yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 8/15

皆さんこんにちは、リージョナル航空パイロット、裕坊です。

日本で有給休暇の前半を1週間過ごし、後半をハワイで過ごして、先週末にデトロイト近郊の自宅へと帰宅。さらに数日の骨休めを経て、昨日水曜日から4日間のフライトへと出発しました。まだ頭はバケーションモードのまま、なかなかスッキリとはフライトに戻れず……頭の中で、有給中の思い出が、頭をグルグルと駆け巡り……

 

初めて訪れた山梨県甲府市では、信玄さんを拝んだり、代表的な甲府の郷土料理である「ほうとう」に舌鼓を打ってみたり……

 

帰途で訪れたハワイでは、こちらもお約束のコナコーヒーをいただいたり、

 

アサイボールに、

 

マカデミアナッツのパンケーキ…

 

初めて訪れたハワイ島では、火山を感じてみたり、

 

滅多に観光客が訪れることがないオアフ島西海岸では、綺麗な夕焼けの景色を拝んだり…

今年も本当にいい夏休みを過ごしました。

 

次の休みまで、また仕事を頑張らんといかんな〜〜…

 

で、次の休みは、いつになるんやろ…………

 

切り替えがなかなかできない裕坊。そんな思いをなかなか断ち切れないまま、4日間のフライトへと復帰…

 

 

この時期は入道雲があちこちに上がっては行く手を塞ぎ、主要基幹空港へと入るフライトが影響を受けるのですが、幸いお天気はほぼ影響なし…それはよかったのですが……

 

いきなり…………

写真右下にある赤い札が、クセモノ……これは、故障が発生したことを引き継ぎのクルーに伝える印。

ニューヨーク州のある都市から飛んできていたクルーによると、どうやらエアコンの調子が今一つだったらしいです……

 

飛行機のエアコンは、エンジンから取り込んだ吸気の一部を使って、

温度を調節した上で、機内へと送る仕組み。ジェット旅客機の巡航高度は、だいたい1万1千メートル。高高度まで上がると、外の気圧は相当下がりますから、機内と外の気圧が一致してしまうと、よほど肺を鍛えていないと、一般人では到底耐えられません。ですから、大抵25度前後に温度調整された空気を、機内へと送り込み、客室内の気圧も調整することによって、健常な方であれば問題なく耐えられる気圧を保っておきます。

 

これを『与圧装置』と呼び、巡航高度3万7千フィート(およそ1万1千メートル)まで上昇した場合、機内の気圧は、大抵の旅客機では、富士山の7合目とほぼ同等の気圧に調整されます。2つある「与圧装置」のうちの1つが、裕坊が担当する機体で、今一つ調子がよくなかったらしく……

 

しばらく整備員が点検……

 

修理までするには至らず、調子が悪かった方の「与圧装置」を故障品登録(MEL)した上で、 それを示すシールを、「与圧装置」のスイッチの横に貼り付けた上で、出発しました。

それでも、時間にすると1時間30分の遅れ…

 

こちらが復帰戦1便目の目的地だった、カナダのモントリオール

天気がよかったのは、幸い…

 

最終目的地は、トヨタの北米最大の工場「TMMK」があることでも知られる、ケンタッキー州レキシントン

ここの空港のすぐ目の前には、ケンタッキーダービーの前哨戦となる「ブルーグラスステークス」が開催される「キーン競馬場」や、至る所に競走馬飼育で知られる牧場が、数多く並んでいることでも知られています。空港周辺の芝の色は、本当に青々。

 

それに因むように、この空港のニックネームは、そのまま「ブルーグラス空港」とつけられました…

 

こちらは、昨夜宿泊のホテル。

到着したのは、実は夜中過ぎの12時半……

 

クラシックな内外装で知られる、観光客にも人気のホテルなのですが、実をいうと今改装の真っ最中……

 

他のリージョナル航空会社のクルーとともに、ホテルまでやってきましたが……

部屋に着くまで、民族大移動で、全員自分のカバンを引きずるように、自らの手でカバンを持ち上げて階段を上り下り……

 

障害物競争やないんやから……

 

部屋の中は、オシャレに飾られていますので、

部屋の中に入ると、やっとホッと一息……

 

なんだかんだで、復帰初日3便を、無事こなし切りました…

 

 

既に今日木曜日も3便をこなし切って2日目を終え、明日も初日、2日目同様、3便を担当です。