yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/27

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

これ我が家の裏側の勝手口の灯りの上で出来た鳥の巣。鮮やかな青色の卵が4つ転がってました。アメリカンロビンと呼ばれ、コマドリの一種なんだそうです。ミシガン州では至る所で見かけます。お腹が鮮やかなオレンジ色をしているのが特徴。芝刈りが済んでフサフサになった芝でいつも日向ぼっこしてます。

昨日はメスが巣に座って卵を一生懸命温めていましたが、裕坊が外に出るとどこかに行ってしまってなかなか写真を撮らせてくれませんでした。そんな中気づかれないように近づいて撮れた貴重な写真がこちら。

我が家のレンガの色に巣の藁の色にあまりに同化しすぎていてちょっと見えにくいですが、一生懸命卵を守ってます。もっと近くでもっといい写真を撮りたかったんだけどなー、そのあとは写真を撮らせてくれず、こんなところに逃げては、裕坊の様子を伺ってました。写真くらい撮らせてよー…………………………

今週は6日間とも早朝のパターン。昨日は朝5時半には出発して、デトロイトには7時半には到着していてそのまま我が家へと帰宅。家に着いたのは8時半。学校が既に終わっている息子くんはまだ熟睡中でした。1日ゆっくりと家族で過ごすことができたので、昨日は久しぶりに裏庭で炭火焼きのバーベキュー。愛妻ちゃんと息子くんが一時帰国する前の家族団らんの時間を過ごします。

我が家の裏庭には松の木もあって、ヤニがタップリとついた松の葉も無数に落ちてくるので、それを集めておくと着火材なしでしっかり火もつきます。敷地の広いミシガン州ならでは。しっかり栄養とエネルギーの再充電ができました。

自然の宝庫で、あまり都会らしさを感じることがないミシガン州。住宅地にいても鹿などが普通に出てきます。最近も我が家のすぐ近所に鹿がのそのそと歩いていたという話を聞いたばかり。またカメラ持って追いかけなあかん……………

あと今年になってまだ見てないのがホタルくん。妻に言わせると既にチラホラ出てきてはいるようですが、裕坊的にはいつもの年より遅い印象。ミシガン州デトロイトをちょっと離れるとほとんどの住宅は芝で囲まれているので、普通に自分の家に居ながらにしてホタルが舞うのを見ることができます。うまく写真撮れるかなー……………

今日は5時起きで南北戦争におけるアメリカ連合国側の司令基地として機能したバージニア州リッチモンドを経由してニューヨーク・ラガーディア空港までやってきて昼食。これから米空軍機給油のための空中給油機が配属するメイン州バンゴーへと向かいます。

 

裕坊