yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 3/30

皆さんこんにちは、リージョナル航空会社社員、裕坊です。

一昨日に5日間のフライトを始めて、今日は3日目。怒涛の2日間を終えて、今日は中休み。テキサス州サンアントニオで、連続30時間、2夜連続の宿泊で、今回はダウンタウン近くのホテルに滞在。テキサス州でも2番目の観光地で知られるサンアントニオを散策してきました。

 

サンアントニオといえば、『アメリカのベニス』とも呼ばれるリバーウォークが何といっても目玉。幸いホテルのすぐ横から、リバーウォークへと降りられるので、そこからお散歩……

 

元々の開発の契機になったのは、実は1921年に起こったという大洪水だったらしく、

 

市内に甚大な被害をもたらしたために、サンアントニオ市議会はこれを機に、

 

治水、灌漑の整備を推進した、ということらしいです。こちらがリバーウォーク全体の案内版……

但しこの地図だと、右側が北を指しているので、ちょっと見づらいかも……

 

ここサンアントニオには、他にも見どころがあるので、ちょっとリバーウォークを離れて、上へと登ってみました。

 

上へと上がると、ダウンタウンを見学できる、ロンドンバスを思い起こさせるような2階建てバスも………

ほんの少し歩いて行くと、白い建物が目の前に……

 

アラモの闘いの拠点ともなった、アラモの砦。

元々は地元民をキリスト教に改宗させる為に、1718年にスペイン神父によって建立された修道院だったらしいです。1724年のハリケーンで、現在の位置に移転。

 

やがて修道院としての役目を終えた、アラモ。

 

メキシコのスペインからの独立後、テキサスにおけるメキシコの独裁政治に対して、テキサスの自治権を求める機運が高まるようになり、テキサスは義勇軍を結成。1835年12月にメキシコ軍を破り、アラモを奪って、そこを拠点にしたそうです。

その戦果を聞いたサンタ・アンナは怒り狂い、メキシコは4,000人からなる大軍をサンアントニオに送り込んだそうです。そこから始まったのが13日間に渡るアラモの闘い。

 

189人からなる義勇軍は、完全劣勢を強いられながらも、大善戦。

最後は敗れてしまったものの、メキシコ軍は甚大な被害を被ったそうです。その後、予想以上のダメージを受けたメキシコ軍は、アラモの闘いから46日後、ヒューストン将軍率いるテキサス軍に壊滅させられ、これによりテキサスは独立、「テキサス共和国」が誕生することになりました。(その9年後には、テキサス共和国アメリカ合衆国に併合)

この分厚い壁が、その当時の激しい闘いを思い起こさせます。

 

こちらはクロケットホテル。アラモの闘いで命をかけた、189人の志願兵のうちの1人、元テネシー州下院議員「デイビッド・クロケット」に因んでいます。

 

そのすぐ先には、クラシックな装いのメンガーホテル。

 

昨夜、裕坊が乗っていたシャトルバスの目の前を通り過ぎた、シンデレラ馬車の姿もありました。

再びリバーウォークへと入り、

 

ダウンタウンの南東の端にある、タワーもちょこっと眺めたりして、

 

今度は一路、西を目指してみました……

 

ガイドブックなどにもよく載っている、目抜き通り。

こちらは、いくつかに分かれている水路の交差点。

 

そこをひたすら西へ西へと歩いて行くと……

 

こちらがほぼ西の水路の終点……

 

ゆったりの雰囲気のカフェの横を通り過ぎて、

 

通りを歩いて行くと…………

なんか、空の色と同化して見える………

 

ウケを狙っているのかも知れん…………

 

さらにダウンタウンを西の端まで歩いて行くと、そこにあるのは………

 

メキシカンマーケット…

名前はマーケットスクエア…スペイン語では「エル・メルカド」というそうです。

 

実はテキサス州内の、最大規模のメキシカンマーケットなんだそうです。

リバーウォークやアラモの砦では、ほとんど英語しか聞こえてこなかったのに、ここはまさにメキシカン………

 

聞こえてくるのは、ほとんどスペイン語…………

 

同じ町の中とは思えないくらいの変わりよう……

 

タコスなどの露店なども、出ておりました。


こちらが、「エルメルカド

 

中へと入ってみると………

メキシコやわ〜〜……………

 

さらに西へと歩いて行くと……

 

また別のマーケット。こちらは「マーケット・プラザ・ショップス」となっておりました。

 

こちらもお土産屋さんがいっぱい……

 

アメリカの中では、比較的歴史も長いサンアントニオとあって、古い教会などもあります。

 

こちらは裁判所。この建物にも、趣があります……

 

そしてまたしても戻ってきた、リバーウォーク……

 

そのあとはひたすら、水の奏でる景色を、存分に楽しみました。

 

1929年に着工したというこのリバーウォーク………

 

一帯には商店も建てられ、新たな中心街になっていたらしいのですが、

 

モータリゼーションによる市内の空洞化が一時は顕著になって、

 

しばらくはゴーストタウンになり、浮浪者の溜まり場になっていた時期も、あったんだそうです。

 

事態を重く見た市は、1963年に再開発のマスタープラン、『川の遊歩道(パセル・デル・リオ)』計画を打ち立て、再生に取り組んだのだとか……

 

1968年には「サンアントニオ国際博覧会」も開催されて成功。

 

全米からの関心を集めるようになり、その後はレストラン、コンベンションセンター、劇場、ショッピングモールなどが相次いで建設されて、文化的拠点にもなったらしいです。

 

このリバーウォークの中でも目抜き通りといえば……

 

この地図でいうと、ちょうど3つの水路が合流する地点から、北へと上った通り。

 

数多くのレストランが点在し、川の流れを楽しみながら、ゆったり気分でお食事をすることも可能。

 

中にはメキシカンミュージックを聞かせてくれるサービスがあるところも……

 

ゆったりとした流れの中で、ゆったり気分で川下りなどもできます。

 

船の色も、色とりどり……

 

その船が行き交う姿を目に焼き付けながら……

 

再びホテルまで、戻ってきました……

 

本当は夜のリバーウォークの写真も収めたかったのですが、明日はまた3時起きですので、またそれは次回………

 

明日はミネアポリス経由で、こちらも川がある町、オハイオ州シンシナティを目指します。