yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 11/19

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日から裕坊はまず4日間のフライトへとお出かけ。そのあと金曜日にもう1日、日帰りのフライト。合計で今週は5日間連続でのフライトをこなします。

 

今週木曜日はこちらではサンクスギビング(感謝祭)と呼ばれるアメリカの大々的な祝日になり、早い所では水曜日から5日間に渡って大型連休。アメリカでは大抵家族で集まって、七面鳥を焼くのがこちら風……

 

元々はヨーロッパからアメリカ大陸に渡った反イングランド教会派のキリスト教徒たちが荒野を開拓して初めての収穫を得、神に感謝したことを記念して、建国の基礎をつくった働きを讃えたことが起源だそうです。アメリカでの感謝祭は11月の第4木曜日。

リンカーン大統領によって11月の最終木曜日と定められていたらしいのですが、ニューディール政策を進める当時のフランクリン・ルーズベルト大統領によってクリスマス前の景気を煽るために1週間繰り上げられてしまい、現在の11月第4木曜日に落ち着いたのだとか………

 

トランプみたいな人やな…………………

 

こちらアメリカではウォルマートのような大型店舗になると、24時間営業で休業日がほとんどないお店も珍しくないのですが、そんなお店ですら、感謝祭はほとんどがお休みになってしまいます。ですからほとんどの店舗で、感謝祭の前日は夕方6時ごろにお店も閉まってしまうのが通例。アメリカに在住の皆さん、お買い物忘れのないように………

 

長い休みを取る人が多いので、この時期はフライトも忙しくなり、どの便もほぼ満席……

 

ちなみに裕坊はまだ日本から帰ってきたばっかりで、まだ時差とちょっと格闘中………

機内の気圧が他の旅客機と比べると比較的高く保たれているエアバスA350型機に乗って日本からデトロイトまで帰ってきていたので、いつもに比べると時差の克服も早い気が………………………する……………………………

 

何とか気力で2便の担当フライトをこなしました………

 

ヒューストンを経由して、今日はオハイオ州シンシナティまで…機長の権限を駆使して、副操縦士のニックくんに両便とも操縦を担当してもらいました…今日は出発が夕方だったので、シンシナティに到着する頃には、外は真っ暗…………

 

こちらではサンクスギビングデー、感謝祭のある週に大抵クリスマスの飾りなども飾られるようになり、あちこちでクリスマスツリーが見られるようになります。こちらはシンシナティ空港Bコンコース内……

地下を抜けて、シャトル乗り場へ………

エスカレーターを上がると、そこにもクリスマスツリー……

荷物受け取りコーナーにもクリスマスツリー…………

 

ホテルの送迎シャトルがお迎え……外は完全に真っ暗………

 

今日はフライトが終わるとき、外が真っ暗になっていました。残り3日間のこのフライト、

 

実は………………………

 

3日目と4日目の空港ショーアップが……………………………

 

 

 

 

朝の5時……………………

空港にショーアップする時が、真っ暗な時間帯……………

 

 

 

体を朝方に変えないといけません………

ということで、急いで寝る支度を始めます………

 

裕坊

裕坊パイロット日記 11/18

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

帰宅後3日間のお休みをいただいて、明日からのフライトへと備える日曜日。土曜日は新幹線のホームで買ってきていたひつまぶしのお茶漬けなどをいただいたりして、

わさび味がアクセントになっていて、なかなかのお味……………

 

1日外にも出ることなくゆっくり過ごして、いよいよ息子くんのピアノリサイタル本番の日……

 

今年はここ数年に比べても、雪の積り始めが早い……………

今年はエルニーニョ現象が発生していて、

 

エルニーニョとは、別名を「大気の南方振動」と呼ばれ、太平洋の赤道付近の海面温度が通常よりも高く、それが1年近くも続いて世界各地の気象に影響を与えるそうなのですが………

冬においては、日本などでは暖冬になりやすく、ミシガン州を初めとする五大湖周辺では降水量が少なくなる傾向が……………………………

あるそうなのですが…………………………

 

 

ホンマかいな………………………………

 

何はともあれ、まだ気温は氷点下にはなっておらず、取りあえず普通に道路も走れる状態………

 

ということで行ってまいりました。息子くんのピアノリサイタル…………

しかも今日はトリ…………………

で、デキの方はというと………

 

からしても充分納得できるだけの指さばき。なかなか聞き応えがありました。左指人差し指というけっこう肝心な指を骨折していたにも関わらず……………

つーか、なんで人差し指を骨折…………???

