yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 1/21

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

先月に続いて、スタンバイシフトを選択した裕坊。今日は通算10日連続の『リザーブ』シフトのうちの7日目。3連休の最後の日とあって、何らかのフライトが入ってくるかとも思いましたが、結局電話がかかることはなし………

 

その3連休最後の今日は、1月第3月曜日。アメリカにおいては「マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの日」として国民の祝日に当たります。

インド独立の父ともなったマハトマ・ガンディーに啓蒙され、徹底した非暴力主義でありながら、アフリカ系アメリカ人公民権を求め続けた、公民権運動の立役者。『私には夢がある』との名ゼリフを残したことでも知られるキング牧師

 

元々アラバマ州モンゴメリーの教会の牧師であったマーティン・ルーサー・キングJr。ある事件がキング牧師の運命に変動をもたらすのですが、それが1955年12月に起きたローザ・パークス逮捕事件。

まだ黒人差別が当たり前だったその当時。黒人女性であるローザ・パークスがバス内で白人に座席を譲らなかったため逮捕されたのに抗議して、モンゴメリー・バス・ボイコット運動を計画します。

この事件をきっかけにキング牧師はその後公民権運動を牽引するようになり、1956年11月には連邦裁判所からバス車内人種分離法に対する違憲判決を勝ち取るなどの、目覚ましい活躍ぶりを発揮しました。1964年7月2日には公民権法の制定までも勝ち取り、同年ノーベル平和賞をも受賞。

 

まさにこの公民権運動のきっかけとなった、モンゴメリー市内を走っていた実物のバス。老朽化が激しかったのですが、現在はレストアされた状態で、デトロイトにあるヘンリー・フォード博物館に展示されています。

 

車の歴史や、鉄道の歴史のみならず、アメリカの歴史を知ることもできる、ヘンリー・フォード博物館。

 

ミシガンにお立ち寄りの際には、ぜひオススメの見どころの一つです。

今年は、そのキング牧師の生誕90周年。多くの学校では、その功績に敬意を評して学校はほとんどがお休みになります。

 

そんなわけで、息子くんは今日もお休みで朝寝坊……いや朝食だけは、両親に合わせて起きてきたのですが…………

まぁ、休日なのにちゃんと『午前中に』起きてきたことは、褒めてやろう………………

 

 

しかしその後………………

 

愛妻ちゃんはお出かけし………………

 

 

お目付け役がいなくなった我が家…………息子くんは、その後しばし熟睡………………………

 

今日の愛妻ちゃんは、勤め先である幼稚園自体はお休みだったのですが、勤め先は職員研修………どうやらCPRトレーニングと呼ばれる、心肺蘇生等の応急措置のトレーニング。

 

本人自身も実技をする本格的な訓練だったようで、しかも講師の先生の講義にも熱が入っていたのでしょう。退勤時間が2時間遅れる熱の入りようでした………

 

片や裕坊はといいますと……………………

月の前半はほぼ1週間連続で勤務が入り、今月はすごい勤務シフトになるか、と思いきや…………

 

この1週間はフライト、ゼロ……………

しかも前回の『30時間休養』から既に5日が経過して、乗務員管理課からは次の『30時間休養』が明日になることを告げられましたので……

 

またもフライトはなし……

 

今日のデトロイト地方。昨日に続いて、なかなかのお天気……

 

最高のお出かけ日和にもなり……

 

友人からお誘いもいただきましたので、午後になって息子くんを連れて、ちょっとお出かけ………

 

建物の中に様々な種類のトランポリンがあるというレクリエーション施設へとやってきました……

 

裕坊の住む家から北へ行くことおよそ30分。日本人の皆さんが多く住んでいる地域。スポーツ用品店なども充実しているスポーツが中心の小さなモール………

 

いざ建物の中へと入ってみると………

 

あちこち様々な種類のトランポリンが置いてあり、祝日パッケージの1日15ドルのチケットを購入すると、子供たちはずっと遊び放題………

ただエネルギーが余りある子供たちでも、3時間も遊ぶともう十分といった様子ではありました………

 

今日は自らはトランポリンで飛ぶことなく、ピザを食べたりレモネードを飲んだりして、結局体を動かすことがなかったのですが………

 

レクリエーション施設の前には、バーチャルゴルフができるところを発見……………

 

いいものを見つけてしまった…………………

 

明日は強制的に『30時間休養』を取ることを既に通知され……

残るリザーブは、今月あと2日です………