき会計を応対してくれた男性店員に向かって、

「あの、また5人入れますか…………………………?」

店員さん、ニヤリとしながら「先程のお客さまですね。お帰りなさいませ。お待ち申し上げておりました」

 

店員さん:(大きな声で)5名様、食べ直しでーーす。

 

さっすが大阪やわ……………

 

1人だけが入れ替わって、再び食べ直し………………

 

しかも同じ席………………………

 

今日神戸から駆けつけてくれていた2名のうちの1人は、現役のバスの運転手さん。そちらのお話もなかなか聞きごたえがありました。面白いし……………

 

10時過ぎまで延々と会話が続いて、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

皆様方にご挨拶を済ませて、ホテルへと戻ります。地下鉄一駅分。淀川の支流を渡って……

 

少しばかり古い街並みが残る通りを歩いて戻ってきました。

 

本当に楽しい時間はすぎるのがあっという間…………

明後日にはいよいよまた再渡米です。

 

裕坊