yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 11/7

アメリカのリージョナル航空の、操縦担当をしている裕坊のブログへとようこそ。

本日木曜日はフライト4日目。実は昨夜は一旦デトロイトで担当を終えて、我が家まで帰ってきていて、

 

今日木曜日は空港へのショーアップがお昼過ぎと、ゆったりのスタートだったのですが…………

遂にやってきてしまった………………………………

 

いつもなら、雪降らせ担当のお天道様は、12月まで『夏眠』を取っているのですが、今年は例年ほどには夏が暑くならず、きっと寝心地がよくて、グッスリと寝ていたのでしょう。ずいぶんとお早いお目覚めやなぁ〜〜………

 

まぁまだこの時期は、降ってもお昼には雪も溶けてしまいますから、そこだけはちょっと助かります……

本日は3本のフライトを担当。鉄鋼の町ピッツバーグを経由してやってきたのは、ニューヨーク・ラガーディア空港。空港ターミナルビルの老朽化が激しく、数年前から本格的な建て替え工事が急ピッチで進んでいて、デルタ航空とその系列の下請け航空会社が利用するターミナルの一部が完成。

 

下の2枚の写真は、外観を先月に撮ったもの。既にフェンスはほとんど取り外されていましたが、まだその手前にある駐機スポットを、かなりの頻度で使用していましたので、備品がかなり散らかっていて、周辺がちょっと雑………ただ、建物自体はこの時点で完成間近……

 

パイロットに各機体の行き先が見えるボードも、とてもモダンになっています。

 

今日はピッツバーグから到着したあと、次の折り返しの担当便まで1時間ほどしかなかったのですが、

 

どうしても一目新しいターミナルの姿を見てみたかった裕坊、頑張ってちょっと足を伸ばしてみました。

 

11月7日現在、使用されているのは2ゲートだけ。Dターミナルの一部の扱いになり、

コンピューターの据え付けなどの設定などが終わると、新しい建物では7ゲートが使用されるようになるらしいです。駐機スペースが狭く、メインターミナルから少々離れることになるため、リージョナルジェット機、エアバス220型機などの小型機が中心の運用になるそうです。出発がD90番台のゲートになった場合、メインターミナルからはけっこう距離がありますので、時間には余裕を持っておいた方がいいかも…………

 

Dターミナルのフードコートからここまで5分ほど歩いた上で、建物の突き当たりまでくると、そこを左へ曲がって……

 

通路に、『新時代幕開けのラガーディア空港』という宣伝も目に入ってきます…

 

ようやく新しくなった建物の中へと入り、まずはデルタ航空の大きな三角形のロゴがお出迎え。

 

そのすぐ横には、レストランが一軒。

 

向かい側にあるこちらのお店は、ベーグルやピザなどが買えるお店。

 

乗り継ぎ便に乗り遅れた場合などに、振り替えをしてくれる受付なども、完備されています。

 

そして大きな売店を通り過ぎると、

 

真新しいゲートが目に入ってきます。今使用されているのは、D92、D93の2ゲートだけ(2019年11月7日現在)

コンピューターの据え付け、オペレーションとのホットラインを繋ぐ電話線などが設置され次第、残り5つのゲートもいよいよ供用開始。

 

座席がたくさん設置されていますので、座るには十分なスペース。最近の待合用の椅子らしく、充電器が各席に設置されています。

 

カメラでゲート付近の写真を撮ったあとは、次のフライトの出発が控えていましたので、

踵を返すように、担当便の出発ゲートへと急ぎます。

 

こちらの案内板には、各出発ゲートの見取り図なども設置されるようになりました。

行く場所を把握するのに、これは便利かも…

 

3本目の担当は、アイオワ州のデモイン行き、出発ゲートはC20。

これが今のラガーディア空港の現実の姿……

 

これも今のラガーディア空港の現実の姿……

現在のCターミナルは、C15からC24と、C26からC42と2つに大きく分かれているのですが、

 

一旦D90番台のゲートが全て完成し、年末年始の繁忙期が一通り落ち着いたあとは、

C15からC24の部分の建物の建て替えが始まり、2年以内の工事完了を済ませるのが目標なようですので、乞うご期待……

 

ここに写っている部分も、完全に取り壊されるようになります。

 

既にC15からC24の建物の中にあった売店は、閉店……

工事開始の準備も、既に整っているようです。

 

 

明日は1便だけの担当。そのあと1日お休みをいただく予定です。