yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 7/19

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日のデトロイト地方、朝からまたもまずまずのお天気。ロビンさんちの雛、もう雛とは呼べない大きさにまでなりました。

この巣の端に座っているの、生まれて2週間ほどの雛です。お腹に色が付いてきたらもう立派な大人のロビン。

我が家は住宅街の中にありながら、狭い裏庭が木に囲まれていて鷹や鷲などの大型鳥が入りにくく、蛇なども出ないため、天敵に襲われる心配がほとんどありません。そのせいか巣の中がかなり居心地いいようで、一昨日はバタバタさせていた飛ぶ練習をここ最近サボり中…………………………………

気温が今日も30度越えになってスプリンクラーをかけると、気持ちよさそうに家族で歌を歌っていました……

明日から裕坊は5日間飛んで、そのあともう1日という怒涛の6日間のフライトへと出発。でも夏休みまでもう少し………………………

定期便運航の航空会社は、貨物専用便の会社の場合ですと、週末やら年末年始のホリデーシーズンになると基本的に運航が止まり、パイロットもそれに応じて自動的にお休みとなりますが、旅客便運航の航空会社は1年365日稼働体制。我がリージョナル航空会社でも、早い便になると朝は5時台から遅い便だと深夜から夜中超え、となりますから、本社の運航管理課、本社整備課ともなると365日、24時間体制で稼働します。

それでも社員が全員365日お仕事を続けるわけではもちろんなく、日本でいうところの有給休暇を取得して、皆それぞれまとまった休みをいただきます。こちらではバケーションと呼ばれます。アメリカの航空会社の有給休暇の取得は基本的に一週間単位。それぞれ日曜日から土曜日の7日間を52週に分けて、入社日順に好きなところから有休をもらう仕組み。社歴が長ければ長いほど、好きなスケジュールをもらって好きな休暇をもらう、いわば弱肉強食の世界………………………

(ちなみにこの絵に書いてある英語を訳してみますと……………5年を費やし20万ドル、日本円にして約2000万円をかけてパイロットの免許を取得してもらっていたお給料、1年間で約1万7千ドル、日本円にしておよそ年間で170万円。以前のリージョナルといえば、本当にこの世界でした…………)

 

8月に少しまとまった有休をもらった裕坊、来月の有休を含めたスケジュールが確定して、日本行きの計画を立てます。思ったよりも早めに休暇が始まることになったので、しばらく会えなかった人にも会えるかも知れん…………………………

ということでちょっと今日はお買い物。お土産類などを買いにお店へと走ります。まずはスーツケースを新調。こんなお店に立ち寄って、

 

家具調度品やら

 

女性が喜びそうなカバンなども売っていますが、

 

今日立ち寄ったのはこちらのコーナー。

最近の流行りは日本もアメリカも4つコマがついた軽量タイプのプラスチック製のカバン。以前アメリカから旅行する場合は、布生地でできた重量も半端ないカバンでしたが、現在では日本でもよく見られるような4つコマ式がこちらでも中心になってきました。ただし4つコマの場合、転がり方が個体によってはかなりクセがあるので、それを一つ一つ確認するのは必須。ということで、結局落ち着いたのがこちら。

 

そのあとクルマを南へと走らせ、次のお店へと立ち寄り、こちらでお土産類を買い集めます。アメリカでは皆さんとてもよくお世話になっている、とてもポピュラーなお店、ターゲット。

 

食料もあれば、

 

電化製品などもあり、

 

お洋服も当然のように並んでいます。

 

今日はこんな感じのところを中心に、お土産類を買って精算。

 

我が家に帰ってきたのは5時ごろ。ロビンくんの巣立ちが気になって気になってユーチューブにハマりすぎました。こんな感じで巣立っていくんやね、とビデオにハマっているうちに、いつの間にかもうほぼ11時。ブログのアップがすっかり遅くなってしまった…………………………アイロンがけとかもしないかんのに…………………………………

 

気温が上がって芝が干からびているので、今日は帰って来てからスプリンクラーを回しましたが、一旦水が吹きだすと、ロビンさん家族が皆で歌を歌っていました。本当にピーピーと鳴いています。

 

明日からいよいよ怒涛の6日間。あー、家の片付けできなかった〜〜。愛妻ちゃんに怒られないよう、明日は出発前に掃除をせなあかん…………………………

 

裕坊