yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 8/4

アメリカの地域航空会社で、操縦士を務める、裕坊と申します。こんにちは。

昨日月曜日と今日火曜日と2日間お休みをいただいて、水曜日から4日間のフライトへ出発です。当初は12便の担当を予定するはずが、4便が欠航になって、8便を担当することになりました…

 

6月から徐々にアメリカの航空需要も回復基調にあったのですが、7月に入ってのコロナウィルス感染再拡大を受けて、需要はちょっと頭打ちになっているようです。当初は1ヶ月間で前月比1,000便増便を予定していたのが、結局500便にとどまることに……

裕坊が勤めるのは、デルタ航空の子会社なのですが、8月4日(火)の運航実績は、596便でした。昨年1年間の1日あたりの平均便数は960便でしたので、現在は約6割ほどの運航率。

 

ちなみにデルタ航空管轄内の旅客便は、現在でも1便あたりの定員の上限を、客席数のほぼ6割にとどめています……リージョナルジェット機はエコノミークラスの場合、通路を挟んで両側2席ずつですので、単独で航空券を購入されると、現在は一列を独占できます。

実質6割の搭乗率での運航で、76名仕様の機体は44名が上限。我が社にはファーストクラスがない50名仕様の機体も保有しているのですが、そちらは30名を上限にしての運航。

 

本来であれば、座席が69あるCRJ−700型機という機体もあるのですが、そちらの方は全機、運航待機中……

CRJ−900型機と比較すると主翼上の非常口の窓が1つしかないので、すぐに外からでも見分けがつきます。900型機と多くの部品を共有する700型機なのですが、エンジンや主翼などの主要部品が違っているので、整備費用削減の目的で、現在全機待機……保有機数自体も少ないため、700型機は需要回復待ち、ということになりそうです……

 

 

いつ需要が回復して、CRJ−700型機が再稼働するのかは、裕坊には全く分かりません。そもそも5年後に、裕坊に今の仕事があるのかも分かりません……また残念なことに、地域航空会社に関連する、耳の痛いニュースが1つ入ってきています。裕坊自身、履歴書を送った会社の1つですし、心が痛むだけですので、ここでは敢えて具体的には書かないことにします。

 

なんとか提携先を見つけるなり、自力で生き延びる方法(これは実際には現実的ではないのですが……)を見つけるなりで、なんとか生き延びて欲しい……

 

明日は我が身……

見聞を広めて、アンテナを張って、最悪の場合に備えて「枕戈待旦(ちんかたいたん)」の心を持っておかなくてはならないのですが……既に裕坊の戈は、枕の下で錆まくっとるかも知れん………ただ仮に戈をピカピカに磨いていたとしても、それを使える場面には、なかなか遭遇できないかも知れません……

 

 

現在の状況は、どこを歩いても火傷しそうな火事場ばかり……

 

 

メジャーリーグを見ていても……

 

 

ちなみにデトロイト・タイガースでは、昨年デビューしたばかりのタイラー・アレグザンダー投手が、日曜日のシンシナティ・レッズ戦でアメリカンリーグの救援投手としてはタイ記録となる、9連続奪三振を記録。

まだメジャー2年目の26歳。ストレートに力がありそうなので、いずれは抑えになってくれんかな……

 

ちなみに日曜日のレッズ戦は、前日に雨で順延になった試合を組み込んでの、ダブルヘッダー。今季はコロナウィルス対策として、メジャーリーグでは様々な特別ルールを採用。延長戦になったときはタイブレイク(2塁に走者を置いての攻撃開始)、ダブルヘッダーの試合が組み込まれる際は、特別に両試合とも7イニング制にするなどなど……そして、タイガース−レッズ戦が、その7回特別ルールを用いてのダブルヘッダーの最初の組み合わせとなりました。

 

そのタイガース、この月曜日からセントルイス・カージナルスとの4連戦が組まれていたのですが、カージナルスにも選手7名を含む13名の感染者を出して、4連戦は全試合延期……

この4試合は、完全消化できるか、ちょっと怪しくなってきています。

 

ちなみにカージナルスの顔といえば、日本でもお馴染み、ヤディエ・モリーナ。

2013年度のWBCでのプエルトリコ戦では、あまりメジャーリーグで実績のない投手たちを、見事な手腕で導いて日本打線を1点に封じたチームの扇の要。超がつく強肩の持ち主でもあり、メジャー通算での盗塁阻止率、4割超え。2005年シーズンでは、なんと盗塁阻止率6割4分という、ありえない数字を叩き出しています。

 

前節のミルウォーキー・ブリュワーズとの試合も延期になっていたカージナルス。合計で既に7試合が延期。60試合という超短縮型のシーズンになっていますが、全試合を消化できるかどうか、かなり微妙になってきました……

 

か、と思えば、先週10名もの感染者を出して物議を醸した、マイアミ・マーリンズ。こちらは試合再開初日となった火曜日の試合で、いきなりボルチモア・オリオールズを4対0で下しての快勝。

10人も主力を欠いているというのに……野球は本当に分かりません……

 

ただまだ国全体を見ても、到底状況が安定しているとは言い切れず、シーズン開始後に出場辞退を申し出る選手も出てきました。そのうちの1人は、メッツの主力の1人、ヨニエス・セスペデス外野手。

一時期はデトロイト・タイガースに在籍していたこともありました。

 

そしてもう1人、ミルウォーキー・ブリュワーズのロレンゾ・ケイン外野手。

選手本人はそれなりの免疫力も体力も持っていたとしても、家族に影響がないとは言い切れない……辞退したくなる気持ち、十分理解できます。 こればかりは仕方ないです……

 

 

明日はお昼過ぎに出勤の予定です。