yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 10/18

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日は4本の担当便が入っている裕坊。インディ500と呼ばれるカーレースで知られるインディアナポリスを出発して、最終目的地はバーモント州バーリントン。

 

 

それで……………………………………1番上の写真は………………………………

クリーブランドで撮りました……………………………

 

 

しかも空港内のレストランではありません。我がリージョナル航空会社が定宿にしているホテルの地下にあるレストラン…………………………

エレベーターで地下まで降りてくると、カウンターバーのあるレストランがあり、思った以上の人で賑わっていました。レストランの中にいた他のお客さん、既に今日の予定を終わってくつろいでいます………………

 

アメリカ人はバーに座って飲むのが本当に大好き……

 

中西部の家には地下がついた家が多く、温水器や集中暖房の暖房機などが地下に置かれることが多いのですが、そこに部屋を作ってバーを作るのが一般のアメリカ人の夢。

 

家を買った時は大抵こんな状態になっていて、

まずはこんな状態へと作り変えます。

人によっては寛げるリビングスペースへと作り変えたり、

浴室を一つ加えてみたりする人もいますが、

アメリカ人、特に男性が好むのがこれ。地下のバー。こちらでは地下をベイスメントと呼ぶのですが、ベイスメントバーを作るのは、飲むのが好きな人はほとんどの人が口にする彼らの夢の一つ。ここに各種のウィスキーやブランデーなどを並べるのが夢なのだとか…………

ですから、レストランでもカウンターバーがあると、迷わずそこへ座って飲むのですね…………今日もベイスメントバーを思い起こさせるバーで、たくさんの方が飲んでいました。

 

ちなみに我が家にも実は地下があるのですが………………我が家では全く何も施しておりません…………………

白い壁が剥き出しになったまま、温水器と暖房機だけが置かれています……………………

 

そんな落ち着いた佇まいのレストランで今日いただいたのは、ステーキサンドイッチ。本当ならサーロインステーキ辺りをガッツリといただいて、風邪のウイルスをやっつけたかったのですが、ここにはステーキそのもののメニューはなし………………………

ただ値段はリーズナブルで、お味の方もまずまずでした。

ニューヨークに着く頃には、11時過ぎ。レストランはおろか、きっと売店すら全部閉まっている。ということで、ここクリーブランドで夕食を済ませます……………………しかもホテルのレストランで……………………

 

 

で、何故クリーブランドなのか、というと……………

 

またもニューヨーク行き、遅延………………………

 

 

4本の担当便のうち、2便目(デトロイトからクリーブランド)と3便目(クリーブランドからニューヨーク・ラガーディア空港)の間に元々4時間20分の待機自体は入っていたのですが、3便目の目的地であるラガーディア空港行きが1時間ほど遅れることになり、2便目を降りたあと、そのままホテルへとやってきて、しばらく休憩。

 

航空業界では、大手、リージョナル航空会社を問わず、担当便の間の待機が4時間30分以上入る場合は、ホテルでの休憩ができる契約になっているところがほとんどなのですね。

今回もクリーブランドでの地上の待機が5時間を超えてしまいましたので、契約上の規定を受けて、ホテルでの休憩を取れることになった、というわけです。

 

一旦クリーブランド空港を後にし、

黒塗りのワゴンへと乗り込んで………

ホテルへと向かいます……………

もうこのまま今日は営業終了でええやん…………

日も暮れかけとるんやし……………

 

ニューヨークでは、少し突風が吹き荒れたような状態になっているようで、その煽りを受ける形となりました。これからニューヨーク・ラガーディア空港を目指し、そのあとバーモント州バーリントンへと向かう2本のフライトを担当。

今のところの予定で行くと、最終目的地であるバーリントン到着は………………………夜中の12時過ぎの12時半ごろの予定です……………………あー、このまま目の前にあるベッドで横になりたい……………………………

 

裕坊