yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 1/26

アメリカの地域航空会社で、小型旅客機に乗っている、裕坊といいます。こんにちは。

先週の金曜日から始まっていた4日勤務のフライト、昨日月曜日に終えて帰宅しました。今日火曜日からは、4日間のお休みをいただいています。

 

今年は比較的暖冬で、雪も少ないミシガン州(でもこんなこと書くと、次の週に1メートルの雪が降ったりするので、こっそりひそひそ声で……)

しばらくぶりに夜中から雪が降っていたデトロイト地方、お昼頃にはすっかり銀世界となっておりました。

 

アメリカにおけるコロナウィルスの感染拡大は、一部を除くとやや落ち着き始め(とは言っても、ミシガン州においては1月下旬で1日約2,000名、カリフォルニア州に至っては1日の平均およそ20,000名…)

ミシガン州の各学校でも、対面式の通常授業を再開する所が増えてきました。 そのため、課外活動のミーティングなどもオンラインではなく、教室に集まってのミーティング……

 

16歳になる我が息子くん、その気になれば自らハンドルを握って、学校まで運転することも法律上は可能……15歳からであればミシガン州では運転免許も取得可能なのですが、我が息子くんは勉強の方に忙しく、今日も裕坊が送り迎え。

 

今日、火曜日の3時からのミーティングに合わせて、学校までは裕坊が送り届けました。 一旦家まで帰ってきたら…

雪かきだけは、せんといかん……

 

急に空がざわつき始めて、ふと空を見上げると…

夥しい数の黒山の人集りならぬ、『茶山の鳥集り』……小鳥達がかなりの数、我が家の木を目掛けて集まっておりました。

 

来ていたのは、アメリカンロビンくんの群れ。

お腹がオレンジ色で、頭はやや灰色がかった黒、目の周りに大きな白い縁があるので、見分けがすぐつきます。

 

昨年の春には、我が家の軒下の巣から、3羽が元気に巣立っていきました。

 

こちらが、アメリカンロビンの卵。鮮やかな青なのが、大きな特徴。

 

卵から孵ったばかりの頃から、食欲はすごく旺盛…

 

成長がすごく早いので、 1週間もすると、巣もすぐに手狭になってしまいます…

 

3羽が巣で孵ったうち、2羽の巣立ちをちゃんと見ることができたのは、幸いでした。

アメリカンロビンは、巣立ったばかりの頃は、育った巣の近くで2週間ほどを過ごしているそうです。

 

実際に明らかに「ウチの子」と分かるヨチヨチ雛を、何度か見かけることがありました。

これはきっと何かの縁であり、出会いに違いない…

 

これだけたくさんのロビンが来てるってことは、ひょっとして『ロビンの恩返し』なのかな〜〜?

餅と小判は、どっさり持ってきたかぁ〜〜??

 

 

ところで、今日は課外活動のジャズバンドの初めてのミーティングで学校まで行っていた息子くん。ピアノを担当することになりました。ミーティングがどれほどの長さになるのか、全く聞かされないまま学校まで届けていたのですが……

 

 

裕坊たちが帰宅してから20分後……

息子くん:「もう、終わった〜〜」

 

ここで待っとれば済む話やった………

 

結局さっき来たばかりの道を引き返して、

 

息子くんをお迎え……

雪かきの手伝いさせれば、よかった………

 

 

用事は、楽譜を取りにいくことだけだったそうな………オンラインで十分済みそうな話ではありますが、とりあえず息子くんにとっては初めてのミーティング参加。きっといい出会いがあったに違いない……

 

 

いい出会いといえば、先日の4日勤務での出来事…

2日目と3日目は、アトランタを起点とするフライトが続いていたのですが、

 

飛行機を降りて、夕食を買いに急いでいると、

 

あろうことか、

日本人同僚が3人、同じ場所で出会う偶然に重なりました。

 

我がエンデバー航空(デルタ航空の子会社の、地域航空会社です)の全社員はおよそ5,000名。パイロットが1,920名在籍していて、客室乗務員もほぼ同数。そのうち、日本人パイロットが裕坊を含めて3名で、客室乗務員も同じく3名の日本人が在籍。

 

会社との連絡方法がタブレットスマホに置き換えられて、乗務員が集う事務所を経由することもほとんどなくなり、

同じ会社の同僚といえども、同乗する乗務員以外とはなかなか会うことがなく、ともすれば1年以上すれ違うことすらないこともザラ……

 

そこへ3人の日本人が集う機会に恵まれるという偶然……この会社に入社して14年半にして、初めて日本人3人が集う出会いに恵まれました。

記念撮影……

 

 

この中で裕坊が一番年上であることには、疑いようもありません………

 

 

その後は、山間に囲まれた小さな町、バージニア州のロアノークで宿泊して、

 

アパラチアン山脈の山間にあるため、アメリカの東側にある都市としては珍しく、空港も山に囲まれています。

 

3日目の宿泊滞在だったのは、ペンシルベニア州のアランタウン。

ビリージョエルの歌の題名にまでなったダウンタウンは、『ラストベルト(Rust Belt)』という、産業が衰退して斜陽を見ている街の代名詞ともなりました。

 

昨日月曜日は、夜8時ごろにデトロイト到着。

 

既に国際線の出発便が全て終了して、閉店になった免税店の横を通り、

 

ちょっと閑散としたターミナルを家路に着いておりました。

 

 

出会いがあれば、別れがあるのも人生。つい先日、知り合いの方がお亡くなりになりました。乳がん……46歳の若さでした……本当に無念です……

 

 

 

 

 

もう3日間のお休みをいただいて、土曜日に出勤予定です。