yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊 3/1

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマンです。

外は雨がシトシト。裕坊がお休みの世間一般にとっての平日は、いつも8時前にバタバタと出て行く愛妻ちゃんと息子くんとを見送ることで始まります。普段はお休み1日目はそのあと夏場ならソファの上に寝そべり、冬はコタツに潜って再充電開始。けれども昨日はだいぶ前から予約が入っていた歯医者さんへ。

詰め物が取れて虫歯がかなり進行し、ほとんど形がなくなっていた親知らずは先々月に抜歯。本来嫌味や小言の一言くらい言われても仕方ないくらい放置しておいたその横の奥歯にも虫歯がかなり進行していて、歯の裏側には大きな穴ボコ。穴の状態でどうにか持っていたのが、先週ついにさらに欠けて崩れてしまい、ギリギリの状態で何とか駆け込み。あともうちょっと遅れていたら抜歯になるところだった、と先生のお叱りの言葉をいただきました。

昨日虫歯を削って金属の詰め物の土台づくり。診察台の上に乗り、大口を開けたまま歯を触られること1時間半!裕坊も先生も頑張った。女性が経験する産みの苦しみってこんな感じなのか……と思わず脳裏をよぎるほどの大行脚!寝るヒマなどありません。

細かな作業が必要だったようで、大きな口を開けたままにするよう要求されます。最初の10分は取り敢えず楽勝。15分も経つとだんだんとアゴが疲れ始め、20分もするとアゴに力が入らなくなり、30分もする頃にはほとんど失神状態……裕坊的には精一杯開けているつもりでも全く開き方が足りなかったようで、先生の催促の声が響きます。もう限界なんだよ〜……

何度か休憩を入れてアゴを休めます。3分ほど休憩してまた大口開き。特に体を動かしているわけでもないのに、休憩を入れるたびに息が切れる裕坊。歯の治療ってこんなに大変だったんだ!麻酔のお陰で痛みはなし。途中からは先生がアゴを支えてくれて何とか乗り切りました。11時に受け付けをしてもらってからトイレ休憩を一度挟んで終わったのほぼ1時。お疲れ様でしたの声をかけられた時は、本当に解放された気分になりました。歯は大切にしないといけませんね。

ついでだからと愛妻ちゃんから頼まれていた食材を買いに、近くの日本食材店へと寄ります。いつも我が家が買っている食パンが今日は………ない……………………

行き掛けの駄賃で、お菓子類だけがカゴの中に山積みになり、あと裕坊の大好きなカップ焼きそばがその上に腰掛けます。食パンがない代わりに取りあえずロールパンを買っておこう。打算的な裕坊の言い訳の材料となるビニール袋を一袋片手に抱えて精算。裕坊のいつもなら休日1日目の午前8時に始まる再充電は、3時以降開始となりました。

今はキッチンのすぐ横にある洗濯機がガラガラと音を立てながら、裕坊の汗まみれの制服を綺麗にしてくれています。それを乾燥してアイロンかけて着替え類をカバンに詰めて、もう既に明日から始まる6日連続のフライトに裕坊の頭はイッパイ、イッパイ。お休みが終わるのは本当にあっという間です。

 

裕坊