yuichibow’s blog

リージョナルジェット機の操縦席から外を眺めるお仕事をする人の日記

裕坊パイロット日記 2/10

皆さんこんにちは、航空会社フラリーマンです。

デトロイト空港の担当便の出発ゲート前で飛行機がやってくるのを待ちながらキーボードを叩く裕坊。昨夜はしっかり降った雪が道路のあちこちに残って、今朝もこわごわの運転です。1日のうちに降った降雪量、多分目視と感覚で、多分ですけど40センチくらい。場所によっては雪の小山もできていて、そこを乗り越えるたびに雪の塊が我がセダンくんの床をこする音が聞こえます。4日後の仕事帰りは、間違いなく洗車機経由になります。

f:id:Yuichibow:20180212085748j:image

ただ豪雪地帯のデトロイトは除雪隊の仕事ぶりもすごいです。特に空港周辺はまさに除雪コンクールの優勝候補。雨によるお湿りでもあったのかというくらいの完璧さ。普通に制限速度で問題なく走れます。やつらの仕事ぶり、マジあり得ないです。空港敷地内の除雪ぶりの凄さにかけては、やつらの右に出る者はまずいません。

しかし空港敷地内を一旦外に出ると、どんなに雪が残っていようと見向きもしないのもやつらです。見事なほどに空港敷地内とその外に境界線ができます。ここまでハッキリと差をつけるのもマジあり得ないです。恐らく航空写真撮影時に空港の敷地がはっきり判別できるように工夫しているのでしょう。地理のお勉強にはもってこいです。

裕坊の出勤時のルーティンは、まず駐車場に着くなりスマホでの出発ゲートの確認。デトロイト空港のデルタ用のターミナルはAコンコースとB、Cコンコースとに分かれていて、B、Cターミナルへ行くにはトンネルを抜けなければいけないので、そちらからの出発になると大抵早めにターミナル行きのシャトル乗り場に向かうのです。

で、いつものようにスマホを取り出し、今日の担当便のニューオリンズ行きの出発ゲートを確認する裕坊。出発ゲートはB19。ところがその画面1番上にはオレンジ色の帯…………………………出発遅れとるやん…今朝はいきなり初っ端から2時間の遅れ。4日間のフライトの最後の最後で遅れるよりはいいか、と前向きに捉えます。こうやってブログのネタにもなりますから、言うことなしです。

飛行機はテキサスのダラスからやって来ているそうです。本来昨夜飛ぶはずだったフライトが、クルーの拘束時間の規定によって恐らく飛べなくなったのでしょう。飛行機は10時過ぎにこちらに到着。デトロイトは雪が今もシンシン。除氷に防氷の作業をして、向かうはニューオリンズです。

 

 

裕坊