yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 4/22

皆さんこんにちは、最近あまり飛ばないパイロット、裕坊です。

リージョナル航空会社の操縦部門に勤めること、今年で13年目。勤続年数の長い者が全てにおいて優先権を持つアメリカの航空業界では、勤続年数が長いフライトクルーは、ほぼ9割以上、担当便が既に決まっているスケジュールを選択します。

これを業界では『ラインを持つ(hold a line)』といい、

 

欠員が出た時の交代要員役になるのが『リザーブ』で、ひたすら乗務員管理課からの電話を待ちます。

契約上の最低保障の休日日数、最低保障給は支給にはなりますが、『リザーブ』のクルーは、休日日数が少なく、なかなか休日を返上してまではフライトへと出られないのが実情。お給料も最低保障給しか出ないので、生活はギリギリ………

今月は屋根の吹き替えをしたり………

 

昨年の息子くんの救急医療での治療費を支払ったり………

 

自動車ローンも、残り6ヶ月間になっていて、残額は少なくなってはいたのですが、残りを一括で支払ったりと…………

支出は、裕坊一家の過去最高を遥かに更新………

 

しかも今日は、さらに支払いが………

 

 

朝方、愛妻ちゃんの車をオイル交換へと行ったのですが、

これはまだ、想定内………

 

そして先日立ち寄ったばかりのこのお店にまで立ち寄って………

実はオイル交換をした、トヨタのディーラーからこのお店が近すぎたもので……………

 

裕坊の手が、勝手にモールへと向かって、ハンドルを切っておりました……

 

人生は楽しまなくてはいけません…………

 

これは、「もちろん」「当然」「かなり」想定内。

 

やっぱり美味しいものは、美味しいのです……

 

 

ただ今日はブルーになる出来事も少々………

 

実は、サッカーの必須アイテムの一つになっている、ケガ防止用の膝下に当てる「シンガード」が、洗濯をしている際に割れてしまい、今日は新しいのを一つ購入。

 

本当はこちらのお店へと、立ち寄っていたのですが……

 

写真を撮ろうとすると、女性の従業員に呼び止められ………

店内での写真撮影は、お断りとのこと……

 

ここのチェーン店の方針ということらしいのですが……

カスタマーサービスの電話番号まで持ってきましたので、その場で確認のために、カスタマーサービスセンターへ直接電話……

確認のためにあえて書いておきますが、ここの会社の方針として、お客さんの写真撮影を禁止などはしていないそうです。店長の方針によって、そういった基準を設定していることはあるかも知れないが、との回答でした。

 

裕坊も、節度ある撮影には心がけていたつもりだったのですが………

 

裕坊を呼び止めたその女性の上から目線的な、失礼な物の言い方には、さすがに裕坊といえども気分を害してしまいましたので、

ここは鞘を収めつつも……

 

 

そこでの購入は見送って、次のお店へと向かうことに決定………

 

 

裕坊が住んでいる町と同じ市の目抜き通りにある、こちらサッカー用品専門のお店……

こちらでは写真撮影も、問題なく承諾していただきました。

 

さすがにこちらはサッカー用品専門のお店だけあって、いざシーズンが始まってしまうと、なかなか見つからないアイテムも、かなりの品揃え。

 

シューズも豊富に揃ってますし、

 

お目当ての「シンガード」も種類もサイズも豊富に揃っています。

親切で丁寧な応対の男性従業員のススメで、サイズぴったり、しかもデザインもなかなかの物が一つ見つかって、皆笑顔。

 

予算も範囲内……

 

 

ところが、家に帰ってきて、またもや本気でまた気分を深刻に害されたのが……………

 

前回に続いてこちら………(赤い線を引いた部分)

 

歯科医の治療費………

 

ただ、こちらは歯科医から直接請求を受けたわけではありませんので、念のため……

実を言いますと、屋根の葺き替えをした日に、歯医者へと虫歯の治療に行っていたのですが、その治療費が今加入している保険では支払われない、とのこと…………

 

かなり気分を害されましたので、敢えて実名で保険会社も公表しておきます。

 

 

その会社名とは、ユナイテッドヘルスケア。

 

通常の虫歯の治療なのに……………………???