 

本人曰く、ボール遊びをしていて突き指をしたそうなのですが………………

 

よー分からん………………

 

取りあえずトリという大役はこなし切ってホッと一息……

リサイタルでは、各家庭から持ち込まれたお料理を囲んで、ポットラック

皆さんとても美味しい数々のお料理、本当にご馳走様でした。

 

帰りには愛妻ちゃんの車を昨日と同じ洗車機で洗い…………

黒い我が家のミニバンも綺麗になりました。

 

夕飯は簡単にピザを焼いて、小腹を満たしてゆっくりのひと時を過ごし………

いよいよ明日から久しぶりのフライトへと復帰します。

 

で、最近残念ながら巷で話題になっているのは…………

日本の大手航空会社パイロットによる飲酒の問題…………こちらでも既にニュースに取り上げられており、今日リサイタルで話をする機会があった一般のアメリカ人の間でも既に話題になっておりました………残念ですが…………

日本航空の赤坂社長は先日開かれた記者会見の中で、再発防止に努めるとし、飲酒に対する意識改革を進めると発表しました。確か裕坊の記憶に間違いがなければ、社内における規制強化にも乗り出し、乗務前12時間だった規制を24時間前に変更するとあったような…………

 

で、飲酒はなくなるのか……………

 

規制強化や社内教育は当然必要でしょうが、裕坊的な視点で言わせていただくなら、それだけでは解決にはならないでしょう。では何を変える必要があるのか……………

裕坊は直接日本の航空会社のパイロットとして操縦席に座っている訳ではないので、どうしても想像の域を出ないのですが………………もし未だに日本の航空会社の中に社員を縛り付ける昭和の体育会系の企業風土が残っているのだとしたら…………………

 

今後は日本航空では新型アルコール検知器の配備を進め、アルコール濃度規制値を見直し、制限値を超えたアルコールが検出された際の厳罰化、などの改革を進めると記者会見で発表していましたが………………裕坊的には全てを従業員の責任として押し付けている印象が拭えませんでした……

疑問として残ってしまったのは………

 

日本航空という企業が、或いは全日空という企業が本当に風通しのよい企業なのか、労働環境は、訓練環境は、従業員同士の関係は…………

 

もし裕坊自身が赤坂社長とお話しする機会があるとすれば、そこを提言すると思います。今一度、赤坂社長自身が世界の航空会社を渡り歩き、また自らの会社の現場を歩いて直に自らの従業員の声に耳を傾けてみるのはどうかと………………各社の企業風土というものを観察し、自らの会社と対比してみるのはどうかと………………

 

90年代に犯罪に溢れ返ったニューヨーク市の犯罪率を半減させ、長い間犯罪の温床にもなっていたニューヨークのタイムズスクエアを一般観光客が深夜まで安全に訪れる場所として再開発させた元ニューヨーク市長・ジュリアーニ氏。元検察官として自らニューヨークの街を知り尽くし、治安改善に努めた尽力者。

このジュリアーニ元市長から得られる教訓は多いと思います。裕坊思うに、会社のリーダーとしてまず大切なのは、自らの企業を隅々まで知ること。そして問題点が見つかったら、自らの手で全てを解決するのではなく、意見を吸い上げてそれを重々検討すること。隠蔽体質が残る企業に蔓延る問題は、一朝一夕では解決はしないでしょう。まずは社長自身が企業を知ること。あくまで裕坊の想像の域は超えませんが、そこがまずスタート地点になるものと提言します。

