yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 4/21

皆さんこんにちは、航空会社サラリーマン、裕坊です。

リージョナル航空会社で、操縦席担当を務める裕坊。アメリカの航空会社は、例外のない弱肉強食の世界。勤続年数がとにかくモノをいいます。というより、それが全て……

 

金属年数が長い順に、自ら希望するスケジュールだけでなく、機種から所属する空港までを選択する仕組み…

やっと自分の理想に近いスケジュールが選択できるようになり、スタンバイシフトであれば、週末にもお休みを取れるようになりました……

 

今週末は本来であれば、スタンバイシフトが入るはずだったのですが、運よく結果的に週末3日間ともお休みなり、家族とともに休日を過ごします。

 

やっとお父さんになれた……

 

 

こんなお天気が続いていたミシガン州でしたが、ようやく本格的な春が訪れ……

 

今朝は朝から気持ちのいい快晴のお天気。

 

我が家の芝生くんたちも、元気に青々とした芽を伸ばしつつあります…

 

裏庭の芝生くんたちも、すっかりと息を吹き返して…


いよいよ来週辺りには、こちらも再登場……

我が家の芝刈り機くん……

 

充電池を使う電気式なので、バッテリーの充電もそろそろせんといかん……

 

今日は本当に絶好のお天気…


まさにドライブ日和、ピクニック日和なのですが…………………

 

今週末同じように3日間のお休みをもらっていた息子くん、宿題もそれに合わせた量が出ていたようで、宿題を片付けるのに必死…………

 

というわけで、親はひたすら辛抱…………

そして午後になってお出かけしたまでは、よかったのですが………

 

今日はイースターキリスト教でいうところの、『復活祭』……

十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが、3日後に復活したことを記念するお祭り。イースターでよく見かける卵とは、「見た目には動かないが、新しい命が育まれている」ことから、死と復活を象徴しているという意味だそうです。

 

元々は十字架上で流されたイエス・キリストの血、さらには血は生命を表すことから、復活の喜びを示すということで、赤く塗られた卵が、基本的な装飾なのだとか……

復活祭の前には40日間の『大斎(四旬節)』というのがあり、肉、乳製品、卵なども制限されるようになるそうなのですが、復活祭の日になってこれらの動物性食品が解禁されるようになり、『正餐』のテーブルに並ぶそうです。

キリスト教内では、クリスマス以上に重要な祭日とされるイースター………

 

 

でも、そこまでお店も一緒になって休むことになるとは、知らなんだ……………

 

 

実は今日も買い物の用事があり、息子くんの宿題が終わるのを待ってお出かけしていたのですが、かなりの数のお店が今日は休業………

スポーツ用品に用があったんやけどな〜…………

 

他にもアメリカでメジャーな日用品のお店や、スーパーも一部ではお休み…………

 

しっかりと、「イースターの日曜日で、今日はお休みしま〜す」の張り紙が張られておりました……

ただ同じイースターでも、教派によって実際のお休みは違うそうです。今年は「西方教会」では、本日4月21日でしたが、「東方教会」では来週日曜日の4月28日。

元々が旧暦(太陰暦)によって定められていたため、太陽暦ではズレが生じ、さらには西方教会ではグレゴリオ暦を早くから採用(16世紀以降)したため、教派の違いによるズレを生んでいる、ということらしいです……

 

よく分からん………

 

 

で、結局今日はほんのちょっとドライブをしただけで、すぐ我が家へと引き返すことになりました……

 

いよいよ暖かくなってきて、リンゴの木にも、葉がつき始め……

このままお天気が続くようなら、来週の今頃には、リンゴの花がほぼ満開…

リンゴの花は、ミシガン州の州花。

 

我が家にはちょっと小さめの桜の木もあるのですが……

 

とっても小さな蕾をつけ始めているので……

 

こんな花を咲かせてくれないかな〜………

数年前までは、実際にこんな綺麗なお花を咲かせてくれていました。

 

ちょっと葉の付き具合が去年は少なかったのが心配……

 

 

裕坊は明日の夕方6時から、再びリザーブシフトで、実質のリザーブシフトは今月残り2日です。