yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 3/2

皆さんこんにちは、リージョナル航空勤め人、裕坊です。

合計6日間のフライトへ昨日から出ている裕坊、今日は2日目で、アトランタへ移動。本当に移動しただけです。操縦席には座っていません……

 

拘束時間こそ4時間ほどあったものの、実働はゼロ…………

もちろんこんな座席に座ることはありませんが、気分はゆったり…………

 

今日の目的地であるアトランタは、年間旅客数が世界最大、2015年にはとうとう年間利用者数が10億人を超えることになりました。

今日は土曜日で、運航便数もやや少なくなるので、いつもに比べると空港も落ち着いてはいましたが、

 

フードコートまで来てみると、やっぱりかなりの賑わい……

 

到着していたAコンコースのフードコートの中から、

 

今日はこんなハンバーガー屋さんを選んでみました……

 

こちらがメニュー表。

 

選んでみたのは、パイナップルのスライスがそのまま一枚入った、ハワイアンバーガー。

こちらのハンバーガー専門店は、その場でパティーを作って焼いてくれるので、香ばしさがあります。

 

夕飯をいただいて、シャトル乗り場へと直行。

 

まだ外が明るいうちに、ホテルにも着いていました。

本当に今日は移動だけ………

 

窓からこんな景色も見えます。

枯れた芝生が延々と続くのが見えるのが、南部の特徴………外は気温もほとんど20度まで上がって、ポカポカ陽気でした。

 

今日はニューヨーク州の州都のアルバニーを、お昼過ぎに出発。ダウンタウンに行くと、ドーム型の建物も………

ニューヨークと聞くと、ほとんどの人の頭に思い浮かぶのは、マンハッタン島にあるニューヨーク市。そのニューヨーク市が州都だと思っている方も少なくないようで………でも実際にはマンハッタン島は、ニューヨーク州全体で見ると、南東の端に位置する両側を川で挟まれた、細長く小さな島……………でもまぁ、アルバニーのような小さな町が州都とは、普通は想像できんわな〜…………

 

実際州都でありながら、ダウンタウンにも特に見どころがなかったアルバニー………アメリカ随一の財閥であるロックフェラー家が、さすがに見かねて卵型の建築を建てたということらしいです。その建物の形状から、あだ名はそのまま『エッグ』……

そのアルバニーには、昨夜は機材の到着が1時間ほど遅れたせいもあり、到着が深夜を過ぎることになりました。

裕坊が担当した便以外に到着便はあるはずもなく、到着口へとお客さんが向かった後のターミナルは、ガラガラ………

 

急いでシャトル乗り場へと向かい………

 

ホテルへ到着…

 

入ってみると、なんかいつもと雰囲気が違う……

 

ロビーを通り過ぎて、お土産屋さんの横を歩きます……

 

なんか入口がある………………

 

ナニこれ???………………

 

ひょっとして、ユニバーサルスタジオにでも、ワープ移動したのか??…………

 

ここは「ホグワーツ魔法魔術学校」なのか???……………

 

この先、「アルバス・ダンブルドア先生」が出てきそう……………

 

ひょっとすると、「ミネルバ・マクゴナガル先生」がこの部屋にいるかも知れん………………

ちなみに、「King Street」とあるこちらのお部屋、会議室のようです。

 

「シェーマス・フィネガン」辺りが、その辺の窓から手を振るかも知れん……………

 

「ルーナー・ラブグッド」が住んでそう…………

 

この先を歩いて行くと、「チョウ・チャン」に会えるかな??…………

 

夜遅く到着したこともあって、まさに異次元の世界に来た気分………

魔法の杖を手に取って、「ソノーラス」と呪文を唱えると、建物全体に歌声が聞こえてきそうな雰囲気がありました。

 

そのホテルを、今日はお昼過ぎに出発します。

 

エレベーターを降りて、

 

昨日やってきた通路を、そのまま反対へ引き返します。

 

ユニバーサルスタジオに来たかのような錯覚を覚えるホテル。

 

全てホテル内の施設。

 

ハリー・ポッター」の世界を思わせる雰囲気。

 

アルバニー空港から、車で5分ほどの至近距離にある、こちらのホテルの名前は…………

 

『Desmond Hotel Albany』

アルバニー、もしくは周辺に用事がある場合は、是非こちらに宿泊してみてはいかがでしょう。ちょっと変わった体験ができること、請け合いです。

 

裕坊は、明日からアトランタを基点とした4日間のフライトに出発します。