 

明日から、裕坊は合計で5日間に及ぶフライトへと出かけます。

 

裕坊パイロット日記 11/17

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

社会人25周年記念。大学卒業後に最初に就職し、4年9ヶ月を勤めた製薬会社の同期の方たちの集まりに入れていただき、他にもパイロットの集いなどを企画したりして………………………

 

まー、よう遊んだ…………………………

 

思い越すことがないくらいに日本をしっかりと満喫して…………

ほぼ最後方の座席指定を受けて、成田を飛び立ちました。

搭乗したのは、デルタ航空の最新鋭機、炭素素材を中心とした複合材で胴体が作られたエアバスA350型機。

 

エアバスA350型機は日本航空でも2019年からの導入が既に決まっている機体で、少なくとも大型機に関してはボーイング社が席巻してきた日本の航空機市場において、初めてエアバス機が風穴を開ける形になりました。

 

今回の最渡米では、裕坊が座った3人がけの列に乗ってきたのは2人だけで、しかも裕坊は窓側……壁にもたれかかって寝ることができるので、快適……………

しかし裕坊にとって何よりも嬉しかったのは、機内の気圧が高く保たれていたこと。

炭素繊維を含む複合材を53%も含み、金属の伸縮性を高めることによって、従来の旅客機よりも地上により近い気圧を保つことができるので、従来の旅客機のときのように、お腹が膨らむ感覚がなかったのです。裕坊は長距離移動にときに、これが何より1番辛かった………

客室乗務員の方的には、まだ不便な点も多く改良点は様々あるようですが、今回の最渡米の旅についてはけっこう快適なフライトを裕坊的には楽しむことができて、やれやれ………

 

ほとんど眠って過ごしながらも、食事も逃さず……………

 

離陸直後に提供される夕食にはご飯もの………

アラスカ上空を通過中の、ちょうど半分ほどをこなした辺りでの軽食。アイスクリームはハーゲンダッツです。

そしてこちらが着陸前の軽食。中はキッシュのようなオムレツのような卵料理でした。

 

離陸から着陸までの飛行時間は、11時間20分ほど………

着陸直前になって窓を開けてみると、外は………………………

 

雪…………………………………

 

とうとうこの季節がやってきてしまったのか……………………

 

裕坊の愛車セダンくんも、雪をかぶって裕坊の帰りを待ってくれていました。

ちょうど前面のガラスに雪が積もっていて、前が見えんし…………………

ただ幸い水分をたっぷり含んだ雪で、しかも気温は辛うじて氷点よりも上…………

 

ワイパーでひとかき、何とか視界を確保…………

 

一旦気温が氷点下に下がると、いよいよ雪かきシャベルに大抵一緒についてくるプラスチックのヘラで、雪や氷を落とすことになります…………いよいよやな〜〜……………………

 

一晩明けて、まだ残り3日間のお休みが残る裕坊。今日はセダンくんを洗車して………こちらの写真は洗剤がかけられた状態………

こちらでは洗車機の中をベルト上を車が前に進みながら、洗車が進んでいきます。洗剤をかけた後は、ゴムのブラシがゴシゴシ……………………

リンスなども終わって、洗車終了……………

 

金曜日の夜は、裕坊を1週間待ってくれていたお礼にと、愛妻ちゃんと息子くんをステーキハウスへとご招待……

なかなか落ち着いた佇まいのステーキハウス。

メニューもステーキが当然中心になります。

 

息子くんが金曜日の夕方に習い事を2つもこなしていることもあって、金曜日はいつも帰りが遅い愛妻ちゃんと息子くん。特に今週はずっとお留守番をしてくれていたので、感謝の意を込めてステーキハウスへとお出かけしたのはよかったのですが…………………

 

野菜サラダが出てきて………

さぁ〜〜、お待ちかねのステーキ……………………

 

