yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/16

皆さんこんにちは、航空会社サラリーマン、裕坊です。

 

一昨日金曜日に4日間のフライトから帰宅して、既に次のフライトへと出かける裕坊。

なんか亡き父親の姿、そのまんま……

 

父親は、薬屋一家の血筋に生まれ育っていていながら、某国立大の工学部に入り、大学在籍中は授業にほとんど出席することなくテニスに明け暮れ、試験の時には教室の場所さえ知らなったそうな……………

 

ただ本人曰く、数学の才能にはかなり長けていたのか、テスト問題の勉強ではいつも教える側に立っていたらしい………

真相のほどは、本人のみぞ知る…………

 

その父親、卒業後は当時飛ぶ鳥を落とす勢いがあった電機メーカーで、開発部に所属しておりました。当時、画期的なテレビ画像の質向上に貢献した『トリニトロン』の開発部にいたことは、生涯に渡って自身の思い出になっていたようです。

 

けれどもその電機メーカーを、その後退社。結局本来自分では縁がなかったはずの薬屋家業を、引き継ぐ役目を請け負っておりました……

家族の中では、かなりの異端児的存在………

 

薬学部を卒業しておりませんでしたから、薬剤師になることもありませんでしたが…

 

父親は経理関係を引き受け、脂が乗り切った50代では、年中1日たりとて休みを取らない、「必殺仕事人」…………

そんなわけで、裕坊は父親の姿を見たのは、いつも朝夕のほんのちょっとの時間だけ………

 

裕坊は周りのススメもあり、親戚がほとんど薬剤師をやっていたこともあって、何の疑いもなく薬剤師にはなったものの……………

実は薬学部においては、かなりの苦学生………

成績は父親とは似ても似つかず、到底成績優秀からは程遠く、追試に次ぐ追試を受けまくって、留年を逃れて卒業するのがやっと……………

薬剤師の免許を取得しながら、しばらくは某製薬会社で営業として勤めること、ほぼ5年……

 

九州は福岡に長くいたのですが、市の中心部からあまり遠くない福岡・板付空港の近くを通ることも少なくなく、

何度も近くを通っては離着陸する旅客機の姿を眺め………

 

一大決心をして全く違う職種へと転職し、製薬会社を退社して、紆余曲折を経ながらこんな所まで来てしまった………

気づいてみれば、想像すらしていなかったアメリカでのマイホーム……

 

でも父親の、休まず働く所は脈々と受け継がれているのか、連邦航空法ギリギリのところで30時間の休息を取った後は、すぐに次の5日間のフライトへと出発…………

薬屋一家の中における異端児ぶりも、父親譲り…………

 

昨日土曜日は、束の間の休日でしたが、家族とともにお出かけ。

 

まずはスーパーへと立ち寄ります。 7月4日はこちらアメリカ合衆国独立記念日

アメリカの国旗を模ったグッズが、この時期はとても豊富。

 

そしてアメリカの独立記念日の風物詩といえば、花火。

敷地が広いアメリカ、特に中西部において人気なのは、やっぱり打ち上げ花火で、こちらで売っている花火といえば、打ち上げ式がほとんど…

 

食料品は、昨日はこちらで買い足しました。

 

アメリカのスーパーの特徴といえば、生鮮コーナーの見た目の鮮やかさ。

 

野菜や果物を重ねるように陳列して、見た目の豪華さを演出するのがアメリカ流…

 

そしてお買い物の後は、お友達家族のお誘いで、焼肉屋へとお食事にお出かけ……

こちらには、韓国式のバーベキューのお店が日本に負けないくらいの数が点在しているのですが、 今日やってきたのは、デトロイトからだとおよそ30キロほど北西にあるサウスフィールドと呼ばれる町のちょっと外れにある、ディーバックと呼ばれるレストラン。

ジンジという、小さなバーも横にある複合のお店。

 

こちらがバーベキュー、焼肉が食べられるレストランの入り口。

 

日本でも増えてきた煙吸い取り用の大きな吸気口も、テーブルの上に伸びています。

 

こちらの韓国系レストランは、かなりの前菜が焼肉とともに出されます。

 

裕坊は、バブル経済後期に製薬会社入社だったこともあって、製薬会社の所属部署では後輩が結局退社の年まで入ることがなく………

焼肉の調理は、裕坊の専門でした……

 

もうお腹いっぱい……………

 

お隣はカフェ。

 

ベーカリーもある、落ち着けるカフェコーナーです。

 

ここでのお目当ては、氷のキメがとても細かいかき氷。

 

オススメのベリーたっぷりのかき氷を、練乳付きでいただきました。

 

もうさすがに、何も入らん………

 

そして昨夜の裕坊一家のオチはというと……………

 

どんだけ〜〜………………

そういえば、かつて福留功男さんが、かつてやっていた「アメリカ横断ウルトラクイズ」という番組で、貨物列車が横を通過中に問題を出して、通過中に正解できた人だけ次のステージへと進めるシーンがあり……

その時のエピソードして、貨物列車が来るのにひたすら6時間ほど待っていたのだそうですが、ミシガン州でも貨物列車に遭遇するのは、ほとんど同じ確率……

 

それで貨物列車に遭遇する裕坊一家って一体………………

しかもこちらの貨物列車は長い上に、速度が遅い…………

 

我が家に着く頃には、愛妻ちゃんはあくびを大連発でした……………

 

 

裕坊、これから出勤です…