yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/15

米国リージョナル航空会社の操縦士、裕坊と申します。こんにちは。

アメリカ国内の航空会社の定期便が増えつつある初夏。今月は1ヶ月間欠員補充役として、会社からのフライトの割り当てを待っている裕坊、今のところ仕事はゼロ……

 

ただ保存状態に置かれていた旅客機が稼働体制に入るなど、アメリカも日本と同じく、徐々に日常を取り戻す動きになっています。

だからといって、感染も死者数の推移も止まったわけでは決してありません……

 

ただ病院の受け入れ態勢には、3月のピーク時に比べれば余裕は出てきていますし、動かせるうちに経済を動かしておかないといけないのも事実……裕坊も動けるうちに動き、体調をしっかりと整えた上で、秋以降訪れるであろう第2波に準備をしておきたいと思っています。さもなくば仕事が入る頃には、こんな風になってしまう………

 

既に外出規制は撤廃になったミシガン州。一部の業種で未だに店舗の営業が制限されている以外は、営業規制もほとんどなくなりました……ということで、昨日と今日はお買い物……

最近では食材のお買い物は、回数を少なくして一度の買い物でなるべくまとめ買い……コロナウィルス蔓延までは、マスク姿のアメリカ人を病院以外の公共の場で見ることなど全くの皆無でしたが、最近ではお店がマスク着用をお願いしているとあって、マスクは着けるのが当たり前になってきました。

 

こちらは全米どこでもよく見かける電器屋さん。州によっては入場制限を課しているところもあったのですが、今は予約などなくても入店できます。

そもそも何故こちらのお店に窺ったか、と申しますと、実は我が家の無線のインターネット用の電波が、今一つ不安定だから……

 

既に息子が通う高校は夏休みに入り、卒業に必要となる単位を先取りするのに有利な、サマースクールの授業が始まっています。息子くんの目論見とは、早めに高校卒業に必要な単位を取得し、高校後半は大学で通用する単位を少しでも多めに取得してしまうこと。こちらの大学は、とにかく授業料が高いので、高校のうちから大学用の単位を取得しておけば、大学進学時の学費が結果的に安くなる!!そうしてくれるとこちらも助かりますので、既に2教科分の授業料も納めています…

 

通常は、通う高校の校舎を使って行われるのですが、この夏はちょっと例外………

 

息子くんが通う高校としては初めての試みとなる、インターネットを介しての履修となっています。

元々今年度は、(アメリカは9月が新学年度になりますので、通常は6月中旬には一般の学年度が終了)学年度末まで校舎を再開しないことが決まっていましたので、その基準に沿うように、サマースクールもオンラインを介して実施されることになりました。

 

遠隔教育は、既に大学ではかなり普及していますので、それに沿ったものになっているらしいです。

まず先週の月曜日に、課題が一度に各生徒にインターネット経由で配布され、 それを各自のペースで消化していく仕組み。

 

問題や論文形式の課題が出されて、終えたものからファイル形式にまとめて提出。

 

時々zoomを使った、生徒同士のミーティングなどもあるらしいです。これがインターネット接続でけっこうな容量を使うのですが、

どうも我が家の無線Wi-Fiですと、これがよく切れてしまうらしい………成績への反映こそないものの、やはり貴重な情報交換の場でインターネットの接続状況がよくないのは、息子に言わせると致命傷だそうです。

 

我が家のWi-Fi環境はと言いますと、インターネットの回線を引くモデムが、無線の電波を発信するルーターと機能を兼用。これだと複数の機械でインターネットを同時に接続しようとしたときに回線の渋滞が起きやすく、また無線周波数を1つだけに留めるために、回線の渋滞が起きた時に、接続環境を変える手段の1つである他の周波数へ切り替えができないという、大きな欠点があるらしいです。しかもルーターからの電波自体も強くないようで、無線が安定しては息子の部屋まで届いておらず、今日電器屋さんに行った目的というのは、インターネット環境を良くするための方法を探りに行くことでした…

 

なんでも最近はメッシュWi-Fiなどというものが普及していて………

ケーブル回線に繋いでるモデムの電波を、家の隅々にまで送る仕組みを作って、インターネット用の無線電波を安定させているのだそうですね。

 

モデムで受け取った信号を親機であるルーターに送り込み、各部屋等に置いてある子機に電波を送る仕組み……

 

そういえば以前、まだ固定電話が主流だった昭和の時代、各家庭では電話機の親機、子機が流行ったこともありました。

基本的な考え方は同じ……

 

メッシュWi-Fiでも親機と子機があり、親機が電波を送って子機がそれを受け取り、

子機がそこから電波を発信するので、家の中のどこにいてもインターネット環境がとてもよくなる、ということだそうですね。

 

裕坊一家の場合、息子くんの部屋は若干モデムを置いている部屋からは離れているので、確かにメッシュWi-Fiはあった方が便利ですし、将来への投資の意味も込めてインターネット環境をよくするのは、悪いことではない、と出かけておりました…… ひょっとして入店制限があるかもと思い、訪店時間の予約まで入れて…………… でもいざお店まで赴いてみると、入店には何の問題もなし………

 

どうやら修理などの受け付けの予約を取っていたということらしいです。

愛妻ちゃんも連れて、家族3人で久しぶりのお出かけ……

 

こちらアメリカの一軒家、特にミシガン州は地下付きで、電気の配線パネルやら集中暖房装置やら温水器などが置かれる地下にミニ映画館があるのは珍しくありませんし、寝室が全部で5つ以上もあって浴室だけでも2階に3つもあるような一軒家も珍しくありませんので、きっとメッシュWi-Fiの需要も多いのでしょう。 種類も豊富で、回線速度への対応や家の広さへの対応なども様々………

息子くんは持てる知識を駆使して、様々なメッシュWi-Fiを検討していたのですが………

 

裕坊と同じく優柔不断で、なかなか決断ができない息子くん、店内を何度もウロウロ……………

お店の中に滞在すること、数時間………

 

優に3時間は超えておりましたが、それでも決断できず………

 

はよ決めようや……………

 

せっかく家族一緒でお出かけできるから、と一緒にお付き合いしてくれた愛妻ちゃんは………

 

 

で、今日は何を購入したのかを申し上げますと…………

 

結局メッシュWi-Fiは買わずじまいでした…………

 

で、全く別のもの買っとるし………

3月に購入したパソコン、息子くんは大いに気に入っているようなのですが、タッチ画面でないが故に、通常のペンシルは使えないらしく、グラフなどを描くのに便利なペンシルが必要だったということで、そちらだけ購入してメッシュWi-Fiはまた後日検討するそうです………こんなに長く待たせておいて……………………

 

 

座る場所もないまま、店内をウロウロするだけしかなかった愛妻ちゃん、普段はお買い物付きな愛妻ちゃんですら、かなりお疲れだったようです…… そしてお買い物の後の愛妻ちゃんのひとこと……………

 

 

「もう電器屋には、つきあわん」

 

 

ベストバイさん、待合用の椅子を店内に置いてくれないでしょうか………………