 

一昨年前までは、はシグナ(Cigna)という保険会社と我が航空会社が提携していて、保険の支払いもとてもスムーズだったのですが、ユナイテッドヘルスケアに変わってからというもの、何かにケチをつけては、保険料を払ってくれなくなりました。

 

去年の息子くんの治療の時は、保険の対象外の医療施設での診療ということもあって、泣く泣く呑み込みましたが……………

正直、かなり気分を害されています……………出来ることなら、もうここの会社には1セントたりとも払いたくない………

 

企業の力が大きくなりすぎて、個人の権利が蔑ろにされる、本来夢の国であるはずの、ここアメリカ合衆国…………

 

保険に入っていても入っていなくても、結局ほとんど個人負担………

オバマ大統領が、北欧に倣って始めようとした健康保険制度ですら、未だに廃止への動きがある、本来であれば夢の国であるはずの、ここアメリカ………

 

先進国の中における保険医療制度が、2014年のデータで少々古くはなりますが、アメリカ合衆国は先進国の中で、ダントツ最下位………しかも5年連続。医療費の個人負担の絶対額は、先進国の中で突出。年間で200万人もの方が、医療費による個人破産をしているのだそうです……

2019年も、大きくは変わっていないと思います……

 

 

やっぱり稼げる時には、稼いでおかないと……………

 

 

ということで、来月5月は『ライン』へ復帰することを決意した裕坊。家族との時間が多少犠牲になりますが、また通常通り、頑張って『飛ぶパイロット』になろうと思います……

 

 

ブルーになった時には、楽しいことを考えるに限る……

 

裕坊は、元々鉄道の旅が大好きなので、今日は夜になってこんなものをたくさん検索しています……


 

一度、こんな贅沢な旅を、味わってみたいな〜………

 

 

 

裕坊パイロット日記 4/21

皆さんこんにちは、航空会社サラリーマン、裕坊です。

リージョナル航空会社で、操縦席担当を務める裕坊。アメリカの航空会社は、例外のない弱肉強食の世界。勤続年数がとにかくモノをいいます。というより、それが全て……

 

金属年数が長い順に、自ら希望するスケジュールだけでなく、機種から所属する空港までを選択する仕組み…

やっと自分の理想に近いスケジュールが選択できるようになり、スタンバイシフトであれば、週末にもお休みを取れるようになりました……

 

今週末は本来であれば、スタンバイシフトが入るはずだったのですが、運よく結果的に週末3日間ともお休みなり、家族とともに休日を過ごします。

 

やっとお父さんになれた……

 

 

こんなお天気が続いていたミシガン州でしたが、ようやく本格的な春が訪れ……

 

今朝は朝から気持ちのいい快晴のお天気。

 

我が家の芝生くんたちも、元気に青々とした芽を伸ばしつつあります…

 

裏庭の芝生くんたちも、すっかりと息を吹き返して…


いよいよ来週辺りには、こちらも再登場……

我が家の芝刈り機くん……

 

充電池を使う電気式なので、バッテリーの充電もそろそろせんといかん……

 

今日は本当に絶好のお天気…


まさにドライブ日和、ピクニック日和なのですが…………………

 

今週末同じように3日間のお休みをもらっていた息子くん、宿題もそれに合わせた量が出ていたようで、宿題を片付けるのに必死…………

 

というわけで、親はひたすら辛抱…………

そして午後になってお出かけしたまでは、よかったのですが………

 

今日はイースターキリスト教でいうところの、『復活祭』……

十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、3日後に復活したことを記念するお祭り。イースターでよく見かける卵とは、「見た目には動かないが、新しい命が育まれている」ことから、死と復活を象徴しているという意味だそうです。

 

元々は十字架上で流されたイエス・キリストの血、さらには血は生命を表すことから、復活の喜びを示すということで、赤く塗られた卵が、基本的な装飾なのだとか……

復活祭の前には40日間の『大斎(四旬節)』というのがあり、肉、乳製品、卵なども制限されるようになるそうなのですが、復活祭の日になってこれらの動物性食品が解禁されるようになり、『正餐』のテーブルに並ぶそうです。

キリスト教内では、クリスマス以上に重要な祭日とされるイースター………

 

 

でも、そこまでお店も一緒になって休むことになるとは、知らなんだ……………

 

 

実は今日も買い物の用事があり、息子くんの宿題が終わるのを待ってお出かけしていたのですが、かなりの数のお店が今日は休業………

スポーツ用品に用があったんやけどな〜…………

 

他にもアメリカでメジャーな日用品のお店や、スーパーも一部ではお休み…………

 

しっかりと、「イースターの日曜日で、今日はお休みしま〜す」の張り紙が張られておりました……

ただ同じイースターでも、教派によって実際のお休みは違うそうです。今年は「西方教会」では、本日4月21日でしたが、「東方教会」では来週日曜日の4月28日。

元々が旧暦(太陰暦)によって定められていたため、太陽暦ではズレが生じ、さらには西方教会ではグレゴリオ暦を早くから採用(16世紀以降)したため、教派の違いによるズレを生んでいる、ということらしいです……

