yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 3/31

米国リージョナル航空会社の操縦士、裕坊と申します。こんにちは。

アメリカの国全体の半分以上の各州で、コロナウィルスの拡散を最小限に食い止めるために発令されている外出禁止令。既に3月30日(月)時点で、30州以上に外出禁止令が出されています。

 

外出してもいい状況といえば、食料品などの買い物だったり、近所での散歩だったりジョギングだったりくらい……外でのストレス発散にと一時は開放されていた公園やら屋外スポーツ施設なども、最近では軒並み閉められるようになってしまっているようです。外出禁止を徹底するためには、やむを得ません…………

 

医療関係者、食料品を扱うスーパーや医薬品などを扱うドラッグストア、或いは流通関係などの業務への例外も適用されていて、航空業もそれらと同じく基幹業種に位置付けられておりますので、裕坊など航空機乗務員も通常通りの勤務が続いております……

 

昨日3月30日(月)に、シンシナティを基点とする4日間のフライトへと出かけていた裕坊。

既にデトロイトを発着するフライトも、6割の便の欠航が決まっていて、必要とされる従業員の数も減っているのか、従業員専用の駐車場も、かなり閑散としておりました。

 

従業員駐車場の専用シャトルは、国際線到着階に乗り場があるのですが、国際線もほとんど欠航になっているとあって、お迎えの車の姿もなし………

国内線は、現在デトロイト発着便の欠航は、約6割ほど。

 

それでも各便軒並み搭乗してこられるお客様の数が一桁だったり、2桁でも20名以下だったりですので、国内線の荷物受け取りカウンターも、最近は閑散としています。

 

ここ最近は出勤する度に、乗客の方の数が減り方が顕著……

 

こちらが出発便の案内板。運航便よりも欠航便の数が徐々に多くなっているのが、これを見ても分かります……

この減便の影響は、ターミナルの運用にも影響が出始めていて、デトロイト空港のマクナマラターミナルは、3つあるコンコースのうち、Aコンコース、Bコンコースに発着をしばらくは集中させて、

 

Cコンコースは夜間、或いは長期の駐機のためのスペースの運用になり、しばらく旅客便の発着が見送られることになりました。

上の地図ですと、上の右側の部分がCコンコース。ただ我が社の事務所や、乗務員の休憩室などはCコンコースにあるので、アクセスそのものは完全には制限されないそうです。

 

自然素材をふんだんに活用したサンドイッチやお惣菜などで人気の、プラムマーケット。トマトカプリースサンドイッチなど、裕坊自身かなりお世話になっています。先々週までは一部で営業を続けていたのですが、

先週末から、こちらも完全に休業。マクドナルドなどのファーストフードなどは今も営業を続けていますが、それもお客さんの数次第かも知れません。

 

ちなみに、Aコンコースのほぼ中央にある日本食レストラン「空」では、今もお寿司のお持ち帰りはできるようです。

 

昨日月曜日は、州外へ飛行機での出勤。客席に乗っていたのは、ほとんどが航空会社のクルーたちでした………

 

シンシナティは、減便の影響がさらに大きく、フードコートの主力3店のうち、今も営業を続けているのはマクドナルドだけ………

チキンバーガー、チリドッグでお馴染みの2つのお店は、しばらく休業することを決めたようです……

 

こちらがシンシナティの発着便の案内板。

既に地方への路線は、半分以上が欠航。シンシナティ空港は、オハイオ川の南に位置していますので、所在地自体はケンタッキー州ケンタッキー州は他州への移動もかなり制限しておりますので、さらに乗客の方が少なくなっている印象を受けました。

 

裕坊の担当1便目は、我が社の本社がある、ミネソタ州ミネアポリス行き。快晴で気温が16度と、季節外れに暖かくなったそのミネアポリスに到着したのは夕刻。

このあと3時間ほど待機の後、本来であればニューヨーク州バッファローまで行く予定になっておりました……しかし、待てど暮らせど、乗客の方は1名たりとも姿を見せず………

 

結局バッファロー行き、欠航…………

 

スケジュールの変更を1時間待った挙句入ってきたのは、客席に搭乗してのニューヨーク・ケネディ空港への移動でした……

バッファロー行きの出発予定ゲートだったミネアポリス空港のCコンコースから、ケネディ行きの出発ゲートのGコンコースへと移動………渡り廊下に、人影は全く見えず……

 

