yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 1/17

米国航空会社の小型機担当、裕坊といいます。こんにちは。

 

年末年始を優れない体調で過ごし、年明け最初のフライトでは、途中リタイアして帰宅する羽目にまでなり、裕坊にとってとんだ2020年の幕開けとなってしまいました……

1週間ほど、ほとんど家から出ることもなく静養……やっとのことで体も落ち着き、先日木曜日からまずは2日間のフライトへと復帰しました…

 

愛妻ちゃんと息子くんは、木曜日の夕方に映画「天気の子」のチケットを予約していたらしく、木曜日の夜の1便だけ担当便が入っていた裕坊の快気祝いを兼ねて、夕方は久しぶりに食事にお出かけ。

以前住んでいたアパートから程近いレストランへと、立ち寄ってみました。10年ほど前に、中古の一戸建てを買うまでは、ノースビルという、アメリカの中では比較的古くからある町に住んでおりました。

 

ノースビルは、アメリカの中では比較的歴史がある町で、ビクトリア朝建設が全盛だった頃の建物もたくさん残っています。ダウンタウンに行くと、煉瓦や石造りのかわいらしい建物が、いくつも並んでいていて、それを見るだけでも優雅な時間を過ごせます…

 

女性に人気のお店も多く、

先日は友人の誕生日パーティーを兼ねて、こちらのカフェにもやってきました。

 

住宅を改造してできたカフェは、お店の中も落ち着いた佇まい……

どうやら誕生日の方には、コーヒーが無料になるサービスがあるそうな………

 

そのノースビル、デトロイト・メトロポリタン空港からは車でおよそ25分。教育水準がミシガン州内で常に1、2位を争い、元々住宅地としても人気が高かったのですが、最近ではダウンタウン以外にもモールなどが増えてきています。 デトロイト空港からのアクセスは、フリーウェイの275号線。

 

7マイル出口を出て、ちょっと西へ行くとモールが新開発されていて、女性に人気のスーパーもこちらへと数年前に移転してきました。

 

中の雰囲気も、他とはちょっと違うこだわりを感じます。

 

新鮮な野菜類、種類も豊富……

 

デザートにも、かなりのこだわり。

こってりと甘いデザートが多いアメリカにあって、甘さも控えめ…

 

ワインも豊富な品揃え…

この辺りには、10年ほど前までは本当に何もなかったのが、すっかり変わってしまいました…

 

木曜日の夕方に立ち寄ったレストラン。7マイル通り沿いを東へ向かって行くと、フリーウェイ入り口のすぐ手前に、ビジネスビル群の入り口を入ってすぐのところにあります。

かつてアパートに住んでいた頃は、いつもこのレストランを横に見ながらフリーウェイへと入っていたのですが、レストランには一度も来たことがありませんでした………っていうより、レストランがあることにすら、ほとんど気付いてなかった……………

 

木曜日上演の「天気の子」の映画館から実は目と鼻の立地だったこともあって、ここで裕坊の快気祝い……

 

入ってみると……

 

想像してたのと、大違い……

高級レストランの佇まいやし……

 

どうやらパスタ中心のイタリアン系のレストランだったようで、メニューは説明書きこそ普通に英語だったものの、表記そのものは全部イタリア語。全然分からんし…………

 

迷っている間に、こんなのを持ってきてくれました。

こちらのイタリアンレストランでは、ほぼ例外がないといっていいくらい、パンをすぐに持ってきてくれます。オリーブオイル付き……

 

迷っている間に、前菜を1つ注文。もうこの手のレストランではお約束の、イカの唐揚げ……

英語では、大抵カラマリ(Calamari)と呼んでおります。みんなでつつくと、お皿はあっという間に空になっておりました……

 

それぞれパスタ系をめいめい注文……ついてくるのは、サラダかスープで、今日はクラムチャウダーを試してみたのですが、

ちょっと想像してたのと違う………

 

クリームソースをベースにしたクラムチャウダーではなく、トマトソースがベース。貝の身がたくさん入っていますので、イケます。これは愛妻ちゃんがかなり気に入っておりました。

 

メインは、裕坊が子牛ステーキのデミグラスソース、パスタ添え。

 

愛妻ちゃんは、フェットチーネ・アルフレッドの茄子添え??

また詳しい注文の内容を、聞いておきます……ただこれは当たりでした。

 

ちゃんと注文の内容を、聞いとかんといかん………

 

息子くんは、意外に保守派……

無難にスパゲティー………ちょっと麺が伸びてしまっていたのが、残念でした………

 

そしてデザートに、ティラミス。

しっとり感がバツグン。これもオススメ。ココアパウダーが、喉に詰まりそうになるほど、しっかりとかかっておりました。

 

食事の後は、映画組とは別れて裕坊は空港まで。 1週間ぶりのフライト………

お天気もまずまずで、揺れもほとんどない快適なフライト……復帰戦にはうってつけでした。

 

木曜日は、夜9時に出発。1時間と10分をかけて、サウスカロライナ州のグリーンビルまで。

 

BMWの世界最大級の工場もあり(1日当たり1,500台生産の容量があるそうです)、急速な発展を遂げている町の一つ。

数年前までは、片田舎の空港の装いだったのですが、ここ数年の大改装で、全く見違える空港になってしまいました。

 

セキュリティーを通ると、そこは吹き抜け式の天井になっていて、

 

ファーストフード、レストランなどもとても充実したものになっています。

 

改装後の、グリーンビル・スパータンバーグ空港の特徴といえば…………

 

外へと出られる展望デッキ付きのターミナル。

 

この時期はまだ気温一桁台なので、外で飛行機を見学するにはちょっと寒いですが……

夏になると、空港に早く来て飛行機の離陸着陸を間近に見る、なんてことも可能……

 

新装オープンから間がないターミナルは、開放感に溢れていて、とても気持ちがいいです。

 

 

金曜日は、お昼ごろ出発の便を1つだけ担当して、

2時ごろには、我が家にも帰宅………

 

まだ外は雪は降っておりません………

ただ土曜日は、深夜から雪………

 

 

ブログを書いている最中にも、雪はしんしんと積り始めています………………