 

よく分からん………

 

 

で、結局今日はほんのちょっとドライブをしただけで、すぐ我が家へと引き返すことになりました……

 

いよいよ暖かくなってきて、リンゴの木にも、葉がつき始め……

このままお天気が続くようなら、来週の今頃には、リンゴの花がほぼ満開…

リンゴの花は、ミシガン州の州花。

 

我が家にはちょっと小さめの桜の木もあるのですが……

 

とっても小さな蕾をつけ始めているので……

 

こんな花を咲かせてくれないかな〜………

数年前までは、実際にこんな綺麗なお花を咲かせてくれていました。

 

ちょっと葉の付き具合が去年は少なかったのが心配……

 

 

裕坊は明日の夕方6時から、再びリザーブシフトで、実質のリザーブシフトは今月残り2日です。

 

 

 

裕坊パイロット日記 4/19

皆さんこんにちは、リージョナル航空機運転手、裕坊です。

今週火曜日に1便の担当便(カンザスシティーからシンシナティ行き)をこなして以来、乗務員管理課から放置されること3日間…………

 

あまりにリラックスしすぎて………

テレビのリモコンすら触ってない状態……

さすがにそれを見かねたのか、アマゾンから昨日、手紙が一枚届きました………

 

支払いがたまっとんは事実やけど、アマゾンにだけは滞納はないと、怒り半分、恐怖半分、内容をよく読んでみると……………

 

「アマゾンのプライム会員になっとんやから、せめてテレビや映画の一つくらい見たらどうなんや?」……………

 

 

おっしゃる通りでございます……

 


 

テレビというものを家に置いていない時期を経験していた裕坊だけに、元々積極的にテレビをつける方ではなかったのですが、いつの間にか、テレビの世界から完全に取り残されてしまった…………

 

日本のテレビを視聴する方法も含め、テレビも少しずつ『お勉強』していきたいと思います……

 

 

そういうわけでしばらくフライトは入っておりませんので、

今日はイースター前の金曜日、こちらではグッドフライデーということで、学校も幼稚園もお休み。

 

ちょっと寒風の吹きすさぶ中を、家族3人で「ブランチ」へと出発。

 

向かうは裕坊一家がかつて住んでいた、歴史がある町、ノースビルのダウンタウンからちょっと南へ下った、昔ながらのダイナー。

しばらくの間閉鎖されていたそうですが、数年前に改装になって再オープンしたお店らしいです。

お友だち家族に誘われて、こちらのお店までやってきて、

実は先週に続いて、愛妻ちゃんのお誕生日パーティー……

 

こんなプレゼントまでいただいて、2週間続けてお誕生日のお祝いをしていただきました。

 

レストランの中は、いかにもアメリカの古き良き時代を思い起こさせる、落ち着いた佇まい…

 

どこの家にでもありそうな、コーヒーポットなども、その雰囲気を演出に加わっておりました。

 

あまり目立たずも、メニューにもお店の名前はちゃんと入っていて、

 

ちょっと左端が切れてしまいましたが、こちらのダイナーがオススメするオムレツの載ったメニュー表……

 

裕坊の注文は、上から3段目の、カントリーオムレツ…

ほうれん草にマッシュルーム、ピーマン入り。ハッシュドポテトにトースト付き。見た目以上に、かなりのボリュームで、お腹もいっぱい……

バターの風味がよく効いて、美味しいオムレツでした。

 

食欲旺盛な息子くんは、フレンチトースト。

ガッツリ派………伸び盛りということもあるのか、オムレツ以上にボリュームたっぷりのお食事を、ペロリと平らげておりました……

 

ノースビルはミシガン州の中でも古い町で、可愛いダウンタウンがあったり、

 

秋には美味しいアップルサイダーと呼ばれるりんご絞りジュースや、ドーナツが販売されるサイダーミルなどもあり、見所満載。

 

こちらは100年の歴史を誇る、ノースビルダウンズ競馬場……

ノースビルのダウンタウンから歩いて行ける距離にある、のどかな競馬場だったのですが、こちらは既に閉鎖の方向……

現在の土地には新しい賃貸住宅が建設され、ミシガン州最後となったこの競馬場は、近隣の土地への移転を予定しているそうですが、まだ詳細は未定とのこと。2020年まではこの競馬場で、競馬も行われるそうですので、ミシガン州在住の方は、一度訪れてみるのもいいかも知れません。

 

そのあとは、愛妻ちゃんのお友だちのご紹介で、もう一軒。

 

次に向かったのは、マレーシア風のパンが手に入るというカフェ。ブッシュズという大きなスーパーが入るモールの中の一角に……

 

