yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 11/17

アメリカ国内線を中心に、小型ジェット旅客機に乗る、裕坊といいます。こんにちは。

先日日曜日に5日間のフライトへ出勤して、火曜日は中日の3日目になりました。

 

初日日曜日の中西部のお天気は大荒れ……大きな寒気団が中西部をすっぽりと覆い、先週にはミネアポリス地方に雪をもたらして、ウィスコンシン州からニューヨーク州西部には、最大風速25メートルを越す暴風が吹き荒れる、嵐のような1日…

デトロイトでは最大風速26メートル超え……航空気象ではノットという単位が使われるのですが、当日は最大52ノットとなっていました(偶然なのか、ノットで示されている数字を2で割ると、ちょうど毎秒あたりの風速(メートル/秒)になります)。

 

初日の最終目的地になった、ニューヨーク州バッファローはさらにそれを上回り、最大風速61ノット。

 

最大で30メートルを超える『超暴風』……

当日の便は着地寸前になって突風が吹き付けてきて機体が浮きかけ、着陸やり直しを考えたほど……

 

元々バッファローといえば、ナイアガラの滝の最寄りの都市。

五大湖のうちの2つ、エリー湖オンタリオ湖が交わるところなので、

 

突如として、何の前触れもなしに一晩のうちに2メートルの積雪があったり、

 

数年前にも、12月の初めに2メートルの積雪が一晩のうちに降って……

 

数日後には小春日和のように暖かくなり、雪がきれいに溶けてなくなっていた、なんてこともありました…

このバッファローという所は、本当に予期せぬお天気に見舞われることが多いです…

 

当日は60ノットを超える風に煽られながらも、なんとか着陸に漕ぎ着け、

人がいないバッファロー空港のターミナルを、到着口まで、

 

実はホテルの送迎シャトル乗り場でも、風はかなり荒れまくっておりました……

 

翌朝はホテルでの朝食。

しばらくは休業が続いていたホテルでのレストラン…

 

数ヶ月前に再開になって、朝食もいただけるようになりました。

休業前は、朝食はバイキングスタイルでの提供だったのですが、現在はメニューの中から選ぶ方式。

 

利用するお客さんの数も、かなり限られているので、レストランにとっても渡りに舟。

 

チーズを乗せたオムレツをいただきました。

 

2日目となった月曜日は、デトロイト行きのお昼の便から4便を担当。

 

ちなみにニューヨーク州に他州から空路入る場合は、過去の経歴などを記入するように義務付けられていて、皆さん出口へと向かう前にしばらく足止めされます。

一時はフロリダ州テキサス州などから入る場合は、2週間の隔離を義務付けていたのですが、どこまで追跡ができていたのやら…

 

バッファロー空港でのデルタ航空管轄のフライトの出発ゲートは、北東の端の20番台のゲート。

この近くには昼食などを買えるお店が全くなくて困っていたのですが、サンドイッチやサラダなどを買えるお店がようやく開店して、やれやれ…

 

 

デトロイトには、1時半ごろに到着。

 

 

デトロイトの空港内は、クリスマスの装飾が始まっています。

 

Aコンコースの中央には、大きなクリスマスツリーが飾られ、 空港案内の掲示板の横にも、人の背の高さほどのクリスマスツリー。

 

リースなども…

ただクリスマスムードが盛り上がることがない、地味な2020年……

 

折り返しで、メイン州ポートランドまでやって来ました。

 

 

小規模都市が並ぶ州では、コロナウィルスの影響での乗客数減に対応し、就航空港を集約することによって収益減を補っているのですが、メイン州もそのひとつ。

 

 

かつてはデルタ航空では、バンゴーという航空州兵の拠点がある空港への就航がありました。

 

かつては米空軍の正式な拠点先だったバンゴー空港。

現在でもその名残で、空中給油機のKC−135型機が多数駐機されています。そのため滑走路は実はポートランド空港よりも、バンゴー空港の方が断然長く、ポートランド空港の滑走路が全長2,100メートルなのに対し、バンゴー空港は3,400メートル。

 

アメリカとヨーロッパや中東の都市などを結ぶ大型旅客機が、何らかの理由で再給油が必要になった際に、よく使われているバンゴー空港。

だだっ広い駐機場スペースに、時々再給油で立ち寄っている国際線機材を見ることがありました。こちらはアムステルダムからニューヨーク・ケネディ空港に向かっていたデルタ航空エアバス機。

 

またアフガニスタンイラク戦争が渦中の真っ只中にあった際は、このバンゴー空港が兵士の出発地の拠点にもよくなっていて、

大型機に搭乗する兵士たちをよく見かけてもいました。バンゴー空港は、現在ではデルタ航空管轄のフライトの就航はなくなり、民間航空会社による運航は、ユナイテッド航空アメリカン航空のみになっています。

 

立ち寄ったポートランド空港では、スターバックスに立ち寄って、コーヒーを調達。

 

いよいよクリスマスバージョンのコーヒー豆もお目見え…

 

メニューの掲示板も、クリスマス仕様。

再びそこからデトロイトへと戻って、

 

2日目はウィスコンシン州の州都、マディソンまで。

 

ホテルの送迎シャトルの都合がつかず、タクシーに乗ってホテルまで。

 

 

 

3日目は午後出勤です。

 

 

 

 

 

 

 

11月16日(月)担当便

デルタ5089便(EDV 5089)バッファロー(BUF)− デトロイト(DTW)

デルタ4723便(EDV 4723)デトロイト(DTW)− ポートランド(PWM)

デルタ4765便(EDV 4765)ポートランド(PWM)− デトロイト(DTW)

デルタ4704便(EDV 4704)デトロイト(DTW)− マディソン(MSN)