yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 12/1

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

いきなりオアフ島のハナウマ湾の写真を掲載してしまいましたが、だからといって裕坊が今ハワイにいる訳ではございません………決してそういう訳ではありません……………

 

実は………………

 

今年の師走はリザーブを選択……………

 

実を言いますと、愛妻ちゃんのご両親は以前から娘家族とハワイで合流してバケーションを楽しむのが夢……

何とか普段から何かとよくお世話になっている義両親の夢を叶えたかった裕坊。その夢を今年の年末にかけて実現するべく、選択したのがスタンバイシフトのスケジュールでした。

 

全て社内経歴年数順でスケジュールから有給から全てが決まるアメリカの航空業界。そんな中、ほんの少し社内での経歴年数が長い方になって、今年がそれを実現する最大のチャンス。

 

ただ担当便が確定している通常のスケジュールになると、クリスマスのお休みを確保するには危険すぎる……………

リザーブは通常のスケジュールに比べると休日日数が少なくなるので、大抵のクルーは敬遠するのです。ですからクリスマスや年末年始などの特別な日に休暇が欲しければ、リザーブと呼ばれるスタンバイシフトを選択するのが無難………

 

今月はひたすらリザーブ……今日はお休みでしたので、1日ゆったりとした気分で過ごせましたが、明日からは丸一日電話番…………

電話がかかってきたら、フライトに駆り出されるのが、リザーブの仕組み…………

 

救いは今月は長時間呼び出しパターンなので、空港へのショーアップが呼び出しから12時間とゆったりなこと……

今日は…………

 

束の間の1日のお休みでしたので、お買い物へと行ってきました。まずはデトロイト近郊にお住いの日本人の方なら、行ったことがない方は絶対にいないと断言できるスーパーへと……………………

 

お遣い……………………

 

お米を買ったり………

生鮮ものを買ったり………

 

お菓子類は行きがけの駄賃…………………………

 

裕坊は飲めない人なので、ここにはあまり寄ることはありませんが……

普段ならあるはずのパンが今日は……………

 

 

ない…………………………

 

 

精算をしたあと、急いで妻を拾って、こちらの地元のスーパーへと走ります。

こちらアメリカのスーパーでは店内あちこちがクリスマス仕様に飾られるようになり

クリスマスディナーには欠かせないシャンペン類が、山積みになります。

普段でもよく目にするお菓子も、この時期はクリスマス仕様に……

クリスマスツリー用のお飾りなども棚に並べられて……

サンタさんの絵柄が入ったマグカップなども棚に並ぶようになり……

日用品までがクリスマス仕様に………

店内にあるスターバックスでも、クリスマスの絵が入ったマグカップなどが売られるようになります……

さあ〜、明日からスケジュールはどうなるのやら………

 

最終的に1ヶ月のスケジュールがどうなったか、これは月が終わるまで分かりません……乗務員管理課ですら、まだどうなるか、誰にも予測がつきません……ひたすら疲労困憊のスケジュールにならないことを祈るのみ…………

 

ところで、先日ロンドンか発羽田行きを担当するはずだった日本航空副操縦士に、イギリスの裁判所において禁錮10カ月の実刑判決が言い渡されましたね。

この鶴丸の機体を背負う立場でありながら、

 

基準の9倍のアルコールが検出され、懲戒解雇となったようです。仕事のストレスが仮に報道にあるようにあったとしても、さすがにこれだけのアルコールが検出されるとなると、裕坊も肩の持ちようがありません……

 

機長昇格まで控えて、バラ色の生活も待っていたはずが、

結局しばらくはこの中での生活を強いられることに……

多くの人命を預かるという使命もさることながら、人として『飲酒運転』の起こしてきた悲惨な事故の数々の教訓を、肝に命じておくべきです。

 

 

それよりも裕坊にとって気掛かりなのは…………

 

この一件がもし日本で起こっていたとしたら、この一件は表沙汰になったのか……………

 

まさかこういうことはなかったとしても……

 

こうなっていた可能性は否定できません………

 

 

知れば知るほど驚かされるのが、日本でのアルコール検知の基準や手順の甘さ。今現在の手順ですと、ある特定の関門をくぐり抜けてしまいさえすれば、いくら飲んでいてもまず咎められることがない、本当に緩いもの……裕坊自身もまさかこれほど緩いものだとは、想像していませんでした。

 

日本のサービス業のおもてなしは、最近海外でもかなり持てはやされるようになりましたが、深く蔓延っている問題を先送りにしてしまうのが、日本の会社の悪い癖……サラリーマン時代にもそれを嫌というほど、裕坊自身も経験してきました……

日本を代表するフラッグキャリアである日本航空全日空だからこそ、ありとあらゆる点で日本の航空会社を率いてほしい……プライドをかなぐり捨てて、真剣に改革に取り組む時期でしょう。ぬるま湯体質を、今変えなければ、日本の大手航空会社には未来はありません。今こそ動く時です。

 

裕坊