yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 5/28

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

昨夜大学時代の同級生とのプチ同窓会を終えて岩国から戻ってきた裕坊、今日はそのままの勢いで東へと向かいます。目指すは大阪。フロリダで裕坊が飛行教官をしていた当時から知っているHくんが駆けつけてくれました。現在は関空を中心としたLCCのP航空の副操縦士を勤めます。

またも新幹線に乗り込み、

大阪の大動脈ともいえる御堂筋の地下にある御堂筋線に乗り換えて一気に南下すると、新世界と呼ばれる繁華街へと辿り着きます。今日のお昼の腹ごしらえはお好み焼き。通天閣を囲む通りの中から一軒を選んで、注文したのが無難な線でブタ玉。んで、肝心のお好み焼きを撮るのを忘れてしまいました………………………またも裕坊やっとるわー………………………

通天閣をバックに写真を一枚。なんかオデコが光っとんな……………………

今日はそのHくんが勤めるP航空のパイロットが集うバーベキューがあると聞き、裕坊も顔出しをすることに。急いで南海電鉄・ラピート号に飛び乗って向かうはりんくうタウン

関西空港が海の向こうに見ながら歩いていきます。

ここでは写真は数枚ほどしか撮りませんでしたが、とにかく国際色豊かでした。比較的まだ日本でも新しいP航空、操縦席に座るパイロットの多くは日本人なのだそうですが、外国人パイロットも多く採用していて、その国籍は本当に様々。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、中には日本人でありながらオーストラリアに長く住んでいて、ここ最近になって諸事情から日本に拠点を置いて飛び始めたという方もいらっしゃいます。

今日はここにはいませんでしたが、ハワイ出身のパイロットも1人この航空会社には在籍。半分日本人の血を引いているハワイアン。実はそのハワイ出身の半分日系のMくん、元ピナクル航空パイロット。裕坊の元同僚です。

それにしてもまさか日本へ帰ってきて大阪にいながら英語で会話をすることになるとは全く想像していませんでした。

お金を一銭も払わず、所属する航空会社も全く違うことから、裕坊がバーベキューに手をつけるわけにはいかず、6時過ぎにはそこを引き上げ、裕坊的に『大阪へ行くなら、ここだけは絶対逃さんときや』の焼き肉の町、鶴橋へと向かいます。駅を降りると目の前に広がるのが焼き肉のお店が連なるアーケード街。電車のドアが開いた瞬間に、焼き肉の匂いも香ってきます。その中から選んだのはこちらのお店。んで、お店の名前が横で切れてしまっとるし……………………………

お肉のお味はまずまず。ただ値段の割に肉の数がずいぶんと少ない感は否めませんでした。まー、立地的に仕方ない部分はあったのでしょうが…………………

 

ただここで第3番目の食べるものリストはこれにて達成。

急な呼び出しだったにもかかわらず、イヤな顔一つせず駆けつけてくれたHくんにお見送りをしてもらって、再び岡山を目指します。

お土産の代わりにこんなもん買って、

帰りにはこんなものをコンビニで買ったりして、

今回の帰国紀行の食べ物目標は全て達成。

明日は荷造りに一部の品を発送。水曜日の再渡米を控えて、残るはあと2日です。

 

裕坊