こじんまりとした佇まいのお店。

 

お店の前には、グランドオープニングの垂れ幕もかかっています。

 

新装オープン間もないとあって、とてもスッキリした店内。

そちらにこちらのウリのパン生地の作り方の説明も……

5時間以上の時間をじっくりかけて、パン生地をしっかりと枕型に作り上げていくそうです……

 

モンブランのような形のクッキー生地を、円状に丁寧に描くように仕上げてできるのが、

 

こちらのパン……

これだけでも十分味わいがありますが……

 

裕坊は既にお腹がいっぱいだったので…………

 

アイスクリームに目が行ってしまい、こんなものを注文しておりました。

 

インド料理の食材屋さんの並びにあるパン屋さん、

コーヒーととても相性がいいパンを食べながら、愛妻ちゃんを囲んで楽しいひと時を過ごした1日でした。

 

裕坊は今日は実はリザーブ5日目だったのですが、明日は連続する7日間で必要となる30時間の休息に、夕方以降差し掛かることになるので、ほぼお休み確定……

 

多分明日は家族とともに、こんな姿になっていることでしょう………

 

裕坊

 

 

 

裕坊パイロット日記 4/16

皆さんこんにちは、リージョナル航空会社勤め人、裕坊です。

巷を賑わせている、パリのノートルダム大聖堂の火災……

800年もの歴史がある、パリの象徴の一つでもあった歴史的建造物……大変残念なことになってしまいました……

 

ただ美術品の中には、延焼を免れたものもあったようですし、

 

大聖堂内のオルガンなども、何とか火災を逃れることができたそうです。

マクロン大統領は、既に大聖堂再建への意欲を示しているようですし、数々の企業、著名人からの寄付なども集まり始めているようですし、時間と費用はかかるでしょうが、いずれ再建へ頑張っていただきたいです。

 

昨日から10日連続のスタンバイシフトへと入った裕坊。昨日は夜になって電話が入ったのですが、お昼過ぎまでは自宅でゆっくり。

 

昨日はまだヒンヤリしながらも、雲一つない見事なお天気でした……

 

愛妻ちゃんがお仕事から帰ってきて、お買い物……

 

春の訪れを告げるかのように、春のお花が色とりどりに展示されておりました。

 

花のことに全然詳しくない裕坊でも、チューリップくらいなら分かる………

 

お店の入り口付近にたくさん飾られていたお花、しっかりと春の香りを漂わせてくれていました……

 

そしてこちらは、お花に負けじと飾られていた、パイナップルの山………

コスタリカ産らしいです。産地直送を思わせるような、農場のにおいがしっかりと染み付いておりました……

 

 

1個77セント、100円もしないなら、買って損はない………

 

ということで、我が家も1個購入…………

 

 

春といえば、植木に苗を植えたり、芝生の手入れを始める季節……

 

我が家の今年の目標の一つ……

芝生を青々とさせること…………

こんな青々とした芝生を是非作ってみせる…………

 

でも現実は………………

 

 

まー、やりがいはある………………………………

 

 

芝生のタネを蒔いた上で、こんな芝生の栄養剤なども蒔きます……

 

そんな時に活躍してくれるのが、こちら…

芝生のタネも、栄養剤も均等に蒔いてくれます………

 

数ヶ月後には…………………

 

でもまだ現実はこちら……………………

 

夏までには………………………

 

 

昨日は夜7時ごろになって電話が入り、早朝に起床。中途半端にも、担当便は1便のみ……

ミズーリ州カンザスシティーからオハイオ州シンシナティ(空港自体は、ケンタッキー州にあります)行き、というものでした……

 

今朝はまず、デトロイトからカンザスシティーへと移動。自らは操縦席に座ることがありませんから、お客さんとともに客席に座った上で移動します。これが業界で呼ばれる『デッドヘッド』。

 

昨夜急に入ってきたフライトだったこともあり、座った座席は最後方。

リクライニングなし………………

 

窓もなし………………

 

 

そもそもの語源というのが、本来チケットを『購入』して搭乗するはずの「飛行機」や「電車」などに、自らはお金を払うことなく搭乗するため、『チケットの購入者』ではないと見なされ、『チケットの購入者』のカウントの対象外となることが原因で、こういう名前になったそうです。

 

フライトクルーは一度フライトへと出かけると、最低でも3日、国際線のクルーともなると10日間家を開けることはザラ……ですからどうしても荷物は増えがち……

最近ですと、預け入れの荷物には大抵別途料金が課されますので、多くの乗客の方が荷物を持ち込みにしようとして、ゲート係員に注意されていて、その光景を横目に3つ4つの荷物を運び込んだり………

