yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 4/13

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日は愛妻ちゃんのお誕生日。ただし何回目のお誕生日か、ということは著作権の関係上、ここで申し上げることはできません。我が家のコタツの肖像権と同様、生まれ年に関する著作権も愛妻さまの手元にあり、情報公開の許可が下りることは未来永劫ないのでございます。

その愛妻ちゃんのお誕生日、ちょうど春休み直後になることが多く、我が家では大抵お食事へと出かけますが、ちょうど冷凍庫にエビがたくさんあるのを知っていた裕坊、ついエビチリなどはどうか、と口走ってしまいました。せめて酢豚くらいにしとけばよかった……………………

早速昨日は空港に着くなり、iPadを開いてエビチリソースの作り方のお勉強。生姜とニンニクのみじん切り……そんなんやったことないし…………エビを片栗粉にまぶしてよく揉んだあと、水で洗い流す………………なんで?……………あー、ぬめりを取るためなのね…………………イメージがまだ今一つ湧きません。愛妻ちゃん、レストランにステーキでも食べに行かない?

昨日から泊まっているのは、ヒューストンの空港の近くにあるシェラトン。さすが高級ホテルだけあって、朝食の内容もひと味違います。

本格的な食材が揃います。スクランブルエッグにポテト、ベーコンにソーセージ、オートミールにパンケーキ。果物類もけっこうな種類が。取りあえずその中からこんな感じでお皿に食材を盛ります。

どうやったらこんな契約が出来るのかは分かりませんが、ときどきこんな高級ホテルで朝食のクーポンがついてきたり。滅多にありません。ごくごくたまにです。

実は昨夜デトロイトからヒューストンに向けて出発する直前、こんなことがありました。副操縦士のジェイムスくん、今はミシガン州に住んでいますが、元々はヒューストンの出身。両親は未だにヒューストンに住んでいるらしく、ちょっと短めの宿泊滞在でこそあるものの、両親に会う約束をしていたそうです。ところがよりにもよって出発直前になって乗務員配置課から電話。どうやら出発直前になってのクルー交代。そのジェイムスくん、キョトンとした表情で荷物をまとめて急に変更になったフライトへと向かっていきました。

変わって乗ってきたのがもう1人のジェイムスさん。裕坊よりも全然年上です。そのジェイムスさんが機長席に座って裕坊が副操縦士席に座っていてもいいくらい、貫禄のある方です。どうやらそのジェイムスさん、エクスプレスジェットという別のリージョナル航空会社で12年も飛んでいたそうで。

ジェイムスさん、昨日は1日空港スタンバイで電話がかかってくるのを待っていたそうです。その空港スタンバイはお昼の12時半から8時半。エンデバー航空のパイロット契約で空港スタンバイのときには、空港スタンバイの時間内に出発する便だけを担当できるという規定があります。ヒューストン行きの定刻は8時18分で、副操縦士がいなかったフロリダ州ジャクソンビル行きの定刻の出発は8時36分。規定ではジェイムスさんはジャクソンビル行きを担当できないので、便宣上ジェイムスくんがジャクソンビル行きに乗ることになり、ジェイムスさんと交代………………

そのジェイムスさん、裕坊が旅客航空業界に入る前から既にリージョナルジェット機に乗っているベテランさん。実はフロリダ州にあるフライトスクールの先輩でもあります。アトランタ在住で長らくアトランタに本社を置くリージョナル航空会社に勤めていたジェイムスさん。彼が勤めていたエクスプレスジェットという航空会社がデルタ航空との契約打ち切りでアトランタを離れることになり、エンデバー航空への移籍を決意したのだとか。

リージョナル航空会社は新しい契約先が急に入ったり、あるいは契約の更新を見送ってパイロットの数を削ってみたり。メジャーの航空会社以上に動きが激しく、決して安定することがない世界。裕坊もいずれは真剣にメジャーへの移籍を考えなければいけない時期が来るかも知れません。

今日はお昼過ぎにヒューストンを出発。デトロイトに着いたら、愛妻ちゃんのプレゼント代わりのお料理の食材を買いに走り、あ、それよりも先に今晩の食べたいものを愛妻ちゃんにテキストで聞いて、レストランで食べたいものがあるかを聞いて、愛妻ちゃんのお誕生日のお祝いです。

 

裕坊