yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 2/28

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

裕坊が勤めるリージョナル航空会社の2月度の締めは、3月4日。3月3日からは、アトランタを基点とする4日間のフライトを自らスケジュールに組み込み、さらに明日も夜遅い便を一つスケジュールに加えましたので、書面上の休日は、今日が最後。

 

また来月から始まるスタンバイシフトに備えて、今日は裕坊のセダンくんのオイルを交換。

あまりに長いこと変えていなかったので、慌てて飛び込んでみると、オイル交換が終わった後に、係員が裕坊を呼びます。

係員: このセダン、エンジン自体の調子はワルないけど、エアコン周りはそろそろ調整した方がええやろな。見積もりだけは出しておいたから、まあ考えといてくれや……

 

そこで出してもらった見積もりを渡されて、裕坊、絶句………

もし、言われるがままに修理を全て施すとなると、合計金額2,780ドル也……

 

裕坊の車は16年落ち。既に15万マイルの走行距離も出ていますので、正直買い換え時といえば買い換え時。3,000ドル近くも出して、修理をするのもな〜………………

 

載せているエンジンが、アメリカ車では以前よく見られたオーバーヘッドバルブ式という、かなりの旧式。

 

軸となるクランクシャフトとタイミングチェーンで繋がるカムシャフト。そのカムシャフトからプッシュロッドと呼ばれる長いアームが伸び、吸排気を行うバルブの動きを司るロッカーアームと繋がっているのですが、

f:id:Yuichibow:20190301165422j:image

プッシュロッドが長いのが影響するせいか、少しカタカタという軽い振動があるのが特徴。ただトルクが大きく、回転数を上げなくても速度が乗りやすいという特徴があります。この乗り味はアメリカ車ならでは。裕坊はこのセダンをとても気に入っていたのですが、そろそろ買い換えを真剣に検討する時期かも知れません。

 

日本にいる時も、セダンを中心に乗り継いできた裕坊。最初に乗ったのは、街中で車高を落としているのをよく見かけた、トヨタ・クレスタ……


中古車屋で初めて買ったクレスタ。後輪駆動の特徴であるアンダーステアがかなり激しく、しかも超がつくほどのアンダーパワー。一般道の坂道をまともに登ることができず、坂道の多い山陽自動車道では、70キロを出すのが精一杯のシロモノでした……

オルタネーターが故障して、3年ほどで売却……

 

次に購入したのが、三菱ディアマンテ。

ランサー・レボリューションシリーズやパジェロなどが流行りに流行り、飛ぶ鳥を落とす勢いだった頃の、三菱のフラッグシップモデル。

 

製薬会社勤務時代に、営業車にも使える仕様ということで、2,000cc搭載モデルに乗っていましたので、若干パワーでは劣りました。ただフォルムの美しいセダンで、裕坊自身もかなり気に入っていました。渡米の際に、こちらは知人にほぼタダ同然で譲渡。

 

実際には自ら乗ることはありませんでしたが、裕坊が憧れていたのは、初代日産シーマ。

実際に販売された初代シーマのうち、8割がターボ仕様。かなりのドッカンパワー型のエンジンで、後輪がかなり沈んでいるシーマを街中で見かけたのを、昨日のことのように思い出します。

 

 

 

さて、今度買うのはどれにしよう…………

 

 

 

裕坊が今目をつけているのは、次の3つ。

 

一つはキャデラックのCTS

ボディの大きさは、今裕坊が乗っている3,800ccのエンジンの車と同等ながら、2,000ccのターボ仕様が標準エンジン。しかも4気筒………キャデラックで、ボディサイズがそこそこで、大人5人が余裕で乗れる大きさなのに、4気筒はないやろ………

この車を買うなら、6気筒3,600ccのエンジン搭載モデルを狙います。4輪駆動仕様があり、ミシガン州で販売されているのは、ほとんどが4輪駆動仕様なのが強み。

 

キャデラックのCTSは、裕坊の記憶に間違いがなければ、日本にも正規輸入があったと記憶しています。

 

同じ4輪駆動仕様があるセダンで、キャデラックより少し値段を落とすならば、クライスラー300シリーズ。

大きなグリルのフロントデザインが災いしたのか、中古車市場では今一つ不人気のモデル。中古車を狙うならば、小型セダンの予算で買えてしまうのが強み。

 

もしSUVにするのであれば、裕坊的には狙いは一本。ジープ・グランドチェロキー。

日本でもあちこちで見かけることができる、お馴染みのモデルです。

モデルによっては、車高を調節することもできるという本格派。少々高く積もった雪でも、難なく乗り越えることができる実力の持ち主です。

 

4輪駆動が大半を占めるSUVでは、ジープ・ラングラーも考えていたのですが、

こちらは残念ながら、愛妻ちゃんの鶴の一声で却下………

 

アメリカでは男性がよく好んで乗っている、大型ピックアップトラック

ただ裕坊が使うにはあまりにも大きすぎるので、こちらは自ら却下…………

 

愛妻ちゃんの乗っている車のローンは残り6ヶ月。前倒しでローンを払いきれば、買えなくはない……………

これからじっくりと調べた上で、3月末に始まる愛妻ちゃんの春休み辺りに、具体的に購入を検討してみます。

 

明日から、裕坊はデトロイトを離れること6日連続。明日は夜遅くにデトロイトを出発し、まずはニューヨーク州の州都、アルバニーに向かいます。