yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 7/4

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日こちらの7月4日はアメリカの独立記念日。1776年7月4日に東海岸を中心とした当時の13の植民地によって独立宣言がなされました。大小を問わず、各地でいろんなパレードや催し物が行われます。



そして夜になるとこちらも各地で行われるのが花火大会。大抵小さな町でもちょっとダウンタウン近くまで行けば、その町の近くにある川や湖から花火が上がります。個人でも花火を買って自分で上げちゃうのがアメリカ流。この季節になるとあちこちに花火屋さんが軒を連ねて……………

お店の中に入ると、こんなものが売ってます………………


州によっては花火の販売が禁止されているところもあるようですが、今日裕坊が宿泊しているニューヨーク州はどうやら大丈夫なようで、日が暮れるとお祭り騒ぎのように、あちこちから花火が上がります。近所で普通に派手にドカンドカンと打ち上げ花火をみんなが上げるので、敢えてハドソン川まで行かなくてもよくなります…………………………………

この季節は人間による花火だけでなく、ときどきお天道様による花火も打ち上がります。それを巷では雷と呼びます。人間の打ち上げる花火は四尺玉にもなるとおよそ750メートルの高さにもなるのだそうです。素晴らしいです。ところがお天道様の上げる迫力の桁が違います。高いのになると、15,000メートルほどの高さから地面までを、こちらは天から地面に向かって叩きつけます。

今日も本当は1日穏やかなお天気のはずが、お天道様もアメリカの独立記念日にお祝いにきっと加わりたかったのに違いありません。あちこちで派手な花火を打ち上げてらっしゃいました………………………

今日の担当のフライトは昨日と同じく4便。午前中はニューヨーク・ケネディ空港からナイアガラの滝に程近いバッファロー空港を往復。

往復とも完全に満席になりましたが、お天気がよかったおかげで遅れることもなく、定時出発、定時到着で往復便を終了。そして昨日と同じくケネディ空港で次の出発便まで3時間待ち。その間に天候は怪しくなり始め…………………………………

ケネディ空港から昨日と同じく、オハイオ州クリーブランドを往復する便を担当します。レーダーの画面明らかにヤバくなってるし、こりゃきっと昨日と同じように時間かかるよなー、と覚悟して出発してみると…………………………………滑走路までの誘導路がまず数珠繋ぎ…………………………………

航路の変更を管制塔から言い渡されて、それを管制官から無線交信で受け取るまでにも時間がかかります。更にはタイミングが悪いことに供用滑走路の変更が入る始末………………………

離陸滑走路、着陸滑走路が変わる場合、既に空港へと入って来ている到着便をまずは着陸させなければいけません。そのため出発便はしばらくその場で待機。空港のほぼ南端にあるゲートを出発して、この緑色の経路で離陸滑走路まで辿り着くのに、2時間を要しました……………………この仕事始めて12年になるけど、さすがにこんなに離陸までに時間がかかったのは記憶にない……………………………

しかも昨日よりもさらに大きな雲で空は覆われていて、昨日よりもさらに北寄りのルート……………………

クリーブランド、1時間遅れ………………昨日より遅いやんか………………………

昨日と同じく復路便のニューヨーク・ケネディ空港行きがまたも北寄りのルートに変更になり、それをこなしてニューヨークに帰って来たの9時……………………。外は完全に日が暮れてました……………………

既に出発便がほとんど出払っていて、チェックインするお客様がまばらなチェックインカウンター。独立記念日を記念して、アメリカの星条旗がチェックインカウンターにもたくさん立てられています。

そのガラガラのチェックインカウンターを通り過ぎて、ホテルの送迎シャトル乗り場へと急ぎます。向かう先は昨日と同じホテル。シャトルが数分してお迎えに来てくれて、

10分ほど揺られてホテルまで。

ホテル到着。

至福のひととき……………………お腹空いた…………………………

昨日に続き、長い1日でございました。明日は午前中は少しゆっくり。ほんのちょっと朝寝坊することもできます。フライトはしかも3便だけ。でも1本目の担当便のあと、次の便までに空く時間4時間22分…………………………………

取りあえずシャワーに入ってまいります。

 

裕坊