 

申し訳ありません…………………

 

 

あと、こちら米系の航空会社の場合、座席に余裕があれば、ファーストクラスへの招待があるのは、日常茶飯事……

日本の航空会社のフライトクルーが「デッドヘッド」で搭乗する場合、例外なく客席の最後方に、目立たないように座ってらっしゃいますが、日本で生まれ育ち、日本のサービス産業も経験してきた裕坊からすると、それが正常な姿だよなぁ………

 

アメリカ人的には、これは許容範囲なのかを聞いてみると、実際かなり違和感を覚えてらっしゃる方も多いようで……さすがに裕坊も含めて、意識の改善が必要かも知れません………

 


ちなみに、担当便を終えた後の、デトロイトまでの便も、今日は『デッドヘッド』でした……

 

ちなみに、こちらミズーリ州カンザスシティー空港……

1970年代から使われているだけあって、老朽化は否めず………

 

ここはかつてTWA(Trans World Airwaysの略:現在はアメリカン航空の一部になっています)のアイデアで作られたコンセプトが、今もターミナルの変わった形にくっきりと表れています。

そのコンセプトとは、『車からダイレクトに飛行機まで』というもの。

上の写真は、ゲートの入り口から出口にかけて撮ってみたものなのですが……

 

出口までは近いです………

 

荷物受け取った上で、

 

車道までもとても近いので、お迎えなどにきてもらうときは、確かに便利…………

 

でもさすがに中が狭すぎるので、レストランはおろか、トイレすらまともに設置できるスペースがないのが難点…………

ここで数時間の待機が入るときは、ちょっと苦痛…………

 

こちらが上から撮ったという写真……

さすがにあまりに不便な上に、老朽化が激しいので、近々こちらのターミナルも、全面建て替えになることが決まったそうです。既に3つあるターミナルのうち、Aターミナルの取り壊し工事は始まっていて、完成後は40ほどの搭乗ゲートが一つの建物に集まった、最新型になるそうですので、乞うご期待………

 

日帰りのフライトを終えて、明日からまた8日間、裕坊はスタンバイで待機です。

 

 

 

裕坊パイロット日記 4/14

皆さんこんにちは、リージョナル航空会社サラリーマン、裕坊です。

明日から裕坊は、10日連続での『リザーブ』シフト。大抵こういう時は、フライトが入るのは、早くても2日目なのですが、準備だけはしておかないと、いけません………

 

なんもしてないし………………

 

 

昨日土曜日は、愛妻ちゃんのお誕生日だというのに、台所の水道の線が外れてしまって、何とか水道が使えるように戻すのに半日かかったり………

 

今日、日曜日は息子くんのサッカーの試合の初日だったのですが、外はあいにくの雨……

 

しかも気温2度…………

 

冬やん……………………

 

サッカーのコートが7面あるフィールドだったのですが、小学生のサッカーはほぼ全面的に中止だったようで、この雨の中やっていたのは、息子くんのところのサッカーだけ………


そのあと、お買い物をして帰ったのですが、息子くんは車からは降りることはありませんでした…………

 

試合も惨敗………………

 

 

それでも、帰宅後は宿題を頑張ってこなしておりました…

 

とまあ、いろいろとあった週末ではありましたが、

 

昨夜は愛妻ちゃんのお誕生日のお祝いで、ちょっとお出かけしておりました。

 

 

行き先は、アナーバー。雰囲気がとても洗練されていて、ミシュランの3つ星候補に上がってきてもよさそうなレストランもずらり……

 

アナーバーといえば、ミシガン大学

 

医療施設が充実していて、日本語で診察を受けることができるクリニックもあります。

こちらは、ミシガン大学のスポーツチームがつけているウォルブリンズのロゴ。車で走っていると、ミシガン大学の医療施設が至る所にあり、とにかくあちこちで見かけます。

 

そしてミシガン・ウォルブリンズの目玉は何といってもこちら………

フットボール競技場、ミシガンスタジアム……

こちらの収容人員数(観客用座席数)、なんとなんと、

 

 

107,600人…………………

 

10万人超え……………………

 


 

全世界でも見渡しても、世界第2位の規模になるらしく、全米では堂々たる1位の許容人員数。車で横を通っても、迫力はすごいです。

 

ちなみに、世界1位は、北朝鮮の綾羅等メーデー・スタジアムで、座席数が114,000。立ち見を含めた収容能力は、なんと15万にもなるのだとかで。まー、ある意味納得………………

 

 

町はレンガ建てを中心に、色とりどりの建物がダウンタウンを中心に並んでいて、

 

