yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 6/6


皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

今週4日間は毎日早朝からのスタート。4日目の今日も朝早くの出発でお昼過ぎ1時にはデトロイト到着。帰り道で我がセダンくんに給油。空を見上げると、今日のデトロイト付近のお天気は快晴。

お天気もいいし今日は帰ってすぐ芝刈りでも頑張って、と気合だけは入っていた裕坊。ところが家に着いても普段ならお迎えしてくれる人の姿はなし………………まだ2時やん…………………………愛妻ちゃんと息子くんが帰ってくるのはいつも3時半過ぎ。ログブックを更新しているうちに眠気もやってきて……………………気づいたらコタツの中に足を突っ込んだままグッスリと寝ていました…………………少しずつ体内時計もこちらの時間に戻って来ているとはいえ、今朝も起きたのは2時過ぎ……………………

昨日はボストンに宿泊。学問の町であるボストン。メジャーリーグ最古の野球場施設、グリーンモンスターで知られるフェンウェイパークボストン・レッドソックスの本拠地。そのレッドソックス、今年は役者が一通り揃って首位街道爆走中。勝率ほぼ7割。ありえないくらいの強さ………昨夜はデトロイト・タイガースがボストンまでやってきていてレッドソックス戦3連戦の初戦でしたが、勝てる気がしない……………………案の定、6対0の完封負けでした……………………

そのボストンから飛んだのは、ミズーリ州カンザスシティー、直線距離にしてほぼ2,000キロ。向かい風があったこともあり、飛行用書類には今日のフライト時間が3時間20分とあります………………………長い……………………………

そして飛行用書類には目をよく通してみると、決して壊れていて欲しくなものが一つ故障していました……………………前方化粧室故障中…………………………………ありえん………………………

連邦航空法には様々な規定があり、旅客運送に関しては航空法第121条の規定が適用されます。乗客用の座席数によって最低限必要とされる客室乗務員の数もこの規定によって決まります。客席50席に対して最低1人の客室乗務員を配置。実際に搭乗する乗客の方の数とは関係なく、客席数によって客室乗務員の必要数が定められているのです。50人乗りであれば1人、もし51人乗りであれば普段は50人しか運ばなくてももう1人の客室乗務員を乗せる必要があります。ではトイレに関する規定は………………………

にわかに信じ難い話なのですが、トイレに関しては各航空会社の任意に委ねられていて、それを規定する法律は実は存在しないのです。たとえ10時間を超える洋上飛行といえども、航空会社が必要ないと判断すれば、それを航空局が飛行を制限することはできません。ですから今日のように2つあるトイレのうち片方が故障していても全く問題なし。3時間を超えるフライトで使えるトイレが一つだけとか、普通ありえへんやろー、と思うのですが………………………今日は76人乗りの飛行機に乗客の方は30名だけ。助かりました………………

本来明日から3日間のお休みだったのですが、またしても休日返上でのフライトを入れてしまい、結局お休みは今週は1日だけとなりました。芝刈りはもう明日やなー……………………既に外は真っ暗になっていて、またも眠気に襲われています………………………

 

裕坊