yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 4/11

皆さんこんにちは、リージョナル航空飛び職人、裕坊です。

5ヶ月連続で、スタンバイシフトをこなしている裕坊。本来なら先週木曜日4月4日から今日4月11日まで、8日連続の『リザーブ』が入っていたのですが、7日間の間にどこかで30時間連続する休養を取らなければならない、という連邦航空法の規定があり、

乗務員管理課は今日と明日4月11日と4月12日に、休日を充てがってきましたので………

 

仕事がないかと、会社のホームページを検索していると………

 

見つけた〜〜〜……………………

そんな訳で、今日から休日を返上して、2日間のフライトへと出発したのですが………

 

実を言うと、明日のフライトは、季節外れのブリザードに見舞われているというミネアポリスまで……………

 

ミネアポリスのほんのすぐ近くまで、ブリザード警報が出とるやん………………………

 

 

ということは、今頃ミネアポリスはこんな感じに…………

 

 

明日どうなるんやろ…………………???

 

 

まー、明日のことはまた明日考えよう…………………

 

 

どうにかなるやろ……………………………

 

 

 

 

今日担当したのは2便。デトロイト空港は、デルタ航空の系列の航空会社が使っているターミナル(マクナマラ・ターミナル)は、AコンコースとB/Cコンコースとに分かれているのですが、

 

B/Cコンコースへと抜けるには、トンネルをくぐらないといけないので、

デルタ航空でも最近では乗客の皆さんの利便性を考慮して、なるべくAコンコースに多くフライトを集めるようにはしているようなのですが………

 

今日は整備上がりの機体に乗っての担当ということもあり、我がリージョナル航空会社の整備課がある、Cターミナルからの出発となりました………

 

一旦セキュリティーを通って、ターミナルへと入ると、

 

Aターミナル内を走る電車が動いているのが見えます。

 

 

もう整備点検も確か終わって、供用も再開になってたはずだったよな…………………

 

 

あれ…………………………


 

まだ終わってなかったのね……………………………………

 

システムのトラブルとかじゃないよな〜…………………

 

デルタ航空にて、デトロイト空港からご出発の皆さま、Aコンコースの一桁台のゲート、もしくは70番台からのご出発の場合、早めにセキュリティーは通っておいた方がよさそうです……

 

デトロイト空港マクナマラターミナルのウリの一つでもある、噴水の横を通り過ぎると……

 

B/Cコンコースへと抜けるトンネルへと向かう、エスカレーターも見えてきますので、

 

それを降りると、色とりどりの色で華やかな照明がなされているトンネルをくぐります。

 

そしてこちらが、B/Cターミナル側にあるエスカレーター。

一番右側にあるエスカレーターは、C1からC7へと向かうエスカレーター………

 

それに間違って乗ってしまうと、ここで降りる羽目にはなりますが……

さらに奥にあるエスカレーターで、通常のゲート階へと戻れますので、パニックになる必要はありません……

 

エスカレーターを上がると、正面には街中でもよく見かけるサンドイッチ屋さん………

 

左側へと行くとBコンコースで、逆方向へと行くと、Cコンコース。今日はCコンコースの端にあるC27が出発ゲート。

かつてリージョナルジェット機、或いはプロペラ機の類まで全て例外なく、リージョナル航空会社のフライトは、ここB/Cコンコースからの出発でしたので、

ノースウエスト航空デルタ航空との合併をするまでは、こちらB/Cターミナルは、それはそれは大変賑わっておりました……

 

今でもフライトが出発する前は、ゲート付近も混雑しますが、

 

発着便数がめっきりと少なくなり、往来がない間はゲート付近はひっそり………

デトロイト空港も、こちらはちょっと静かになりました……

 

早朝便を担当してよく並んだコーヒー屋さん。

朝7時ごろデトロイトへと帰ってくる便を担当すると、コーヒー一杯買うのに、10分ほど並んだことも一度や二度ではありませんでしたが、こちらも今はちょっと静か……

 

かつてハンバーガー屋さんがあったところに、新しくできていたのが、サブウェイ。サンドイッチ文化が根付いているアメリカでは、人気のファーストフードの一つ。

 

そして出発ゲート、C27に到着。

Cコンコースの一番北側になります。

 

かつてはCコンコースといえば、40番台まであり、

一番奥まで行くと、そこは地上階からの搭乗でした。

 

今はこちらは閉鎖になって、関係者だけが入れるようになっています。


こちらB/Cターミナルののウリは、何といっても全長4,000メートルを誇る、デトロイト・メトロポリタン空港の最長の滑走路がすぐ目の前にあること。

 

時間に余裕があって、飛行機の離着陸を見るには、とても最高のロケーション。出発前に最新のエアバスA350に離陸が見るチャンスもあるかも知れません。

 

ちなみに、裕坊が写真を撮った時には、今デルタ航空のチケットで乗れる、最小の飛行機CRJが離陸しておりました………

 

今日はそのあと、クリーブランドを経由して、

 

コネチカット州ハートフォードへと到着して、業務終了……

 

そして明日はいよいよ……………

リザード警報が近くまで出ていたミネアポリスまで………

 

 

明日帰れるといいけどな〜……………………

 

 

また明日のことは、明日になって考えよう……………

 

 

裕坊