と思っていたら、お肉が出てくるタイミングになって、息子くん調子が急に悪くなり………………………

 

結局メインのステーキにはほとんど手をつけず………………

箱詰めにしてもらって、我が家で食べることになりました……………

 

その息子くん、日曜日はピアノリサイタルの日です………

 

裕坊

 

裕坊パイロット日記 11/15

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

社会人25周年、製薬会社の同期入社の会に始まり、パイロットの集まりを東京、大阪でと日本帰国からあちこちを走り回ることほぼ1週間。結局実家に寄るヒマもない親不孝者…………………

 

取りあえず便りがないのは元気な証拠…………ということにしておこう…………………

 

気を取り直して、まずは昨日は製薬会社時代のもう1人の友人に会いに岐阜まで。一昨晩停まっていた大阪から岐阜へと移動。このお休み中は、ほとんど毎日新幹線に乗っています。

岐阜へ着いてからしばらく時間があったので、岐阜駅前に聳えている信長さんをパチリ……

信長さんがあちこちでモチーフになっている岐阜は、信長さんがバスの横にまで登場………

 

名古屋、岐阜といえば裕坊的にすぐ思いついてしまうのはひつまぶし。福岡県・柳川市などで有名なせいろ蒸しなどのように、特別変わった調理法をしているわけではないようですが、様々な薬味を使って、いろいろな食べ方ができるのが特徴…………

 

日本でゆっくりできる最後の日。お邪魔したのは「たむろ」というお店。

各テーブルが個室の中に収められていて、他のお客さんの視線を気にすることなく、ガッツリと食べることが出来ます。

ちょっとゼイタクに一匹丸ごとを注文して…………………

でも炭水化物の摂取量を抑えるのに、ご飯は普通盛り…………

それでもかなりのボリューム…………

ここのお店では、ウナギの味に少しハリを持たせるためか、皮がパリパリになるまで焼いていて、かなり食が進みます。岐阜にお立ち寄りする機会がある方には、かなりオススメ………

 

実はこちらのお店、犬山城からほど近いところにあるので、犬山城をふらり。

折角やから、天守閣にでも上ってみようか…………

中は最上階まで延々と急斜角の階段が続きます。

上へ上がって下を覗いてみると、かなりの角度………

最上階からはなかなかの眺めを拝むことが出来ました。

 

裕坊などより遥かに忙しく普段から動き回るその友人、お店持ちの方ですので、夕方にはお暇。お見送りして、再渡米前の最後の晩餐……………………………

に、裕坊がフラリと立ち寄ったのは、東京の有楽町辺りで見かけそうなラーメン屋さん。ゆず塩ラーメン………………

お店の中は、サラリーマンがフラリと立ち寄って、お酒を一杯という感じの雰囲気……

ゆず塩ラーメンを食べてみてもよかったのですが、結局やっぱり日本を離れる前はオーソドックスに醤油ラーメン…………

そしていよいよ再渡米の日………

 

名古屋経由で品川入り………

ここ品川駅は、駅構内自体がちょっとしたモールのようになっていて、様々な種類のお土産類、あるいは惣菜やお弁当なども買うことが出来ます……やっぱり日本はいいわ〜……………

ゆっくり座って食べるレストランもあり、

お弁当類も充実しています。

そんな中で裕坊が今日のお昼に選んだのは………

こんな感じのフルーツパン。3種類を選んでみました………こんなのが食べられるのも日本ならでは……

そして空港行きに乗り込みます……

 

楽しいひと時を過ごした日本を離れるのももうすぐ……………

成田空港でスタンバイ。座席指定待ち…………………名残惜しいな〜…………………

いよいよ愛妻ちゃんと息子くんが待つデトロイトへと向かいます。

 

裕坊

 

裕坊パイロット日記 11/14

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

 

製薬会社入社から25周年、日曜日はたくさんの同期入社の現役社員に久しぶりの顔合わせをして再充電をし、月曜日は体力回復のために1日少しゆっくり、のんびりと移動しながら前日は大阪へと入ってきました。

