yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 9/9

皆さんこんにちは、航空会社勤め人、裕坊です。

我が家の1人息子くんが、アメリカにやってきたのは2歳の時。ちょうど裕坊が現在勤めるリージョナル航空会社に入社した年の渡米。あれから早や13年……

いつの間にか高校に通い始め、4年後には大学へ進学…………の予定…………

 

目を覆いたくなるような学費の大学へ息子くんを送り込むには、体が動くうちにしっかりと働いておかなくてはいけません…

 

休日を返上して、日曜日にはニューヨークからフライトを3便担当。前日には数ヶ月ぶりに、ニューヨークに今も借りている宿舎へとやってきて、1泊…

クイーンズは落ち着いた佇まいで、治安も安定し、住環境も悪くはないのですが、やはり中は狭いです…

 

オーナーの許可を得て、一部写真を掲載……

こちらはダイニングルーム。6人が座るといっぱいいっぱい…

 

こちらのお部屋は、元々はマスターベッドルーム。

2つの2段ベッドを4人で共有する、雑居部屋。こちらでクラッシュパッドと呼んでいます。一時期はケネディ空港に所属し、ここで月のほとんどを過ごしていた時期もありました。

 

日曜日の朝は、ラガーディア空港からの出発。

 

ボーディングブリッジのない駐機スポットからの出発で、 お客様は、バスにてお出迎え。ターミナルの建て替え工事が次々に進んでいきますので、

しばらくは、このバスは活躍することになりそうです……

 

日曜日は、まずノースカロライナ州の金融の中心地の一つ、シャーロット往復便を担当。

 

ここの空港のフードコートは、天井が広く、いろんな種類の食事が選べることで大好評。

 

椅子やテーブルの数も揃っているので、座る場所を見つけるのにも、あまり困ることはありません。

 

ただ日曜日とあって、人気のチキンバーガー専門店は、お休みでした…

 

最近ダイエットがまずまず順調で、体重がいよいよ70キロを割り込み、ちょっと調子に乗っている裕坊。

目もくれずに、こんなところにやってきて、

 

ここは先日ご紹介したケネディ空港と同じような、パック詰めのお寿司が売っているのですが、

 

こんなものを購入しておりました。

ケネディ空港と比べて、ほとんど同じ内容でありながら、2割も安いのでお買い得。シャーロット国際空港の、フードコートのほぼ真ん中に位置していますので、迷わずお寿司屋さんにやってくることができます。

 

そのシャーロット空港は、従来からある古い方のAコンコースは、南側半分が工事の真っ最中。

現在供用になっているのは、奇数側のゲートだけ。

 

既に改装工事が終わっている、北側半分のAコンコースの奇数側のゲート、A3からラガーディア空港に向かって、折り返し。

既に旅行シーズンは終わっているはずなのですが、先日も70名以上の乗客の方が搭乗してこられました。

 

既にハリケーン・ドリアンが過ぎ去り、落ち着いたお天気の東海岸

フライトは順調、乗り心地もスムーズで安定したフライトでしたが……

 

 

 

…………………………

 

 

 

実は、裕坊が座る機長席の、両側の画面からデータが完全に消えて、自動操縦までがオフになる故障が発生…

副操縦士のウェスリーくんが担当していた便ですので、そのままデータが生きた状態のウェスリーくん側の計器画面を使って、そのままラガーディア空港まで到着……

 

 

ちなみに、最近の旅客機は、故障の履歴までが記録されるようになっていて…

 

 

我がCRJ−900型機では、機長席の後ろにあるパネルの一番上のスイッチを、

 

上にすると……

 

機長席にある計器画面に、このようなデータ表が表示されて、故障歴を追うことができる仕組みになっています。

どうやら起こっていたのは、ジャイロセンサーの故障だったらしい……

 

 

ところで、ジャイロってなんぞや…

 

 

早い話、『ジャイロ』というものを使うと、飛行機の姿勢や方角を知ることができる、スグレモノなのです。

 

実はジャイロというのは、回転体の性質を利用したもの…

 

コマのような回転体が、高速で回転すると、その場にとどまり、安定する性質がありますので、

飛行機では、早くから使われてきました。

 

横方向に回転させると、回転体はその場で安定し、その周りを飛行機が動くことによって、飛行機の姿勢(機首上げ下げ、左旋回、右旋回)などが分かる仕組み…

 

計器画面では、このように表示されます。

 

回転体を縦に回転させると、今度は回転体は縦方向で安定するので、その周りを飛行機が回ることによって、

飛行機の機首が向いている方角を知ることができます。

 

それを使った計器がこちら…

 

それらを含めた計器がたくさん並んだセスナで、ほとんどの将来のパイロットたちは、飛行訓練を受けます。写真はセスナC−172(4人乗り)のコックピット。

いくつかある計器の中に、紹介した2つの計器が並んでいるのが見えます。

 

ただこの古くからあるジャイロ計器は、空気を送り込むポンプの故障が多いのが難点でした。

雲の中を飛んでいて、これらの計器類が故障すると命取りになりかねないので、最近では光ファイバーを使ったジャイロ計器などによって、置き換えられるようになりました…

 

こんな小さなチップ一つで、様々な計算を行うことによって、飛行機の姿勢や方角などを算出しているらしいです。

裕坊が乗っていた機体は、チップを置き換えたのかどうかまでは分かりませんが、次の出発便はほぼ定刻で出発しておりました。

 

裕坊たちは、飛行機を乗り換えた上で、フロリダ州のジャクソンビルまでやってきて、

その日の担当を終了…

 

朝はプールを見ながら、起き上がり…

 

日光が上からたっぷりと入る、気持ちがいいターミナルから、

 

デトロイトまで、お客さんとして帰ってまいりました…

 

帰宅の途…

裕坊は、火曜日に1日お休みをいただき、再び水曜日から元々入っている4日間のフライトへと出発します。

 

 

ところで、成田空港では、台風による影響で交通機関が軒並み止まって、1万5千名の方が、成田空港にて一夜を明かしたと聞きました。まだ千葉県内では5万7千軒、東京電力の圏内で61万軒が停電が続いているとの報道もあります。少しでも早い復旧を願っています。