1990年代に、グラフィックデザインの教師であるジョナサン・B・ライトが、コーヒーカフェで始めたのがきっかけになり、アナーバー全体で急速に広まっていったという、

『妖精のドア』と呼ばれる、小さなドアがあちこちの建物で見られるのも、ここアナーバーのウリの一つ。

 

最近ではそれを見つける地図も、お店によっては配られているそうです。

 

ダウンタウンですと、レストランの横に車を止めることは、まずできないので、

 

歩きながら、写真も………夕日とのコントラストが絵になります…

 

スターバックスの雰囲気も悪くない……

 

で、やってきたのはこちら。シーフード専門のレストラン。

名前はそのまんま、リアルシーフード……

 

友人家族が既に先に到着していて、わざわざお花まで用意してくれていました…

こちらのレストラン、お誕生日にお食事に行くと、本人分を無料にしてくれるのがウリ。5人でのお食事でしたので、1人分をそのまま割引してくれました。ただお誕生日当日に行くのが条件で、1日ずれていても、割引には応じてくれないので、注意が必要………

 

前菜に、ほとんどお約束のイカの唐揚げに……

 

あとはロブスターの切り身のフライなどもあります……

 

そして誕生日本人の愛妻ちゃんが注文していたのは、こちら……

メニューにはツナボウルとあり、ハワイのアヒポケ丼のようなものを想像していたのですが、実際に乗っていたのは、マグロのタタキ。黄色に見えるのは、カラシが少し効いたソースらしいです。

 

そして裕坊が注文していたのは、こちら

パエリア…

 

豪華ロブスター付き………

身もたっぷりと入ったパエリア。ボリュームもかなりのもので、お腹がかなりいっぱいになりました…

 

レストランに入る頃には、まだ高かった日もすっかりと暮れて……

それに合わせるかのように照明を落としたレストラン……

 

 

デザートをそこでいただいてもよかったのですが……

 

さらに雰囲気がいいお店があると聞き、そちらへと移動……

 

 

やってきたのは、こちらのお店…

お店の名前は、チョップハウス(Chop House)

 

確かに雰囲気だけでも、寛げそうな装い……

 

普通にテーブルで、落ち着いてお食事をいただくことも可能ですし……

 

ここには地下もあり、

 

喧騒から離れたところで、ゆっくりとおしゃべりをすることもできます。

 

ワインの瓶が、オブジェのように飾られていました……

 

ソファでゆっくりと寛げるコーナーもあり、

 

そちらへと通されて、ゆったりとした時間を楽しむかのような、贅沢なデザートタイム……

 

コーヒーも、とても美味しくいただけます。

 

8種類もあるデザートの中から、今日は4種類をいただくことに。

ホワイトクリームがたくさんのった、クランベリーチーズケーキに、

 

シナモンがよく効いた、バナナケーキ。

 

こちらは、デカダントと呼ばれる、チョコレートケーキに

 

もう一つのチョコレートケーキ、ジャーマンチョコレートケーキ。

 

バーもある落ち着いた佇まいのレストランで、

ゆったりと流れる時間を、楽しみました。

 

元々はステーキハウスだという、こちらのレストラン。

ステーキのメニューも、かなり充実しているようです………

 

既に夜中近くになって、ひっそりとしたアナーバー……

帰ってきたのは、夜中過ぎになっておりました……

 

贅沢な週末を過ごして、明日から裕坊は、10日間連続で、スタンバイです。

 

 

 

裕坊パイロット日記 4/13

皆さんこんにちは、リージョナル航空会社勤め人、裕坊です。

今日4月13日は実をいいますと、愛妻ちゃんの誕生日なのですが、お誕生日には似つかわしくない写真を、載せております。タイトルからご想像いただけるとは思いますが、詳細は後ほど………

 

休日を返上して2日間のフライトへと出ていた裕坊。一昨日の宿泊先コネチカット州ハートフォードに泊まっていて、昨日はそちらからミネアポリスまで3時間のフライト……

 

一昨日の、ミネアポリスでの吹雪の影響は大きかったようで………

 

エンデバー航空が担当する地方路線は、90便の予定発着便のうちの83便が欠航。雪がちらつく中、昨日も影響が残っていて、少しばかりではありましたが、遅れが出ていました……

 

そんなわけで、出発前は空港内を、ほんの少し探検してみると、

 

こんなものがフードコートの端に飾ってあったのを発見……

 

よくよく読んでみると、1876年から建築が始まり、1877年に開業したというグッドスピード・オペラハウスだそうです。

 