久しぶりにこちらも乗る大阪の大動脈、御堂筋線

裕坊が入社した製薬会社の本社は、同業他社と合併するまでは、薬の町、道修町にありました。ここ淀屋橋駅から歩いて数分……

カバンを引きずって、取りあえず予約をしているホテルへと向かいます。淀屋橋駅は大阪と京都を結ぶ京阪電車の大阪側の起点でもありますので、地下道が東へと伸びています。そこをテクテク…………

実をいうとこの地下道、京阪電車乗り場を通り過ぎ、淀屋橋から若干東へと行った北浜まで繋がっていて………………

どうやら枚方では万博なるものも開催されるらしい……………

どこを出ればええんやろ、とひたすら歩くと結局終点まで辿り着いて…………

地上へと上ってみると……………………

 

 

なんとホテルを通り過ぎて、さらに4ブロックも東へと歩いていました…………………

 

またもやりよった…………………………

 

ええ運動やったわ………………………

 

取りあえず荷物だけ預かっていただいて…………

 

再び大阪の北の中心地、梅田へと戻ります。

昨日は合計で5名に会うことになったのですが、最初に会ったのは久しぶりの再会となったMくん。裕坊が今も勤めるリージョナル航空会社の前身ピナクル航空でずっと長らく同僚だった、ハワイ出身の日系ハーフ。但し日本語はほとんど話せません………………

知っている日本語は「バカタレ」「うるさい」「静かにしてろ」くらい………………

 

変わっとらんな〜〜、と再会を喜びながら、ラーメンをまずはすすって腹ごしらえ……

そのあとはこちらでコーヒーをすすりながら、昔話に将来の話。パイロット共通の会話は、もう本当にどこに行っても誰と話しても変わることがありません…………

そのあとはMくんと現在同僚であるHくんが合流。

 

さらにはこれからパイロットを目指すという若い方たちが2名神戸から合流し………

大阪によくありそうなちょっと怪しい裏の通りにある……

中華のお店へとやってきて………

中華料理をつつきながら、いろいろと情報交換………

裕坊がフロリダ州のとあるフライトスクールで飛行教官をやっている当時から知っているHくんが予約を入れてくれていたこちらの中華料理。全ての料理がなかなかのお味でした。

オススメはこの焼き餃子、それに写真には取り損ねましたが、水餃子。梅田付近にある幸福飯店というお店です。

Mくんは、昨日はフライトが入っていて……………

その担当便というのがかなりの深夜便…………リージョナル航空会社で通例になっていた夜最終便、朝一便の組み合わせのさらに上をいく超夜行パターン。

名残惜しいながらも、Mくんを7時過ぎにお見送りします。

お腹は半分ほど満たしておいて、Mくんと入れ替わるように裕坊たちに合流してくれるTさんを待ちます。

Tさんは但馬を往復して6時半過ぎに伊丹に到着して、こちらへと駆けつけてくれました。そのTさんに会うのも実は15年以上ぶり…………………非常に懐かしい再会となりました。

 

再会を喜び合い、さてお食事はどうしよう。Tさんはフライト終わったばかり…………

 

裕坊:お腹空いてんじゃない?何の気分?Tさんに合わせるよ。

Tさん:ここの中華うまそうじゃん。中華でいいよ。

 

裕坊、店内へと引き返し、さっき会計を応対してくれた男性店員に向かって、

「あの、また5人入れますか…………………………?」

店員さん、ニヤリとしながら「先程のお客さまですね。お帰りなさいませ。お待ち申し上げておりました」

 

店員さん:(大きな声で)5名様、食べ直しでーーす。

 

さっすが大阪やわ……………

 

1人だけが入れ替わって、再び食べ直し………………

 

しかも同じ席………………………

 

今日神戸から駆けつけてくれていた2名のうちの1人は、現役のバスの運転手さん。そちらのお話もなかなか聞きごたえがありました。面白いし……………

 

