yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/30

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今朝も早朝3時台に起きて、チョコクロワッサンとコーヒーの組み合わせで重い腰を上げ、重いカバンを引きずって3本のフライトへと出かけた裕坊。まずまずの好天に恵まれて、大きなトラブルや遅れには遭遇することなくフライトも2時過ぎには終わり、6日間続いたフライトも終了。愛妻ちゃんと息子くんが…………………………………………お出かけして誰もいない我が家へと………………………………帰ってきました………………

その昔、替え歌で一世を風靡した嘉門達夫さんの歌で「地味・派手の唄」というのがあります。

『じみ〜 じみ〜 じみな どうろひょうしき〜 じょこぅ〜 じょこぅ〜 派手な道路標識 警笛ならせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜』♩♩♩

今日の裕坊:『じみ〜 じみ〜 じみな帰宅は〜…………… 誰もいない我が家へのきたく〜… 誰もいない我が家へのきたく〜〜……』……………………………

近日中に愛妻ちゃんと息子くんは日本へと経ち、日本を満喫します。その間しばらく裕坊、1人…………有給までまだ1ヶ月あるし、先月免許証の更新と称して日本を満喫したばっかりやしなー…………

『じみ〜 じみ〜 じみ〜な休日………………… 1人で過ごすわがや〜〜……1人で過ごすわがや〜〜…………………… 派手な休日 ハワイでクルーズ〜〜〜〜』🎶 🎶…………………………😑

ゴルフの練習にでも精進するか……………

今朝は1本目のフライト、アイオワ州の州都デモインを20分ほど遅れて出発。

まず機内の客室乗務員呼び出し用のベルに不具合が生じ、整備員が懸命に作業して修理。さらに最近の傾向で地方の空港の係員の数が慢性的に不足していることから、搭乗自体も遅れて始まり、しかもシステムがダウンしてさらに搭乗が遅れるという悪循環………整備を終えた整備員たち、裕坊たちに早朝の挨拶を済ませて、ワゴンの中でしんどそうに佇んでおりました………

ただ好天に恵まれたおかげで少し時間を取り戻して、デトロイトに着いたのは定時到着から8分遅れ。恐らく乗客の皆さん、乗り継ぎにはほとんど問題はなかったはず…………

今日はそのあとワシントン・ダレス空港の往復便を担当。アメリカの首都ワシントンに程近い空港といえばワシントン・ロナルドレーガン空港があり、ホワイトハウスや連邦国会議事堂からのアクセスも便利ですが、ロナルドレーガン空港は基本的に国内線用。滑走路も全長2,200メートルほどしかないので、大型の国際線用の機材は到底離発着できません。

そこで首都ワシントンの国際線用の玄関口になるのが、こちらワシントン・ダレス空港。車でロナルドレーガン空港から西へ約30分ほどの距離。首都機能が集中するワシントンからやや離れ、だだっ広い敷地に3,300メートル級の滑走路がそびえる空港が見えてきます。

日本の政府官僚が首脳会談等でワシントンにやってくる際も、基本はこちらダレス空港で離発着。ユナイテッド航空ハブ空港の一つでもあり、同じスターアライアンスに加盟する全日空機も毎日成田から直行便がやってきます。

ワシントンはニューヨークに比べると観光の需要があまり多くないせいか、ビジネス客以外の利用がきっと多くないのでしょう。ユナイテッド航空のフライトもその多くがリージョナルジェット機による運航。裕坊も50人乗りを担当している当時は、デトロイトからかなり頻繁に飛んできていました。小さな機体がたくさん並んでいるので、全日空B777が停まっていると、ひと際その機体の大きさが目につきます。

ここダレス空港の特徴といえば、フィンランド生まれの建築家、エーロ・サーリネンの手掛けた美しく伸びやかなデザインのターミナル。

そしてもう一つの特徴。ターミナルでチェックイン手続きを済ませた乗客たちを、各ゲートへと運ぶターミナル間シャトルバス。直接ターミナル階から乗ることができて、ゲートのあるコンコースまで運んでくれます。地上まで降りることなく、ターミナルから直接乗り降りできるのが特徴。ですからあくまで機能性重視…………

最近ではターミナル間を結ぶ地下鉄も開通しました。

以前より若干活躍の場が減りましたが、このユニークなデザインのシャトルバス、まだまだバリバリの現役。両側に運転台が付いていて、双方向に運転することができます。運転台の横に乗客の出入り口がついていて、ターミナル間を移動した後は、乗車した側の反対側のドアから降りる仕組み。ただこのユニークなデザイン、女性にはちょっと不人気……以前家族でワシントンを旅行したとき、このバスが走っている姿を目にした我が愛妻ちゃんがひとことこう言いました………………

「あのバス、男の人がデザインしたやろ」……………………まーそれは間違いないやろね………………………

その愛妻ちゃん、いよいよ近日中に日本へと一時帰国です。

 

裕坊