yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 11/28

リージョナルジェット機操縦担当の裕坊といいます。こんにちは。

感謝祭の1週間、有給休暇をいただいて、家族と共にニューヨークに来ていた裕坊。

 

ただあまりにも高額なホテル代と食事代の一部を捻出するべく、2日間のフライトをニューヨークから入れておりましたので……

感謝祭当日(アメリカでは、毎年第4木曜日)のニューヨークでの風物詩でもある、大きなパレードを見学することすらなく、寒空の中を1人で地下鉄に乗り込み…………

 

休日の朝とあって、本当に乗っていたのは裕坊1人だけでした…………

向かったのは、既に今まで何度も行ったり来たりしているラガーディア空港でしたが、

 

このパターンでラガーディア空港へ行くのは、初めて……

マンハッタンからですと、地下鉄のEラインに乗って、まずはクイーンズに入ってすぐの、ジャクソンハイツ・ルーズベルト通り駅で下車。

 

中央改札を昇って、すぐ目の前に連絡バス(ラガーディアリンク)の乗り場があり、そこからだと10分ほど。

連絡バスは無料で乗車できます。以前より遥かに便利になりました。

 

ただニューヨークの地下鉄は、まだエレベーターの数が少なく、アクセスもあまり便利ではないので、大きな荷物を抱えている時は、値段こそ張るものの、ウーバー(Uber)かリフト(Lyft)などを使った方がやっぱり遥かに便利です…

 

昨日水曜日は、ラガーディア空港へ到着後、3人とも大きな荷物を抱えて、初めてリフト(Lyft)にお世話になりました。最近ではタクシーよりも遥かに見ることが多くなった、ウーバーやリフトなどの、スマホのアプリを使った配車サービス。 デルタ航空、もしくは系列の航空会社でラガーディア空港へ到着した時は、ちょうどCターミナルとDターミナルの間に大きな乗り場があり、

 

看板の通りに進んでいくと、ウーバーとリフトの乗り場の案内が見えてきます。

 

昨日はいつもに比べると、比較的空いていた乗り場でしたが、それでも結構な人手……

ウーバーは、アプリに行き先を入力して予約確認を入れると、アプリが特定の車、運転手とペアリング。車の車種にライセンスプレートの番号まで表示してくれます。ただ予約の車が決まっているので、お迎えを待たなければいけません……渋滞が激しいときなど、15分ほど待たされることはザラ………

 

リフトの場合、ラガーディア空港のように大きな乗り場がある所から出発する場合、アプリでの予約確認の際に上がってくるのは予約番号。乗り場には係員が立っていて、乗車する人数や荷物の数を一目見て、乗る車を指示してくれます。ですから車さえいれば、すぐ乗車。待つ必要がありません。主要空港から出発する場合は、乗り場で車の空き具合、待ちの列などを確認した上で、リフトとウーバーを比較した方がいいかも……

 

昨日水曜日は、その場に止まっていたセダンにすぐ乗り込むことができて、マンハッタンへと出発。

 

連休を取ってニューヨークに来ていた家族連れも多かったようで、

 

マンハッタン周辺は、いつも以上の混雑ぶりでした。

ホテルにチェックインして、そのあと向かったのは、 夏の間に一度訪れていたブルックリンブリッジ。

 

ニューヨークでは移動には、地下鉄がとにかく便利。

最近ではスマホのアプリの行き先入力で、乗る電車もすぐに検索ができます。

 

2019年11月現在の一回当たりの運賃は、2ドル75セント。

現在は磁気がついたメトロカードを利用して改札口通過。近々スイカやイコカなどのように、スキャン型のカードへの移行を計画しているそうですので、乞うご期待。

 

ブルックリンブリッジは、イーストリバーを挟んでマンハッタンとブルックリンを結んでいるのですが、マンハッタン側から歩くのであれば、4、5、6番電車が便利。

 

昨日は何故か、各駅停車の6番電車に乗っておりました……

 

駅名もそのまま、ブルックリンブリッジ……

 

もし反対に、ブルックリン側から橋を渡るのであれば、A、Cラインの電車が便利です。

降りるのは、ブルックリンの西の端になるハイストリート。

 

昨日水曜日は、マンハッタン側から橋を目指しました。ブルックリンブリッジ駅で降りて、中央の改札口を出てくると、こんな形の出口…

 

外に出て上を見上げてみると……

こんな重厚な趣の建物の下から出てきていました……

 

駅の出口の目の前から、お土産屋さんがたくさん軒を連ねておりますので、橋まで迷うことはまずありません………

 

ブルックリンブリッジは、マンハッタン側はニューヨーク証券取引所もある、金融街の近くが起点。

ウォール街の高いビル群を見ながら、イーストリバーを目指して歩きます。

 

夏に続いてやってきた、ブルックリンブリッジ。

 

マンハッタンとブルックリンを結ぶフリーウェイも、歩道と並行して走っています。

いつも相変わらずの交通量……

 

橋脚の部分は、やっぱり何度近くまで来ても、なかなかの迫力…

 

基礎となる部分は、全て石で作られているブルックリンブリッジ。

 

昨日は、何度かにわか雨がやってくる生憎のお天気だったのですが……

遠くに夕日がかかる自由の女神も見えておりました。

 

イーストリバー北側には、地下鉄も通っているマンハッタンブリッジも、すぐ近くに見えます。

 

レンズを拡大してみると、地下鉄が走っているのも、はっきりと見えておりました。

 

夏にも一度訪れていたブルックリンブリッジでしたが、前回は1人だけでしたので、橋を渡っただけでオシマイ……

今回は家族同伴でしたので、近くで夕ご飯をいただくことに。

 

橋を降りて、川下りの船の桟橋まで歩いて行くと、途中にピザ屋さんが何軒か並んでいて… どうやらこのピザ屋さんの評価が高いらしい……

アプリで調べてみると、5点評価のうち、4.5。

 

感謝祭前日とあって、短縮営業だったらしく、お店に入ったのは閉店間際ギリギリ……並ばずに入れたのはラッキーでした。

それでもこの賑わい……

 

石窯を使って焼き上げています。

 

薄手の生地のピザ。

我が家ではいつもマルゲリータは、ピザ屋でのマストアイテム。モッツァレラチーズの溶け具合がバツグン。絶品でした。

 

お腹が空いていたので、もう一品注文。こちらはマリナラピザ。

バジルが効いていて、こちらもなかなかのお味…

 

めちゃウマ…

短縮営業で、昨日は4時で閉店。

 

お店を出る頃には、既に看板も閉まっておりました……

 

前回訪れた際は、夏の真っ盛りとあって、日が沈むのが遅かった上に、翌日に早朝のフライトが控えていたとあって、夜のライトアップまでは拝むことができず。やっと念願が叶いました。

紫色にライトアップされた橋脚。

 

金融街のビルへと伸びて行く、ライトアップされたブルックリンブリッジ。このコントラストは、これだけでも見に来た甲斐が十分にありました。

 

 

今日木曜日の裕坊は、オハイオ州クリーブランドに宿泊中。明日金曜日に早朝便を担当して、ラガーディア空港へと戻り、ニューヨークで再び家族に合流です。