10時過ぎまで延々と会話が続いて、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

皆様方にご挨拶を済ませて、ホテルへと戻ります。地下鉄一駅分。淀川の支流を渡って……

 

少しばかり古い街並みが残る通りを歩いて戻ってきました。

 

本当に楽しい時間はすぎるのがあっという間…………

明後日にはいよいよまた再渡米です。

 

裕坊

 

裕坊パイロット日記 11/12

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

パイロット同士でいろいろと情報交換をしながら、楽しいひと時を過ごしていた裕坊。ミネアポリスから到着した1日目は、一部の方、今日の集まりのためにわざわざ雪の中を駆けつけてくれていたHくん以外は、ほとんどが初めての顔合わせ。

2日目は一転、裕坊が社会人1年目、製薬会社の同期入社の集まり。ひょんなことから呼んでいただいて…………Rちゃん、Kくん、改めてどうもコーディネートをありがとう。

 

泊まっていたホテルは羽田空港直結。裕坊が大好きな海鮮物のお弁当がたくさん並ぶ中を唾を飲み込みながら通り過ぎて…………

相変わらずウマそうやな〜〜………

けれどもホテルでの同期会開催とあって、ここはガマン…………

 

初めて乗る電車なども乗り継ぎながら………

とあるホテルまでやってきました。

 

こちらが会場入口。裕坊が入社した製薬会社のロゴは、アメリカにある人気のお店「ターゲット」に似ているのですが、あちらは大きな丸の中に小さな丸が1コ。裕坊の勤めた製薬会社のロゴは大きな丸の中に小さな丸が合計5コ。現在は財閥系の製薬会社と合併して、そのロゴもなくなりましたが、かつてはそのロゴから愛称をマルゴと呼ばれていました。

懐かしいな〜〜。

 

幹事さん以外には、裕坊はほぼ1番乗り。それでもさすがそこは日本人。開始の時間には完全にメンバー勢揃いでした。裕坊のようなごく一部の出席者を除いて、ほとんどはまだ現役バリバリ。

会場では本格的なお料理も次々に出されましたが、

やっぱり懐かしい話に花が咲いて、お料理はほとんど皆さんそっちのけ。皆さんの近況を報告するべく一人一人が壇上に立って1分ほどのスピーチをするのですが、実を言うと……………………………

 

何と裕坊1番乗り…………

でも昔取った杵柄で、アドリブでしどろもどろになりながらも、何とか任務完了……………

 

尽きない昔話にあまりに花が咲きすぎて、2次会、3次会とあちこちを練り歩きます…

食事も何食べても、めちゃウマいし…………

夜が完全に更けるまでしゃべりまくり。本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。

こちらは3次会まで粘ったツワモノの面々。裕坊も当然のように入っています。楽しい時間を過ごす時は、時間が経つのなんてあっという間。めちゃ楽しかった〜〜‼️‼️

 

昨晩は入社時から同じ九州地域を担当していた仲のいい友人宅に泊めてもらったのですが、同期会の最初の会場に預けていた荷物を慌てて取りに行って……………

終電に間に合わせるべく、急いで電車を乗り継ぎ……………

途中、新幹線にまで乗ったりしながら…………

またも初めて乗る電車にまでお世話になって………


友人宅へ到着。

 

その友人、やたら最近髪がフサフサしているな〜って思ってたら、毛生え薬を自宅で種明かし………………

そういうことやったんやね…………

 

裕坊も試してみるかな〜〜………………

 

今朝は通勤ラッシュの中をスーツ姿の方たちに混じって地下鉄に乗り込み………

新幹線へと再び乗り込んで、次の目的地を目指します。

 

またロサンゼルス付近で、大きな山火事が起こっているようですね。現在のリージョナル航空会社での新人研修中のルームメイトだったジョーくんの住まいはロサンゼルス。

 

