yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/20

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

日本の野球は交流戦が一通り落ち着いて、通常のリーグ戦待ち。大リーグは我がタイガースがナショナルリーグ中地区最下位のシンシナティレッズに力負けで2連敗………………………………再建中やし、これが本来の実力やな〜…………………………

そんな中、46年間連載が続いたという水島新司さん作の野球マンガドカベンの連載が終了すると発表になりました。46年間………………………それだけの間、作者である水島新司さん本当によく頑張って描かれていたものだと思います。ほとんど半世紀………………水島新司さん独特のタッチの野球マンガドカベンあぶさん、好きでよく読んでいました。水島新司先生、長い間本当にお疲れ様でした。

ドカベンで思い出すのは、浪商高校出身で当時の南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)に入団した故・香川伸行選手。

夏休みに祖父に連れて行ってもらった今では取り壊されてすっかり跡形もなくなってしまった当時の大阪球場でのホークス戦。

緑色の線に特徴があったユニフォームが香川選手にあまりにもよく似合っていたのをよく覚えています。

今日は夕べ泊まっていたシンシナティをお昼過ぎに出発。テキサス州のダラスを経由してニューヨークのケネディ空港までを飛ぶスケジュール。ホテルのフロントの係りの人が言っていたように、あちこちで積乱雲、うろこ雲が広がります。

フライトは2本だけ、けどこりゃ〜〜絶対長い1日になるな〜〜…………………まずは中華を食べてしっかりエネルギーを補給して元気をつけよう。

シンシナティ空港ではデルタ関連のフライトは例外なくBコンコースからの出発。でも時間に余裕があったので、中華のお店がある…………………………………はずだった……………………………………Aコンコースを上がり、中華のお店に立ち寄ってみると………………………………シャッター閉まっとるやん……………………………

副操縦士のネイサンくんとともにスゴスゴいつものBターミナルへと舞い戻って、こんなもん買ってました。

これからはほぼ毎日のようにアメリカのどこかでうろこ雲が出てくる季節。窓の外を見ても、こんな景色が目の前に広がることが多くなります。

上昇気流と下降気流が雲の中でお互い激しくぶつかり合っている積乱雲、中に入ってしまうと羽が折れてしまいそうなほど飛行機は揺られてしまいます。ただ高高度の上空を通過している旅客機は国内線の場合、ハワイなどの一部の例外を除くとほとんど巡航路を管轄する管制下に置かれているので、自ら勝手に針路を変えることはできません。管制官に許可を取った上で針路を左に変えたり、右に変えたり。高高度でも管制官は常に飛行機の動きを追っているので、近くの同じ高度に巡航している機体がいると、勝手に針路を変えられないケースもあるのです。

今日の1本目、シンシナティからダラスまでのフライト。シンシナティのすぐ南に大きなうろこ雲。また真っ直ぐ南西へ下ると、到着経路付近でも大きなうろこ雲。管制官からの指示で、通常なら青い線で飛ぶところを、今日は赤い線に沿うように飛びました。

スケジュール上では2時59分出発で4時21分到着予定。だがフライトリリースを見ると、2時間25分。ダラス到着、10分ほど遅れての到着………………

ダラスから折り返して向かったのがニューヨーク・ケネディ空港。同じような景色見ながらあっちこっちに針路を変えて、

ほぼ3時間近くかかってケネディ空港に到着したのはほぼ10時。

すっかり暗くなったケネディ空港のターミナル間をバスで移動。

急いでホテルのシャトルを呼んで、トラックのように上下に揺すられながら、

ホテルへと到着。最近こんな感じのキレイなホテルに泊まれるようになりました…………

サイドテーブルにはチョコレートも置いてあったりして、旅の疲れを癒してくれます。超甘党の裕坊には本当にこれがありがたい……………………

明日は朝から4本のフライトをこなして、4日目の金曜日は5本のフライト。やっぱりリージョナルやな〜〜…………………………………

今からシャワーに入って、急いでベッドに横になります。

 

裕坊