yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊 2/20

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマンです。

今朝もまた3時台の早起きでチョコクロワッサンにかぶりつく裕坊。取りあえずこれを片手にコーヒーカップを手にすると、何とか朝を迎えられます。本当は朝は大の苦手なのですが、眠い目をこすりながらも、空港の出発ゲートに着く頃には、しっかり起きているフリはしておかないといけません。しっかし何で毎朝こんなに早いの???

昨日はニューヨークを経由して、フロリダ州のジャクソンビルという街までやってきました。午前中にはフライトも終わり、お昼前にはホテルに到着。送迎シャトルに乗る瞬間が至極のひとときです。部屋に入り、着替えを済ませて椅子に座るときには、一瞬何もかも忘れます。頭の中がカラッポになります。そして気を取り直して外を眺めます。こんな感じの景色が目に入ります。

f:id:Yuichibow:20180221083020j:image

昨日はミシガンの氷点下の寒さを忘れさせてくれる暖かさ。到着したときに20度近くまでになっていた気温は28度にまで上がりました。朝は霧が深く出ていたフロリダの街には、昼下がりには雲も切れて晴れ間が広がり、南国の日差しが降り注ぎます。ハワイを思い起こさせる心地いい風も通り過ぎていきます。2月の真っ只中であることを完全に忘れてしまいます。普段は宿泊滞在先でサナギになってしまう裕坊も、昨日はTシャツへと着替えてモールを散策しました。

f:id:Yuichibow:20180221083119j:image

アメリカの航空会社のフライトクルーのスケジュールは、何千とあるフライトをコンピューターがランダムに組み合わせて作成されたひとかたまりのフライト(これを業界用語でトリップと呼びます)を各クルーに充てがうことで決まります。国内線が中心のリージョナルはほとんどが4日間の構成。3日間や5日間のパターン、日帰りが入ることもあります。スケジュールの組み方によって、長時間フロリダで過ごせることもたまにあるのです………たまにです……………航空会社クルーであるが故のご褒美の一つ。滞在先での過ごし方は、クルーによって本当に様々。

ジムに健康グッズにと体を動かすことに目がないアメリカ人は、到着するなりすぐに着替えをしてTシャツ姿にスニーカーで何処かへ姿を消してしまいます。ジョギングに精を出す者もいます。広いモールをグルグルとひたすら歩く者もいます。中には映画館へ行ってバケツ大のポップコーンを抱えたまま、映画を見るフリをして寝ている者もいます。お買い物にすっかりハマって、次の朝にはカバンが一つ増える者もいます。

お昼過ぎに外へと出た裕坊は、昨日はパラソルの下にあるベンチで1人南国気分を味わいます。スペイン語が周りを飛び交い、さらに南国気分を引き立たせます。そこで裕坊が食べるのはファーストフード中華の鶏肉。周りの景色と見事なほどミスマッチです。油の濃い中華を食べ過ぎて胃がもたれて、大後悔。南国気分がすっかり吹き飛びます。

広いモール内を散策しますが、あるのは「裕坊のお金欲しい、裕坊のお金欲しい」の金食いワニだらけ。憩いの場がなく並ぶのはお店ばかり。元々一人で過ごしていると、すぐ絵姿女房の兵六の気分に陥りますから、1時間も歩けば十分です。少し汗ばんだところで、部屋へと逆戻りです。

今日はニューヨークへと舞い戻り、ボストンを経由してノースカロライナ州のローリーが宿泊滞在地。暑い南国の気温へとまた舞い戻ります。

 

つづく

裕坊