yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/21

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今日はフライト3日目。一部カナダなどを除くと全てのフライトが国内線で占められるデルタ航空の下請け、そして子会社でもあるエンデバー航空。大抵4日間のフライトに出かけると2日目、3日目などは早朝のパターンだと朝は3時台起き。大抵皆大アクビをしながら4時から5時のホテルの送迎シャトルに乗りこみます。そんなときはシャトルの中はたとえ何人乗っていようとも皆無言………………………

昨日泊まっていたのはニューヨーク・ケネディ空港。空港近くのクイーンズの住宅地の真っ只中にあるホテルに泊まって、今朝は珍しく10時台のショーアップ。こんなんいつ以来やろ?………………………目覚ましもなく普通に起きられて、朝食までついて、夢でも見とるんやろか?…………………なかなか普段経験できないパターンのショーアップでした。ただ流れはいつものショーアップの流れによく似ています。

8時過ぎにロビーに降りて、まずは無料の朝食。

こんな感じにベーコンだ卵だソーセージなどをお皿に盛って、さらにコーヒー付き。

但しクイーンズの住宅地の中にあるホテルで、景色はあまり期待できません…………………

9時にホテルの送迎シャトルがやってきます。

カニズムが古いせいか、乗り心地はトラックそのもの。蓋の空いたドリンク類を手にしているときはかなり要注意。ドリンクが全部コップから溢れて手はドリンクだらけになります。コーヒーを手にしていたら、やけどしてしまうかも………………

こんな景色を見ながらケネディ空港の敷地へと入って、


まずは第2ターミナルへと到着。旅行シーズンが既に始まっていて、皆さん急ぎ足………………

チェックイン待ちの乗客の皆さんを横目に見ながら、クルー専用のセキュリティーラインを通り、

今度は駆け足でターミナル間移動用のシャトルに乗り込みます。

第4ターミナルは縦に長く、エンデバー航空のリージョナルジェット機が止まっているのはその第4ターミナルの一番南端。こんな飛行機が窓から見えてくるようになり、

ゲートに到着して、ボーディングブリッジを降りると飛行機とご対面。

大手航空会社の本体の飛行機だと操縦席も広く、自分たちのスーツケースも十分置くスペースがありますが、リージョナルジェット機は3人座ると荷物を置くスペースはないので、乗客の皆さんと同じ荷物棚を使います。

そして裕坊の座るオフィス操縦席。既に副操縦士のネイサンくんは自分の座席に落ち着いて準備を始めています。

自らの座席に落ち着いてまず始めにチェックするのは飛行機の整備記録。法律的に飛行可能な状態であることをこれで確認。

整備員が署名をしてくれていることを確認すると、今度は飛行計画のコンピューターへの打ち込み。これがその操縦席備え付けのコンピューター。

本社運航管理課の担当者にテキストメッセージも送ることができます。但しエンデバー航空のテキストメッセージは日本語は入力できません。例え入力できたとしても、多分鼻であしらわれて、無視されるでしょう…………………………

こちらが会社のマニュアルやら各空港の情報が満載のiPad。我がデトロイト・タイガースの最強メンバーで構成された野球ゲームもインストール済み……………………

今日のニューヨーク地方は晴れ。紫外線から裕坊を守ってくれるものがなにもないので、こんな物を使って紫外線対策。ニオイだけならビーチに寝そべってる気分なんやけどなー……………………

乗客の皆さんを迎え終わって、荷物の搭載が完了するとボーディングブリッジが引かれます。

そして目の紫外線対策を完了させていよいよ出発。

こんな景色を見ながらプッシュバック。

誘導路を進んでいくと、こちらが今日の離陸滑走路。

1時間ちょっとのフライトが終わって到着したのがノースカロライナ州ローリー。

3時間の地上待機で、荷物をまとめてターミナルへと入り、お昼のネタを探します。今日やってきたのはアメリカではお馴染みのハンバーガー屋さん。バージニア州で5人の男性が始めた経緯からついたお店の名前…………………………ファイブガイズ………………………ネーミングそのまんまやし………………………

フライトのときは、こんな流れを何度も何度も繰り返します。今日はあと3本。終わるの10時半過ぎ………………ホテルに着いたら11時過ぎるなー…………………

タンパ付近、かなりの積乱雲が湧いていて、行く手を完全に塞いでます………

ただ今日は救命胴衣が各席に装備された飛行機でのフライト…………思い切って海の上、飛んじゃおうかな…………あとちょっとでフロリダへと出発です。

 

裕坊