既にGコンコースの、売店も軒並み閉店……

 

ミネアポリス空港の国際線発着は、カナダ便などの一部を除くと、ほぼ例外なくGコンコースに集約されていますので、普段ですとGコンコースには外国へと出発するお客様で賑わうのですが……

主要国際線は、ほぼ全便が欠航していますので、月曜日は本当に閑散としておりました……

 

既に売店、コーヒーショップの類も全て閉店……

 

普段は、サラダバーで賑わうフードコートなども閉店になっていて、ひっそり………

そしてニューヨーク・ケネディ行き搭乗……

 

前を見ても……

 

後ろを振り返ってみても、ガラガラの客席……

搭乗していたのは、合計で15名にも満たなかったようです…

 

 

そして今日3月31日(火)。スケジュールが二転三転する中で急遽入ってきたのが、ジョージア州のサバンナへの往復便。

夕方4時40分発の便で、空港へは3時前にショーアップ。

 

先週ケネディ空港を訪れたときには、まだ開いていたサンドイッチ屋さん……

ハンバーガーやパニーニ、ベーグルなど、様々な種類が選べるお店なのですが、こちらも完全にシャッターを下ろしておりました…

 

裕坊が普段よくお世話になっている、お寿司のパック詰のお店も、今日はご覧の通り…………

閑散としたターミナル内にあって、今も営業を続けているのは、ごくわずか……

 

第4ターミナル内で営業を続けているのは、3月31日(火)時点では、こちらセキュリティーを通ってすぐのところにある、カムデン・フードに、

 

ただそのカムデン・フードもサラダバーは先々週から閉鎖になっています。

 

買えるのは、パック済みのサンドイッチであったり、野菜サラダであったりなど、一部のみ……

 

こちらは日本でもお馴染みのシェイクシャック。ケネディ空港第4ターミナルの、デルタ航空が発着するBコンコース側には、2軒のシェイクシャックがあるのですが、そのうちゲートB24付近にあるお店の方は、閉店になっていますので、ご注意を……

 

パニーニを作ってもらったり、サラダをその場で作ってもらったりすることができる、ベーカリーのお店もまだ開いておりました。

ということで、今日はこちらのお店から夕食用に、

 

パニーニと野菜サラダ購入……

現在ケネディ空港のような発着便数が多い空港といえども、調達できる食事はかなり限られていますので、買える機会がある時は、逃さず買っておくことをお勧めします。

 

便数が少なくなって、半分ほどしか埋まっていない出発便案内板…

そこからも、さらに欠航便が発生……

 

この閑散としたターミナルの中で、予約が入っているのは2名だけというジョージア州サバンナ行き……

 

それでも出発の準備は、滞りなく進めていたのですが……

定刻30分前になって、欠航が発表……………

 

普段であれば、南端に位置するBコンコースの50番台のゲートからですと、到着ロビーに近いB18へと出る連絡バスがあるのですが、それも休止になっておりますので、

徒歩で閑散としたターミナルを、到着口まで戻ります。

 

ほぼ1週間に渡って駐機場に停泊していた全日空機が、今日は第4ターミナルへと移動してきておりました。

恐らく駐機場の運用の関係だと思います。ひょっとすると、整備上の問題でもあったのかも知れません。全日空ケネディ空港での旅客便の発着は、ほぼ例外なく第7ターミナルですので、お乗りの際はご確認ください。現在全日空のニューヨーク線は、成田便に限定しての運用になっているようです。

 

出口へと向かう途中で、全日空機を間近に見て、ホテルの送迎シャトル乗り場へ……

 

国際線の発着がめっきりと減って、すっかりと人気がなくなっている、ケネディ空港第4ターミナルの搭乗手続きカウンター……

 

普段ですと、ケネディ空港は夕刻のヨーロッパ各方面へ向けての出発客で賑わうのですが……

今日はこちらもひっそりと、静まり返っておりました……

 

そして明日の4月1日(水)の、我が社のケネディ空港発着便…………

既に全便欠航…………

 

シンシナティ行きも残っていた2便が、両便欠航となり、客席に搭乗した上でアトランタ経由でシンシナティへと移動することになりました…… あと残り明日を含めて2日間。ここまで営業便を運航したのは1便だけ。明日以降も営業便担当の予定はゼロ………

 

 

明るいネタで満載のブログを書ける日が、1日でも早く帰ってくることを願う日々が、しばらく続きそうです………