本物はイーストハダムの、コネチカット川のほとりに建つミュージカルの発祥の地の一つらしいです。

世界的に知られるようになった、アニー、ラマンチャの男、シャナンドーなどはここが発祥の地なのだとか………

 

ハートフォード空港に飾ってあった模型、実は全部レゴブロック。

見事なくらい、本物の雰囲気を再現しきっています………

 

すごいわ…………………

 

30分遅れで出発する5101便、ミネアポリス行き

閑散期とあって、普段は半分ほどしか埋まらないこの路線。一昨日の同便が欠航していて、昨日は立錐の余地もない完全に満席のフライトでした……


既に雪が小止みになって、吹雪は落ち着いていたミネアポリス……

ほとんどのお客さんは、乗り継ぎ便に間に合ったようで、、、皆さん一様にホッとした表情を浮かべてらっしゃいました。

 

裕坊も昨日は1便で担当便を終えて、デトロイトへの帰宅便はお客さんとともに、客席に搭乗……

 

まだ雪がチラつく中を、

 

除氷作業をしての出発……

 

ほんまにけっこう本格的に降ってたんやね……

 

デトロイト到着……

 

そして今日、4月13日。

 

実は我が愛妻ちゃんの誕生日……

 

本来ならこんな風にして、愛妻ちゃんのお誕生日をお祝いするはずが…………

 

まず今朝、朝食の用意をするのに、台所の水道の栓をひねってみたら…………

 

水が出てこん……………………

なんか、変な音がする……………………

 

 

水漏れの音…………………………

 

 

下の戸棚を恐る恐る開けてみると………………………

 

 

いきなりこんなことが起こって…………

 

キッチンシンクの下が水浸しに………………

 

よくよく見ると、本来台所の蛇口まで行っているはずのパイプが、

赤く囲んだ部分が、完全に宙に浮いていて……

 

水道栓をひねるたびに………

水がダダ漏れしてくるので……

 

仕方なく、こちらのお店へ……

アメリカに住む一軒家持ちの家庭であれば、まずお世話にならない家庭はありません……アメリカ版ホームセンター……

 

中に入ると、既に春の訪れを告げるかのように、

 

芝生の種や栄養剤が、大量に売っていたり、

 

バーベキューグリルなどが置いてあったり、

 

芝刈り機なども、たくさん……

 

庭が広いと、歩きながら芝刈り機を押していたのでは、とても追いつかないので……

ラクターのように自ら乗って運転しながら、芝刈りができる機械なども展示されています……

 

でも裕坊がやってきたのは、当然のことながら、こちらのコーナー…。

 

水道用の配管などが展示されているところまで直行………

 

店員さんに聞いてみると、上水道、キッチン用の水道水の線は、現在ではこのような金属式が標準になっていて、

裕坊の持っているような硬化プラスチックは、専門のお店でないと今は手に入らないとのこと………

 

少なくとも、留め金の部分は、金属がほとんど標準になっているらしく………

こういったパーツを買った上で、

 

写真のような取り付けにするのが、現在の標準なのだとか………

 

しかもその水道管のパーツを売っている専門店が、土日はお休みらしい……………

 

以前、排水管が詰まった時に、お隣さんに連れられて排水管用のパーツを買いに行ったことがありましたので、場所は知っていたのですが………

 

今日はこちらの出番………

 

問題だったのは、ここの部分………

実際にはこの黒い部分が、金色の金属の留め金部分とくっついていて、

 

下の写真のように、水道の蛇口のすぐ下まで届いているのですが、

 

そこが外れてしまっていたので、ボンドで写真の左側と同じになるように固定した上で………

 

金具が安定したところで、それを取り付け。

 

取り付け完了…………

 

水道の栓をひねってみると…………………………

 

 

取りあえず、漏れは治まりました……………

やれやれ…………

 

 

今晩は、友人家族が愛妻ちゃんのために、レストランを予約してくれていて、

 

何とか間に合った……………

 

 

 

というわけで、これからお出かけです。

 

裕坊パイロット日記 4/11

皆さんこんにちは、リージョナル航空飛び職人、裕坊です。

5ヶ月連続で、スタンバイシフトをこなしている裕坊。本来なら先週木曜日4月4日から今日4月11日まで、8日連続の『リザーブ』が入っていたのですが、7日間の間にどこかで30時間連続する休養を取らなければならない、という連邦航空法の規定があり、

乗務員管理課は今日と明日4月11日と4月12日に、休日を充てがってきましたので………

 

仕事がないかと、会社のホームページを検索していると………

 

見つけた〜〜〜……………………

そんな訳で、今日から休日を返上して、2日間のフライトへと出発したのですが………

 

実を言うと、明日のフライトは、季節外れのブリザードに見舞われているというミネアポリスまで……………

 

ミネアポリスのほんのすぐ近くまで、ブリザード警報が出とるやん………………………

 

 

ということは、今頃ミネアポリスはこんな感じに…………

 

 

明日どうなるんやろ…………………???

