yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

愛妻ちゃん、微熱下がらず…

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマン裕坊です。

昨日少し微熱を出したまま帰ってきた愛妻ちゃん、今日も熱が上がったり下がったり。お薬が効いている間だけ何とか熱も治まりますが、本調子とはいえない状態。季節の変わり目ということもあって、風邪がかなり流行っているようです。

ずっとコタツに潜ったままなかなか動けない愛妻ちゃん、食欲もあまりありません。普段はお仕事だけでなく、家事も同時にこなしている愛妻ちゃん。感謝の気持ちも込めて、動けない時くらい裕坊が頑張らないといけません。今日も即席主夫になって頑張ります。掃除に洗い物に洗濯物。こうやってみて改めて家事は尽きることがないのを実感します。家を切り盛りする女性の方達には、本当に頭が上がりません。

夕ご飯の支度は4時ごろから始めます。冷蔵庫の中をのぞいてみると、けっこう残り物が転がっています。それを一通り取り出してみます。

f:id:Yuichibow:20180325110701j:image

白ご飯に挽き肉、お豆腐、昨夜の鶏肉、あとはシメジ。自炊をそれなりにしていたとはいえ、あまり料理のレパートリーが多い方ではないので、せいぜい作れるといえばこんなもの。で、これが出来上がり。

f:id:Yuichibow:20180325110720j:image

挽き肉の炒飯にお味噌汁。そして昨夜の鶏肉の残りを添えました。塩辛いものばかりが並んでしまったのがちょっと反省。せめてカボチャの煮付けくらい、一緒に並べればよかった。ただ愛妻ちゃんも少し食事を口にしてくれたので、ちょっと安心です。最近はクックパッドみたいなウェブサイトでレシピなんかもすぐ検索できるようになりました。またお料理の種類を増やさないといけません。

明日からはまた4日間のフライト。パイロットの大半は、同じクルーが一目見てそれをすぐ分かるスーツケースを引いて歩きます。周りが金属のフレームで覆われたクルー専用スーツケース。かなりの使用頻度に耐えられるように設計されていて、主要部品が全て金属製。車輪の車軸も金属で作られています。これが裕坊愛用のスーツケース。一般の乗客の方だと預け入れが必要になる高さ約70センチと、やや背の高いカバン。

f:id:Yuichibow:20180325110801j:image

既に使い始めて既に6年が経つので、金属のフレームも少し曲がっていますが、耐用性は抜群。車輪さえ2年おきくらいの頻度で取り替えさえすれば、かなり長持ちするスグレモノ。ただ車軸も金属で出来ていますから、冬場のメンテは必須。空港の従業員用駐車場には屋根はなし。雪が降るとかなりの融雪剤が撒かれ、歩くたびにそれをかなり拾い上げます。尿素なども入っているらしいので、放っておくとあっという間に車軸が錆びついてしまい、車輪が回らなくなることに。冬場はだいたい2週間おきにメンテ。車軸を外してグリースをかけます。今日も錆をしっかりと落として、明日の準備を整えました。

我が家を出発するのはお昼過ぎ。何とか愛妻ちゃんの熱が下がってくれることを願うばかりです。

 

裕坊