yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 5/6

米国地域航空会社に勤める、裕坊といいます。こんにちは。

昨日水曜日に4日勤務のフライトが終わって、しばしのお休みをいただいています。

 

アメリカ人の『鋼の意思』で、グイグイとコロナ禍以前の日常を取り戻そうと動くアメリカ。旅客機利用客もすごい勢いで戻ってきていて、デルタ航空が管轄するフライトも販売座席数制限が撤廃になり、先日はとある担当便が満席になりました。

前回の勤務の締めくくりは、ミズーリ州セントルイスからの、ニューヨーク・ラガーディア行き。

 

出発する頃には、空も明るくなり始めて、

ラガーディア空港へ9時過ぎに到着。

 

昨年のこの時期といえば、コロナウィルス感染がニューヨーク周辺で爆発的に拡大していて、ニューヨークを行き来する旅客便は軒並み欠航……裕坊にとっては昨年2月以来、1年3ヶ月ぶりのラガーディア空港となりました。

ターミナルビルが50年以上とかなり老朽化していたラガーディア空港…新しいターミナルビルへの建て替え工事がひっきりなしに進んでいます。

 

デルタ航空の管轄便が行き来するのは、現Cコンコースと、既にほとんど取り壊し工事が完了したDコンコース(かつての出発ゲート、D1からD12)なのですが、

工事が全て終了すると、コンコースD、E、F、Gと改称されるそうです。2019年に完成して既に運用が始まっているD92ゲートからD97ゲートは、新しくコンコースGに。

 

Dコンコースと現Cコンコースの連絡橋は、既に取り壊しが終わっているので、両ターミナル間は連絡バスにて移動します。

 

Cコンコースからは、ゲートC42にて連絡バスに乗車。

 

かつてリージョナルジェット機の搭乗用にお客さんを運んでいたバスが、C、Dコンコース間を行き来しています。

 

着々と進む、新築工事。見えているのは、新しくEコンコースとなる建物。

 

既に枠組みがかなり出来上がっておりました。天井が高く、大きな吹き抜け式になる新しいターミナルビル。

 

コロナ禍前と比較すると運用中のゲート数が半分ほどに減っているので、リージョナルジェット機はほとんど例外なく、機体備え付けの階段を使って乗り降りをしています。

 

ターミナルまでは、仮設の通路を移動。

簡易の天井に覆われて、雨風は凌げるようになっています。

 

最大で一度に4機が駐機できるので、到着、出発のお客さん同士がすれ違うことも…

 

枠組みが出来上がって、完成形が見えてきたターミナルを横目に見ながら、

 

さらに通路を歩き、

 

スロープを登っていくと…

 

ターミナルに到着。

 

かつてはボーディングブリッジ付きだった出発ゲートC26が、リージョナルジェット機専用に仮運用されています。

 

Dコンコースへと繋がっていた連絡橋は既に取り壊されているので、そちらへは進むことができなくなりました…

 

ちなみにCコンコースにあるフードコートは、姿も形もそのまま残っていますが、

 

コロナ感染拡大の影響を大きく受けて、レストランなどは軒並み休業中…

 

近々営業再開の張り紙こそしてあったものの、

古いターミナルビルは例外なく取り壊しの運命にあるので、このまま再開することなく終わってしまうかも知れません…

 

裕坊の大のお気に入りだった、ロブスターサンドイッチのお店も休業中…

 

お寿司を握ってくれるお店も、無人のままになっておりました。

 

まだ衛生上の問題があるので、サラダバーなども再開とはなっておらず…

買えるのはパック詰めになっているサンドイッチやサラダが中心。ただしハンバーガーやピザなどは、販売も再開しておりました。

 

テーブルの数も、全盛期と比べるとやっと5分の1ほど…

 

ただ各便出発の時には、出発ゲート付近は激混み…

 

最近の主要空港の、風物詩とさえ言える光景にまでなりました。

 

旅客便数自体は、コロナ禍前の最盛期と比べると半分ほど。

ラガーディア空港からデトロイト行きを例に取ると、コロナ禍前は一日あたり8便だったのが、現在は平日4便。

 

日中は使用機材も小型化されて、150名仕様が中心だったのが、110名仕様が主力機材になっています。

航空会社も慈善事業ではなく、利益の追求が必要なので、なるべく満席に近い状態で運航をしたいのが本音。5月以降デルタ航空でも、それが可能になりました。

 

ニューヨークも、着々と経済再開に向けて動きつつあるそうです。写真はコロナ禍前のタイムズスクエアでの賑わいの一コマ。

 

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事によると、屋外における活動の上限は、5月10日(月)には500名に引き上げられ、屋内イベントでの人数制限も5月19日(水)に、250名まで引き上げられるんだそうです。

昨年の感染拡大初期には、新規の陽性診断数が1万を超え、今年も1月に入って1万9千を超える日があるなど、感染爆発が何度か起きていたニューヨーク。現在でも1日平均3,000の新規の陽性が出ていますので、数自体は決して低いとは言えないのですが、ワクチン接種は順調に進んでいて、およそ半数の市民が最低1回の接種を終えていることから、徐々に経済再開へと舵を切っているようです。

 

ブロードウェイも、9月中旬に公演を再開すると発表。

 

実はニューヨークでは、昨年も5月以降に新規感染がかなり下火になっていて、秋以降に大きく再拡大……同じことが起こらないことを心から祈りたいです。

 

昨日はデトロイトに、お昼下がりに帰ってきました。

 

 

 

あと2日間お休みの予定です。