今回のウースリー火事、そのジョーくんも自宅火災の危険に晒され、自宅から避難したとありました。ちょっと行方が気になっています………

 

裕坊

 

裕坊パイロット日記 11/11

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

 

昨日はというより日付では既に一昨日、ミネアポリスから搭乗し………

同僚のHくんも今回の帰国に付き合ってくれて、一緒の便で帰国。パイロットの集まりにまで一緒に駆けつけてくれました。

取りあえずビジネスクラスの座席に招待されて………

 

食事もまずまず本格的でした。まずは離陸してしばらくして出される夕食。けっこう本格的な日本食。その中には写真ではほとんど見えませんが、生のタコまで…………日本からの直輸入やろか…………………

しばらく寝たあとの、中だるみしかかった頃に出てくる軽食。

アイスクリームがついてます………

そして着陸1時間前の朝食。

時間的にはブランチか……………………

 

 

羽田行きはミネアポリスから出発。

初雪…………………………

そんなわけで、一旦除氷作業を済ませて出発。これに20分ほど時間がかかり、

 

しかもジェットストリームと呼ばれる冬によく現れる現象が今日はいつもより強かったようで…………

 

フライトにもいつもより時間がかかります。今日の飛行時間12時間14分………………

これはジェットストリームと呼ばれる西からの風の仕業…………

 

ジェットストリームは偏西風の一部。冬場になると大陸北部で形成される寒気団の力が強くなり、温暖な空気を大きく南へと押し下げるのですが、2つの気団に挟まれた部分は風力が強くなり、中緯度付近ではかなり西からの風が強くなるのです。

 

冬場で西からの東へと飛ぶ航空機の所要時間が短縮され、逆に東から西へと向かう便に所要時間がかかるようになるのはそのため…………

 

そんなわけで、羽田空港には、定刻よりも20分ほど遅れて到着しました………

こちらが乗っていたボーイング777型機。お疲れ様…………

 

日本や〜〜。

 

日航機も見えるし……

 

全日空機も見える……

 

羽田も少しずつ国際線便が増えてきているのですね。やっぱり東京から近いし、国内線への乗り換えが便利ですから、羽田便が増えてくれると嬉しい。

 

そして羽田空港には、国内線第2ターミナルに直結のホテルがあり………

 

お値段はさすがにやや高めですが、パイロット仲間の集まりの企画をしていた裕坊には本当に助かりました。

 

前回と同じレストランで……………

これからパイロットを目指す若い方たちが多く駆けつけてくれました………

全員の方に掲載の了解をいただいて、写真をパチリ。

 

中には既にフロリダ州にて訓練をされている方もいらっしゃいましたが、ほとんどはこれからパイロットの道を目指すという若い方たちばかり。その中には某大手航空会社の面接を受けている方などもいて………皆でいろいろと情報の交換。

 

楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

京急の駅まで皆さんをお見送りしてホテルに戻る頃には、ターミナルも既に閑散としています。

セキュリティーへの入り口も今日は既に閉鎖………

 

戻ってきた……

 

裕坊は1993年に…………………………………1993年………………………

に卒業して、今年で社会人25周年………

 

(実を言うと学生に戻っていた時期もありますので、正確には25年ではないかも知れませんが)

 

裕坊が卒業と同時に就職した製薬会社の同期生は、今も多く現役で頑張っていて、今日はその25周年を記念して(のはず…………)、同期会を開催するそうで、特別に裕坊も仲間に入れていただきました。

 

ある得意先では裕坊の下を取って「坊ちゃん」と呼ばれていた裕坊。当時まだ九州にいた裕坊が1998年に製薬会社を退職する時のその得意先の従業員との「お約束」のやり取り……………

 

得意先: 坊ちゃん、ところで坊ちゃんの本名はなんやったと?

裕坊:覚えとらんとやが〜〜

 

千と千尋かっ……………………………

 

懐かしい記憶がたくさん蘇ってきます。

 

帰国2日目、次の集いへと行ってまいります。

 

裕坊