yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 3/1

皆さんこんにちは、リージョナルジェット機の操縦桿管理者、裕坊です。

今日から裕坊は6日連続のフライトへ出発。久しぶりのまとまった期間のフライトが入ることに。

アメリカのリージョナル航空会社では、大抵3日分、4日分のフライトが1回当たりのスケジュールとしてまとめられ、各パイロットの希望(特に希望する休日)に見合うように、それが割り当てられる仕組み。

 

社歴が長ければ長いほど、自分の希望が通りやすくなるのが、アメリカ流。

社歴が一番長いパイロットにもなると、2週間ほど連続でお休みになることは、アメリカの航空業界ではザラなのです。

 

組まれたフライトは、ほとんど月末には割り当てが決まるのですが、時として機長や副操縦士が決まらないフライトが残ることも。これを業界用語で『オープンタイム』と呼び、それをフライトクルーが自らの休日に組み込むと、ほぼ例外なくどこの航空会社でも、飛んだ時間分が通常のお給料に上乗せになります。

 

今月末は息子くんが9月からお世話になる高校の入学手続きやら、人気ロックバンド『One OK Rock』のライブコンサートへ家族たちの『送迎』をしたりと、忙しく先月の月末を過ごして用事をこなしきった裕坊……

これからしばらくは用事がないので、休日を利用してフライトを組み込まない手はない……

 

考えてみると、昨年末からハワイ旅行に、ミュージカルに、ロックコンサートに、と忙しく遊びまわり、家の屋根の素材の張り換えに、さらにはひょっとすると車の買い換えもあるかも………………

出費が続く時は、とことん続きます…………

仕事ができる時は、頑張って稼いどかんといかん……………

 

ということで、休日返上で、久しぶりにまとめてフライトを担当することになりました。

ただ今日は夜遅いフライトを1便だけ担当。この時間帯に空港へ向かう従業員の姿はまばら。従業員送迎シャトルも、この時間はスカスカ。

フライトはちなみに、1時間遅れての出発と相成りました…………

今日はニューヨーク州の州都であるアルバニーまで。

そして明日はアトランタへの移動だけ………日曜日から、4日間まとまったフライトを担当します。

 

ところで、先日『One OK Rock』のコンサートが開催されたコンサート会場のセント・アンドリュース・ホールなのですが………

ワガママを言うようですが、前列側にもトイレがあるといいんやけどな〜〜…………

 

5時間以上トイレなしでガマンは、膀胱が世界最小サイズの裕坊にはあり得ないです………

先日も3時間からなる2つの前座で、我がグループからの離脱を余儀なくされた裕坊……………

 

このままだと、来年もしリベンジをトライしても、恐らく跳ね返されることになるでしょう………………

 

大人用オムツでも履いていくか……………

 

 

今日は1日家でゆったりと過ごした上で、夕方に夕食を済ませた上でやってきたのですが、今日も大きなニュースがいくつかありましたね。

 

もちろん一番の注目は、ベトナムハノイで行われていた米朝会談でしたが、

 

結果は破談………

ただこの結果は、裕坊的にはかなり予想通り……

 

これまでの北朝鮮の経歴からして、かなりの方が予想されていたのではないのか、と思います。今まで散々期待しては、裏切られ続けてきた北朝鮮。その国家主席を相手に、トランプ氏は、完全核放棄がなされるまでは、経済制裁の一部解除もなしの強い姿勢をはっきりと示しました。

 

虎視眈々と一部経済制裁解除を目論んでいた金正恩氏は、アテが外れたことでしょう。

裏ではこれまで通りロシアや中国の支援もあるでしょうが、今までのようには大々的な援助はしにくい状況が続きます。四方を完全に塞がれた北朝鮮。これからの行方に注目ですね。

 

今までの歴代のアメリカ大統領でも成し遂げられなかった成果を上げている、トランプ大統領。その成果は、もっと評価されてもいいと思います。

 

 

そして裕坊的に目を惹かれたもう一つの話題は、メジャーリーグから。今オフの大物フリーエージェントブライス・ハーパー選手の契約締結が、とうとう決まりました。

昨年まで在籍したワシントン・ナショナルズと地区もリーグも同一となる、フィラデルフィア・フィリーズと13年総額3億3,000万ドルの契約だそうです。

 

確かにいい選手だけども、3億3,000万ドル、しかも13年契約………

 

調子の波の激しい選手なので、これだけの長期間でしかも3億超えの超大金、大丈夫なのか、とゲスを勘ぐってみると、やっぱりそうだったか……………

松坂大輔投手(現中日)が、西武からボストン・レッドソックスへポスティングによる移籍をした時に、日本でも一躍有名になりました。辣腕代理人、スコット・ボラス………

 

大リーグのチームからドラフト指名を受けた新人の契約でさえ、金額を釣り上げる抜け目のなさ……

 

ハーパー選手は肩の強さはハンパないので、その守備力を買われた上での契約だったのだ、と思っておくことにします。昨季までハーパー選手が在籍したナショナルズの本拠地、ポトマックナショナルズ・スタジアムでのブーイングは、さぞかし凄いことでしょう。

 

こりゃ、見ものやな………

 

 

明日は2日目。お昼過ぎの便で、自らは操縦席に座ることなく、アトランタまで移動します。