yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 5/21

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

外は雨がシトシト。今晩夜中には雷の予報も出ているデトロイト付近。3時ごろに外に出て芝刈りをしようと準備を始め、息子くんの通う中学校の駐車場で息子くんが出てくるのを待っている愛妻ちゃんに芝刈り始めるからね〜、とテキスト入れると、「雨降ってきたけど?」の返事。ウソやろー……………………………………………ほんまやし……………………………………帰国前に芝をきれいにしておこうと思ったのに、午前中があまりにお天気よくて油断してました…………………………………

明日はいよいよ帰国の日。荷物もほぼ………………………整いました………………………実を言うとパスポートを忘れたまま空港まで行ったことがある裕坊、大抵大事な物をどこかで忘れてしまうので、もう一度出発前には確認をしないといけません……

ちょっと大きめの荷物、こちらは預け入れ。着替えを1週間分詰めてます。右にあるカバン、こちらは普段裕坊がお仕事で使っている操縦席持ち込みタイプ。管制塔とやり取りするのに使っているヘッドセットなどはいらないので、音楽聴く用のヘッドセットと入れ替え。左側が非常用の着替えを1泊分。カバンが到着地で出てこなかったときでも、取りあえずこれさえあれば生き延びられます。

実はこのバックパック、4年前に間質性肺炎という病気で亡くなった裕坊の父親の大切な形見。本来は携帯用の酸素ボンベ運搬用です。酸素ボンベとともに小物を入れることができるポケットが外側にも内側にもたくさんついていて、しかも重たい酸素ボンベをすっぽり飲み込むだけの容量があるスグレモノ。使い勝手がとてもいいので、お出かけの際の裕坊の大切なお供。今回も裕坊とともに一緒に日本へ向かいます。

今日は荷物をまとめる前に銀行にも立ち寄りました。

旅のお供には欠かせないと、トラベラーズチェックを作ってもらうと頼んでみると、「もうウチでは取り扱いがないんだ、ごめんねー」の返事。そうなの?

どうやら世界中でデビットカードやクレジットカードが普及するようになり、また旅行先でも現金が引き降ろせるようになるなどカードが便利に使えるようになって、トラベラーズチェックは1990年代以降急速に廃れていっているのだそうです。逆にメリットが少なくなってきたことから、トラベラーズチェックを敢えて受け付けないところも増えているのだとか…………知らんかった………………………

明日は12時過ぎのデトロイト発の名古屋行きに搭乗の……………………………予定……………………………………

航空会社に勤めるものに与えられる福利厚生の一部で、スタンバイで空きがあれば飛行機に乗せてもらえます。今のところ110席ほどの空席があって、スタンバイは裕坊含めて15人ほど。楽勝やん、と言いたいところなのですが、空席に余裕があるときは国際線の場合貨物室に重量制限目一杯に貨物を積んでスタンバイで待っている乗客が弾かれることがあり、裕坊自身何度かそれで乗り過ごしそうになったことがありました。

このスタンバイのシステム、もし座席が空いてたら乗っけてやるからな、が大前提。路線によってはいつもほぼ満席になってなかなか乗れないこともあります。その筆頭が西海岸とハワイを結ぶ便。裕坊一家、数年ほど前ハワイを訪れた際、デトロイトから西海岸までは順調に来ることができたものの、そこで足止めを受けて3日間ハワイ入りが遅れたことがありました。

デトロイトからミネアポリスに行くのに、既に座席に座っているのに降ろされたこともあります。年に一度受けないといけない年次研修の座学は、エンデバー航空の本社があるミネアポリスで行われるのですが、その前身のピナクル航空だった当時はミネアポリスまでのチケットは所属先からのみという時代。当時の裕坊の所属先はケネディ空港。ケネディ空港からならチケットが発行されるのですが、デトロイトからの場合、自分で何とかしてやってきな、というザ・リージョナルの扱い。

デトロイトからの直行便が既に全便満席になっていたのでそちらは諦め、デトロイトから少し北に行ったフリントからのフライトにスタンバイを入れます。担当機材は50人乗りのCRJで、見ると5席の空席。ボーディングパスももらってやれやれと座席に腰を落ち着けたのも束の間、聞くと到着地の天候がかなり悪く、リストされた代替空港がかなり遠かったため、搭載燃料がかなり多くなり、重量制限を受けやすい50人乗りの機体からは3名のスタンバイの乗客を降ろされることに……………………裕坊も諦めて座席を立ちました…………………………………

そのときは最後の砦に全てをかけ、デトロイト空港まで1時間をかけて運転。出発間際だったミネアポリス行きのジャンプシートに奇跡的に乗ることができました。スタンバイでどこかへ出かけるときはいつも冒険です。

お願いですから、明日は何とか乗せてくださーーい🙇

 

裕坊