 

 

まー、明日のことはまた明日考えよう…………………

 

 

どうにかなるやろ……………………………

 

 

 

 

今日担当したのは2便。デトロイト空港は、デルタ航空の系列の航空会社が使っているターミナル(マクナマラ・ターミナル)は、AコンコースとB/Cコンコースとに分かれているのですが、

 

B/Cコンコースへと抜けるには、トンネルをくぐらないといけないので、

デルタ航空でも最近では乗客の皆さんの利便性を考慮して、なるべくAコンコースに多くフライトを集めるようにはしているようなのですが………

 

今日は整備上がりの機体に乗っての担当ということもあり、我がリージョナル航空会社の整備課がある、Cターミナルからの出発となりました………

 

一旦セキュリティーを通って、ターミナルへと入ると、

 

Aターミナル内を走る電車が動いているのが見えます。

 

 

もう整備点検も確か終わって、供用も再開になってたはずだったよな…………………

 

 

あれ…………………………


 

まだ終わってなかったのね……………………………………

 

システムのトラブルとかじゃないよな〜…………………

 

デルタ航空にて、デトロイト空港からご出発の皆さま、Aコンコースの一桁台のゲート、もしくは70番台からのご出発の場合、早めにセキュリティーは通っておいた方がよさそうです……

 

デトロイト空港マクナマラターミナルのウリの一つでもある、噴水の横を通り過ぎると……

 

B/Cコンコースへと抜けるトンネルへと向かう、エスカレーターも見えてきますので、

 

それを降りると、色とりどりの色で華やかな照明がなされているトンネルをくぐります。

 

そしてこちらが、B/Cターミナル側にあるエスカレーター。

一番右側にあるエスカレーターは、C1からC7へと向かうエスカレーター………

 

それに間違って乗ってしまうと、ここで降りる羽目にはなりますが……

さらに奥にあるエスカレーターで、通常のゲート階へと戻れますので、パニックになる必要はありません……

 

エスカレーターを上がると、正面には街中でもよく見かけるサンドイッチ屋さん………

 

左側へと行くとBコンコースで、逆方向へと行くと、Cコンコース。今日はCコンコースの端にあるC27が出発ゲート。

かつてリージョナルジェット機、或いはプロペラ機の類まで全て例外なく、リージョナル航空会社のフライトは、ここB/Cコンコースからの出発でしたので、

ノースウエスト航空デルタ航空との合併をするまでは、こちらB/Cターミナルは、それはそれは大変賑わっておりました……

 

今でもフライトが出発する前は、ゲート付近も混雑しますが、

 

発着便数がめっきりと少なくなり、往来がない間はゲート付近はひっそり………

デトロイト空港も、こちらはちょっと静かになりました……

 

早朝便を担当してよく並んだコーヒー屋さん。

朝7時ごろデトロイトへと帰ってくる便を担当すると、コーヒー一杯買うのに、10分ほど並んだことも一度や二度ではありませんでしたが、こちらも今はちょっと静か……

 

かつてハンバーガー屋さんがあったところに、新しくできていたのが、サブウェイ。サンドイッチ文化が根付いているアメリカでは、人気のファーストフードの一つ。

 

そして出発ゲート、C27に到着。

Cコンコースの一番北側になります。

 

かつてはCコンコースといえば、40番台まであり、

一番奥まで行くと、そこは地上階からの搭乗でした。

 

今はこちらは閉鎖になって、関係者だけが入れるようになっています。


こちらB/Cターミナルののウリは、何といっても全長4,000メートルを誇る、デトロイト・メトロポリタン空港の最長の滑走路がすぐ目の前にあること。

 

時間に余裕があって、飛行機の離着陸を見るには、とても最高のロケーション。出発前に最新のエアバスA350に離陸が見るチャンスもあるかも知れません。

 

ちなみに、裕坊が写真を撮った時には、今デルタ航空のチケットで乗れる、最小の飛行機CRJが離陸しておりました………

 

今日はそのあと、クリーブランドを経由して、

 

コネチカット州ハートフォードへと到着して、業務終了……

 

そして明日はいよいよ……………

リザード警報が近くまで出ていたミネアポリスまで………

 

 

明日帰れるといいけどな〜……………………

 

 

また明日のことは、明日になって考えよう……………

 

 

裕坊